12ユーラシア最西端へ編

ガードレールの外

更新日:




今日は晴れているが雲が多い、進行方向に黒い雲が厚く見えている。

それから風がある、向かい風かと思ったら追い風だった。6kmくらい走ったところでマクドナルドがあり、早々に休憩してしまった。

海際の道を行こうと思っていたが、いつの間にか340号線に入っていて、それがなんの予告もなく自動車専用道に変わっていた。

ここは自転車で走っていいのか?時々340号線の標識があるが、A7という高速道路の標識もある。少し先の街の入り口の標識には「自転車通行禁止」の標識があったので通りかかった人に「ここから先は自転車が通れないのですか?」と尋ねると、「そうだよ、回り道をしないとだめだね」と言われる。

たかだか30km先の町を結ぶ道なのに自動車専用道しかないってどういうことだ。近くに警察署もあったので入って聞いてみると「道路のガードレールの向こう側を行きなさい」と言う。

ガードレールを超えたところに隙間はあったがこれは道ではない、しかし通れないことも無いので自転車を押して歩くことになる。とほほ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-12ユーラシア最西端へ編
-,

Copyright© けいの無銭旅行記 日記のページ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.