15 イタリア回遊編

大晦日の手品

更新日:




 ニース郊外で野宿の出来るところを探したが、なかなか見つからない、そうこうしている間に11時になってしまった。

カウントダウンの人が広場に集まるかもしれないと思い広場に戻る。

思った通り広場は人でごったがえし、しかも皆カウントダウンまでの時間をもてあましている、これは絶好のチャンス。

手品を始めるとすぐに人が足を止める。

しかし見ている人は時間つぶしに見ているのであまり反応は良くない、皆時間があるのでなかなか立ち退かない、なんとも流れの悪い場ができてしまった。しょうがないので、少し繰り返して、強制終了。コインの入りは悪い。

辺りで爆竹が鳴り始めると人々の注意が一気に散った。もうすぐ12時なのだ。大きな花火の音だけ聞こえて、ざわめきが起こった。

12時を回ったらしい。花火は見えなかったが、周りの人が互いにほほにキスをし合っている。これがフレンチ流なのだろうか。ざわめきと、爆竹と、奇声が10分位続いただろうか、人々は帰宅の路についたのか、今までの流れの反対向きになった。

手品をしたが、誰も足を止めないのですぐに止めた。

2010年最初のやるべきことは野宿場所を探すことだ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-15 イタリア回遊編
-, ,

Copyright© けいの無銭旅行記 日記のページ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.