15 イタリア回遊編

ノルウェーの5人組

更新日:




路上での手品は様々な人との出会いを作ってくれるが、今日の手品中に出会った若者も印象深かった。

彼はずっと脇の方で手品を見ていた、服装が明らかに周りのイタリア人と違っていた。頭の上に帽子ではなく布を巻いていたので「どこかの旅行者かな?」と思っていた。

ちょうど手品が終ったところで彼がこちらにやって来て

「ハイ!、英語は大丈夫?」

と聞いて来た。予想通り彼はノルウェーからの旅行者だった。しかしその移動手段が変っている、なんと「ヨット」でここまで来たというのだ。

ダイと名乗る22歳の若者は、他4人の若者と中古のヨットを購入して、このシチリアまでやって来て、更にここから大西洋を横断するというのだ。なんとも面白そうな旅じゃないか。

ダイ君の達のヨットはすぐ近くの港に停泊しているという。

「見学させてもらえないか?」

と聞くと

「是非見に来てください」

とのことだ。早速港に向かった。

ダイ君は9mの船と言っていたが想像していたより大きく感じた。メンバーが次々にヨットから顔を出してくる、ダイ君も含めて全部で5人。フランス人のマヌーエル以外はノルウェイ人。

「どうぞ中へ」

と案内されるままに桟橋を伝ってヨットに乗り込む。この大きさのヨットに乗り込むのは初めてだ。甲板から船内に案内してもらった。案内と言っても船内はそれほど広くなく、中央にキッチンとリビングそしてその奥に狭い寝室、また入り口付近にも寝られるスペースがあった。これで5人が眠れるそうだ。

船内に入ると彼らが「何を飲む?」と聞いて来たので「何でも」と返事をしたら、グラスにビールを注いでくれた。メンバーが次々にテーブルを囲む。5人には少々狭く感じるのではないか。

「5人で狭くない?」

と聞いたら

「うーん」

と言う感じの返事が戻ってきた。やっぱりちょっと狭いのかもしれない。

ダイ君は兄弟で参加していて弟がキャプテンとのことだ。

「なぜ弟がキャプテンなの?」

と尋ねると

「キャプテンはノルウェイで5日間の講習を受けたからさ」

と返事が返ってきた

「えっ、5日だけ?」

と聞き返したが

「そう5日で十分だよ、後は操作して覚えたよ」

と言う。「げげっ、そんなんで大丈夫か?」と思ったが、実際にここまで来ているから大丈夫なのだろう。

ひとしきり2時間ほど色々な話をした。ヨットの旅行もなかなか面白そうじゃないか。ダイ君達に「ボンボヤージ(よい旅行を!)」と言って彼らのヨットを後にした。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-15 イタリア回遊編
-, , ,

Copyright© けいの無銭旅行記 日記のページ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.