けいの無銭旅行記 日記のページ

*

ナポリを見て死ね

      2015/05/08

「ナポリを見て死ね」と言う言葉があるという。

これはナポリの絶景を一生に一度は見ておいた方がよいということらしい。ナポリってそんなに素晴らしいところなのかと思っていると、イタリア人からは

「ナポリは迂回しろ」

とか

「ナポリに近づいたらだめ」

と全く反対のことを言われていた。そんな話を聞いてしまうと、「実際のところはどうだろうか?」と好奇心をくすぐられて余計に行ってみたくなってしまうのだ。

ナポリ迂回派はナポリが余りに危険だというのだ、荷物を手放せば3秒で消えるし、いい時計をしていれば腕ごとなくなるというのだ。どれも「本当かよ!」と言いたくなるのだが、多くの人からそんな話を聞いたのであながち嘘でもないだろう。

アルベロベッロに近づくにつれて「トルッリ」と呼ばれる建物が増えたけど、ナポリに近づくとゴミの山をよく目にした。

ナポリのゴミ問題は有名で、ごみ収集業者がストライキを起すのだそうだ。ゴミを収集されないのに、人々は容赦なくゴミを捨てるので、ゴミの山が出来上がる。

長期間放置されたゴミは異臭を放ちはじめる。時として街には印象に残る匂いがあるけれどナポリはなんともいえない生ゴミの臭いが忘れられなくなりそうだ。

中心地が近づくと、車のクラクションが絶え間なく鳴り響き、車の間を縫って渡るバイクと人、道を歩く様々な人種、視界に人間が絶え間なく動いていて、活気が溢れている。どことなく生命力を感じる街、ちょうどアジアの街を彷彿させる混沌さ。

「おおい、ここは本当にヨーロッパなのかい?」と自分の目と耳を疑いたくなるほどであるが、同時にこの情景に懐かしさがこみ上げて来て、気持ちが高揚するのが分かる。

この時点で「ナポリにきてよかった!」と強く思う。

ナポリはピザ発祥の地ということで有名なピザ屋を訪れてみた。「まぁ「うまい」と言ってもイタリアのピザは全体的に美味しいのでそれほど変らないだろう」との予測を大いに裏切ってくれて

「何これ!他のピザと全然違う!」

と叫んでしまうほどナポリのピザは格別だった。しっとりモチモチとした生地に乗せられ、専用の釜で焼かれたピザは今まで食べてきたどんなピザよりも美味しかった。そしてコストパフォーマンスも最高で30cmもあるような大きなピザが4ユーロで食べられてしまうのだ。

全く関連性がないけど「うどんは香川」みたいなものじゃないかと思う、香川県のうどんは、生活にうどんが入り込んでいるくらい身近で美味しかったが。ナポリのピザもそれに近いのではないかと思う。まだ「ナポリを見て死ね」というほどの絶景は見ていないが

「ナポリのピザを食ってから死ね」と言いたい程の衝撃だ。

 - 15 イタリア回遊編 ,

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【写真】5月の炎天下の中亡霊のようにコロッセオに向かう観光客達
5月の風

 5月に入ると気温もすっかり温かくなり、春というかここは既に初夏です。先週の日曜 …

no image
メストレ

「メストレ」という街に滞在している。 「メストレ」と言うと全く聞きなれない地名だ …

【写真】まさかのベネチアの奇跡。
ベネチアの奇跡

先日ベネチアの路上で会った現地在住の日本人の方に、耳寄りの情報を教えてもらった。 …

【写真】バスカーフェスティバル会場の様子
バスカーフェスティバル

モンファルコーネの街でバングラディシュ人に囲まれながら芸をしていると、イタリア人 …

【写真】76歳の自転車旅行者エリザベスさん
驚きの自転車旅行者

旧市街からの坂道を駆け上っていると荷物を満載した自転車を押している人の姿が目に入 …

【写真】髭長きサイクリスト、ルカ君
髭の男

 海沿いの小さい街カオルレから更に東にあるリニャーノ・サビアドーロに向かう。   …

【写真】クロアチアのルート66はイストラ半島東岸を北上。
ルート66

「ルート66」と聞くとアメリカの西海岸からの大陸横断道路を思い浮かべる。  たま …

【写真】雨の日の空き家はありがたい。
空き家

昨日の夜は何とか雨が止んでくれたので、テントを張れる所を見つけられた。 やれやれ …

バングラディシュ ダッカ
バングラディシュ人の町

世界遺産でもリゾート地でもなく、観光地でもない街モンファルコーネに着いた。街の中 …

【写真】バスに群がる人々。この後阿鼻叫喚の修羅場が待っている。
雪のベネチア 後編

 ローマ広場にはバスの姿が見えないが雪に打たれながらバス停にたたずむ人が大勢いる …