けいの無銭旅行記 日記のページ

*

ハング

      2016/01/04

「ハング」と呼ばれる楽器をご存知だろうか?

 私はヨーロッパを訪れるまで全く見たことも聞いたこともない楽器で、「ハング」と聞いてもそれが楽器を指し示すということも知らなかった。

 初めてハングに遭遇したのは2007年スペインの首都マドリッドでのことだ。円盤UFOみたいな入れ物からUFOの様な黒い物体を取り出し、路上に座り込むドレッドヘアーの若者を見かけた。路上に座り込むのだから「芸をするのかな?」と見ていたのだが、彼が手にしているモノは何だろうか皆目見当がつかない。

 路上に座り込んだ彼がその円盤を軽く指先で叩き始めると、聞きなれない不思議な音が響き始める。それを耳にして「楽器なのか」と思った。音色は実に神秘的、幻想的でなんと表現するのがよいか難しい。近いのは仏壇にある、チーンと鳴らす鐘の音で、それをもっと柔らかくし、音の振幅を浅くした感じである。聞いていると叩く場所により音の高低が出せるようだ。

 最近よく話をするようになった、スロベニアのセバスチャンも路上でハングを演奏している。「弾いてみる?」と言われたので少し触らせてもらった。材質は中華なべの様な薄い鉄板でその表面に凹凸が刻みこまれていて、その凹凸の大きさで叩いた時の音色に音階ができるらしい。叩いて反響した音が、下部の穴から響いて出てくるという仕組。

このハングを作れるのは世界でたった一人しかいないそうで、手に入れるのはなかなか難しいとのことだ。

【写真】ハングを演奏するスロベニアのセバスチャン

【写真】ハングを演奏するスロベニアのセバスチャン



 - 15 イタリア回遊編 , , , ,

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【写真】出国以来、使用している爪切りとナイフ。
変わるもの変わらぬもの

ディオクレアヌス宮殿の北門にあるグルグール像についてグーグルで調べたら、あまりに …

【写真】ベネチア名物の手漕ぎのゴンドラ。
車のない街

水の都と呼ばれるベネチアは自動車の乗り入れが禁止されている。 自動車はもちろんだ …

路上で焼き栗を売るバングラディシュ労働者
フェロスさん

ボローニャでの滞在も10日が過ぎた、本当にあっという間に感じる。 日増しに手品を …

【写真】クリス君と入ったカフェからのスプリト旧市街
アメリカンボーイ

 一通り芸が終わり、人々が立ち去っていく中、その場にずっと残っている男性がいた。 …

【写真】ハッサンから送られてきたドバイトラベラーズフェスティバルの招待状。
続・怪しいメール

 2014年に年末に怪しいメールで急遽招待されたドバイトラベラーズフェスティバル …

【写真】左がカルカッタ出身のシャルカールさん。
インド人イン・ローマ

先日ナボナ広場でローマに住むインド人に出会った。 ふとその昔スティングという歌手 …

【写真】観光地ベネチアでは様々な人が行き交う。
今日の路上

路上に出ると、数多くの人に接する機会がある、今日も実に様々な人に出会った。 本日 …

【写真】ジョルジオさんとロベルトさんの路上コンビ。
なっ、何があったんだジョルジオ!

 レッチェの街の片隅でギターを担いだ男性に話しかけられた。  路上で芸をしている …

no image
投げ込まれた50ユーロ札

フランスやイタリアその他多くのユーロを使う国では、大きな額の紙幣を使をうとすると …

【写真】「Jesolo」と書いてイェソロと発音するらしい。町の入り口の標識。
季節はずれのリゾート

「いざ」と自転車のペダルを踏み出したのだが、数ヶ月間荷を積まない軽い自転車ばかり …