けいの無銭旅行記 日記のページ

*

菜食主義者

      2016/01/05

 日本ではあまり馴染みがないがヨーロッパでは時々ベジタリアンと呼ばれる肉を食さない人に出会うことがある。

 ベジタリアンと聞いて私の頭に真っ先に思い浮かぶのはイラン、アゼルバイジャンと約4カ月近く一緒に旅行をしたフィンランド人のタトゥだ。タトゥはいわゆるベジタリアンで、旅行中の自炊では一切肉類を使わなかった。まぁ肉が野菜より高いので私達にはちょうどよいのだが。

 しかし困ったのは人々に招かれた時だ。イランでは「これでもか!」というほどよく家に招かれる。

 お茶だけだったら問題は無いのだけど、どーんと食事を用意してくれた時が大変。イランではカバブと言って羊の肉の串焼きが名物だったりするだのが、もちろんタトゥは手をつけられない。

 サラダだけを食べて「あれ?どうしたの?」と突っ込まれる。「私はベジタリアンで・・」と説明をするのだが、文化の違いか「なんでだ?なんでだ?」質問攻めに会う。言葉が通じる相手ならまだよいが、相手がペルシャ語しか理解できないとなると状況は更に悪い。

 辞書を引きながら「私、野菜だけ食べる」と相手にどうにか伝えるが、それが「どうしてなのか」というところまで伝わらない。

 一度、安い食堂に入った時もメニューがさっぱり分からず、回りの人が食べているのを適当に指差して注文すると、来た料理には全て肉類が入っている。

 タトゥは自分がベジタリアンなのがどうしても伝わらず、結局厨房に入り、鍋のふたを一つずつ開けて、自分が食べられそうなものを探し始めた。

 見ている店員達はあっけにとられたのかその姿をポカーンと眺めているだけだった。私達は半分笑いながらその姿を見ていたが、「ベジタリアンも大変だな」とつくづく思った。

とにかく旅行者でベジタリアンは旅行の難易度を高くするといってもよい。言葉の通じない地域で自分の趣向を伝えなければならないのだから。

ところで先日、日本人のベジタリアンの方に会う機会があった。その方はベジタリアンの中でも特に規制食品が多い「ベーガン」と呼ばれる主義だという。「ベーガン」の人は肉はもちろんのこと、卵、乳製品、蜂蜜も口にしないのだとか。日本人ならば寿司はもちろんラーメンも駄目、ダシによっては味噌汁も不可になる。焼肉なんてとんでもない。

日本の料理はダシを使うものが多いので、食べられるものの範囲がかなり狭められることになるだろう。

 パッと思い浮かべると、漬物、納豆、煮物(ダシなし)、天ぷらの野菜のみ、そば、うどんこれもダシの入っていない汁で食べなければならない。こう考えると、日本でのベジタリアンを貫くには強い意志が必要そうだが、彼女はもう数年続けているのだとから大したものである。

【写真】ベジタリアンで思い出すのはフィンランド人のタトゥ

【写真】ベジタリアンで思い出すのはフィンランド人のタトゥ

 - 15 イタリア回遊編 ,

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【写真】裏路地は細くて入り組んでいる。
誕生日会

今日は誕生日会に呼ばれて行ってきました、と言っても出張手品で。 イタリアでは誕生 …

【写真】手品を演ずるベンジャミンさん(奥)同じくマジシャン、ピエルルイージさん(手前)
マジシャンズナイト

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、路上で芸をしていると「まさにこの言葉だ」と思 …

【写真】ジャングルへ誘導して行くグーグルマップ(写真はイメージ)
恐るべしグーグルマップ

手に入れた携帯電話にはスマートフォンタイプで、カメラやラジオおまけにGPS機能ま …

0109croatia
恐怖の橋

アドリア海沿いの都市リエカで2013年を向かえ、そこから更に南下を始めた。  ク …

【写真】安い庶民の味方スーパーリドル。
リドル

「リドル」とタイトルをつけてしまったが、日記を書いている私以外には「なんのこっち …

【写真】中国人のスプレーアーティスト、シュウメイさん。
路上の中国人

 イタリアではいたる街で中国人を見かけたが、ローマでも例外なく中国人を見かけた。 …

【写真】オリーブ畑の間に突如現れた小高い丘の上に白い家々が密集している。
白壁の街

フェリーが到着したバーリの街から少し南下した。 本当は北上する予定だったのだが、 …

【写真】夏から秋にかけては荒れた天候が続く。
季節変わりの雨

晴れの日が続いたバスカーフェスティバルの週が終ると翌週は天候が崩れだして曇り空か …

【写真】観光地のローマは冬でも観光客が絶えない。
ローマで三度目の越冬

2015年1月12日 イタリア ローマ  初めてイタリアに越境する前に見送りに来 …

レッチェ バスキング
足を止める習慣

昼間は灼熱の太陽が照りつける南イタリア。昼が暑くて行動に向かない分夜が長い。 日 …