けいの無銭旅行記 日記のページ

*

足を止める習慣

      2015/12/31

昼間は灼熱の太陽が照りつける南イタリア。昼が暑くて行動に向かない分夜が長い。

日が傾きかけた夕方から夜にかけて人々が最も出歩く時間だ。湿度が低いのせいか太陽が沈むと汗がダラダラということはなくサラッとして過ごしやすい。

バカスン(休暇)シーズンに入った8月の夜、レッチェの街は毎日「お祭りか?」と思うほどの人ごみになる。

日本旅行者にほぼ無名のレッチェもイタリア国内では有名な観光地らしく、バカンスの観光者でにぎわう。

家族や友人、恋人と街を歩くわけであるが、夜9時を過ぎると殆ど商店がシャッターを閉めている。となると散歩をしている人は手持ち無沙汰な状態になる。そこで登場するのが路上の芸人達だ。

夏夜、路上で音楽を鳴らし、芸をしている人がいるならば「おっ、何をやっているのだろうか?」と足を止めたくなるものだ。

日本ではあまり考えられないかもしれないが、こちらの人は芸を見ることにとても慣れている。

【写真】欧州では芸に足を止める人が多い。

【写真】欧州では芸に足を止める人が多い。

子供連れの両親が止まる、熟年のカップルが覗き込み、もちろん若者も足を止める。散歩中に何か芸を見かけたら「何をやっているのか?」と立ち止まる。これはもう習慣といってもよいくらい、よく止まる。

恐らくこれは長い時間をかけて引き継がれてきたものだと思う。

親が止まれば子供も当然止まる。時間が経ちその子供が親になったら、また同様に足を止めるだろう。こうやって、芸を見ることが引き継がれているのだ。

よく路上芸人の仲間に「アジア人は足を止めないね」と言われる。そうなのだ私達にはそういう習慣がない。自分自身を振り返っても、幼少期両親に連れられて街を歩いているときに芸に足を止め、いくらかのコインを器に入れた記憶がないのだ。

加えて日本では路上で芸をしている人自体が少ないというのもある。

「芸に足を止める習慣がない」「芸人自体が少ない」というのもあって路上の芸は日本人にとってあまり馴染みのないものになっている。

しかしこちらはその逆である。路上で何かをしている人がいれば積極的に足を止め、見る。そして自分がよかったと思えばコインを出すし、イマイチならばコインを出さずに早々に立ち去る。

文化や習慣は親の親の代、それ以上の歳月をかけてその社会に定着したものだ。

今日、両親に連れられて芸を見た子供達が、20年後両親になって子供を持った時、同じように芸に足を止めるだろう。

【写真】欧州の人は幼少期から芸を見ることに慣れている。

【写真】欧州の人は幼少期から芸を見ることに慣れている。


 - 15 イタリア回遊編 , , ,

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【写真】出国以来、使用している爪切りとナイフ。
変わるもの変わらぬもの

ディオクレアヌス宮殿の北門にあるグルグール像についてグーグルで調べたら、あまりに …

【写真】いわゆる警察。イタリアだけに稀にランボルギーニーパトカーが。
イタリアの警察

 現在(2015年9月の時点)滞在しているイタリア南部の街レッチェ。ブーツの形を …

【写真】5月の炎天下の中亡霊のようにコロッセオに向かう観光客達
5月の風

 5月に入ると気温もすっかり温かくなり、春というかここは既に初夏です。先週の日曜 …

1225pula
サシャとの会話

 プーラの街の同じ場所で毎日手品をしていると、必ず覗き込んでくる男がいた。  初 …

no image
メストレ

「メストレ」という街に滞在している。 「メストレ」と言うと全く聞きなれない地名だ …

no image
真実を教えてくれ

今日も面白いと言ったら失礼かも知れないが珍しい観客がいた。 その人は手品が終って …

no image
二人の自転車乗り

ペスキエラに滞在しながら週末はベローナの街に手品に向かう。 世界遺産にも登録され …

【写真】コスプレコンテストの参加者達。
若者のエネルギー

今日はベネチアで東日本大震災から1年ということで、ベネチア大学で日本語を学ぶ学生 …

【写真】
在住の方々

 路上で芸をしていると、時として日本人に声を掛けられる。  その殆どは現地の在住 …

no image
地獄に落ちる

マルタ共和国はイタリアのシチリア島の更に南に位置しているのかなりアフリカに近く、 …