けいの無銭旅行記 日記のページ

*

足を止める習慣

      2015/12/31

昼間は灼熱の太陽が照りつける南イタリア。昼が暑くて行動に向かない分夜が長い。

日が傾きかけた夕方から夜にかけて人々が最も出歩く時間だ。湿度が低いのせいか太陽が沈むと汗がダラダラということはなくサラッとして過ごしやすい。

バカスン(休暇)シーズンに入った8月の夜、レッチェの街は毎日「お祭りか?」と思うほどの人ごみになる。

日本旅行者にほぼ無名のレッチェもイタリア国内では有名な観光地らしく、バカンスの観光者でにぎわう。

家族や友人、恋人と街を歩くわけであるが、夜9時を過ぎると殆ど商店がシャッターを閉めている。となると散歩をしている人は手持ち無沙汰な状態になる。そこで登場するのが路上の芸人達だ。

夏夜、路上で音楽を鳴らし、芸をしている人がいるならば「おっ、何をやっているのだろうか?」と足を止めたくなるものだ。

日本ではあまり考えられないかもしれないが、こちらの人は芸を見ることにとても慣れている。

【写真】欧州では芸に足を止める人が多い。

【写真】欧州では芸に足を止める人が多い。

子供連れの両親が止まる、熟年のカップルが覗き込み、もちろん若者も足を止める。散歩中に何か芸を見かけたら「何をやっているのか?」と立ち止まる。これはもう習慣といってもよいくらい、よく止まる。

恐らくこれは長い時間をかけて引き継がれてきたものだと思う。

親が止まれば子供も当然止まる。時間が経ちその子供が親になったら、また同様に足を止めるだろう。こうやって、芸を見ることが引き継がれているのだ。

よく路上芸人の仲間に「アジア人は足を止めないね」と言われる。そうなのだ私達にはそういう習慣がない。自分自身を振り返っても、幼少期両親に連れられて街を歩いているときに芸に足を止め、いくらかのコインを器に入れた記憶がないのだ。

加えて日本では路上で芸をしている人自体が少ないというのもある。

「芸に足を止める習慣がない」「芸人自体が少ない」というのもあって路上の芸は日本人にとってあまり馴染みのないものになっている。

しかしこちらはその逆である。路上で何かをしている人がいれば積極的に足を止め、見る。そして自分がよかったと思えばコインを出すし、イマイチならばコインを出さずに早々に立ち去る。

文化や習慣は親の親の代、それ以上の歳月をかけてその社会に定着したものだ。

今日、両親に連れられて芸を見た子供達が、20年後両親になって子供を持った時、同じように芸に足を止めるだろう。

【写真】欧州の人は幼少期から芸を見ることに慣れている。

【写真】欧州の人は幼少期から芸を見ることに慣れている。


 - 15 イタリア回遊編 , , ,

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【写真】上が5ユーロリチャージ用のカード。下がSIMチップのカード。
携帯電話

イタリアに入ってから人生初となる携帯電話を購入した。  理由は単純でイタリアでは …

【写真】ベジタリアンで思い出すのはフィンランド人のタトゥ
菜食主義者

 日本ではあまり馴染みがないがヨーロッパでは時々ベジタリアンと呼ばれる肉を食さな …

no image
野宿の難しい島

フランスのコルシカ島からイタリアのサルディーニャ島へ船で渡った。 サルディニャ島 …

【写真】ジョルジオさんとロベルトさんの路上コンビ。
なっ、何があったんだジョルジオ!

 レッチェの街の片隅でギターを担いだ男性に話しかけられた。  路上で芸をしている …

no image
ロミオとジュリエットの街

シェークスピアの悲劇「ロミオとジュリエット」の舞台になった街とされるのがベローナ …

【写真】深夜12時だというのにまだまだこの人ごみ。
酔っ払いに囲まれて

カーニバル最終日の夜はこの期間中で一番お祭りらしかった。 ビールやワインのビンを …

【写真】365日店を出している言うから驚き。カマル君は右。
365日出勤

いつも通過する通りに顔見知りになったバングラディシュ人がいる。 彼の名前はカマル …

no image
いよいよ冬

このところ気温が一気に下がって、明け方にはマイナスに近くなり、日中でも10度前後 …

【写真】バスカーフェスティバル会場の様子
バスカーフェスティバル

モンファルコーネの街でバングラディシュ人に囲まれながら芸をしていると、イタリア人 …

【写真】ベネチア名物の手漕ぎのゴンドラ。
車のない街

水の都と呼ばれるベネチアは自動車の乗り入れが禁止されている。 自動車はもちろんだ …