けいの無銭旅行記 日記のページ

*

8月の訪問者

      2015/12/31

 前回の更新からまたも放置期間が長引きました。言い訳がましいのですが、ページを更新しているコンピューターが故障し、イタリアで修理を試みた結果・・思いのほか時間がかかり・・という状況でした。

 あまり無理せず、なるべく時差を埋めるべく書いていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 8月に入るとイタリア南部の気温は更に高くなった。日中は日差しが強いので歩けない。しかし乾燥しているので日陰に入っていれば心地よく感じる。湿度がないおかげで室内でもクーラーなど無くても快適に過ごせる。

ところで嬉しいメールが届いた。

6年前にハンガリーの首都ブダペストで出会った旅行者のマサさんが、現在ヨーロッパを旅行しており、クロアチア方面からイタリアの南部にフェリーで回ってくるという。(正確にはわざわざ南部を経由してもらうことになったのだけど)

旅行を長らくしていると、出会いと別れは多いが旧知の友人に会う機会はなかなかない。つまり自分の過去を知っている人に会うことがないので、昔話で盛り上がるという同窓会の様なシチュエーションは起こらない。

8月の一週目の深夜近く、約束どおりマサさんがレッチェの街にやって来た。

ブダペストで彼を見送ってから6年という歳月が経過していたので、変わっているかと思ったが、久しぶりに会ったマサさんは全く言っていいほど変わっていなかった。

人間の印象は外見もあるけれど、内面やその人の話方、表情、態度などが心に刻まれているようだ。そういう意味でも6年前のマサさんとピタリと一緒だ。

久しぶりに会ったマサさんとは積もりに積もった話がある。6年前の当時のアンダンテホステルのお客の話から管理人の話から、旅行を終えたマサさんの社会復帰劇、それからこちらの遅々として進まない旅行の話。

マサさんが滞在してくれている間はビールでもすすりながら昔話に花を咲かせるとしよう。

【写真】レッチェの街を闊歩するマサさん。

【写真】レッチェの街を闊歩するマサさん。


 - 15 イタリア回遊編 ,

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【写真】芸に必ず突込み入れてくる人がいるイタリア。人の距離がだいぶ近い。
バーリーショック

ドブロブニクの白い石畳、白い建物の街からやって来たバーリの街は妙に暗く見えた。 …

no image
水の都へ

 1年かけて自転車で進んだ場所から14時間のバスと鉄道で戻ってきた、自分の奇行が …

no image
二人の自転車乗り

ペスキエラに滞在しながら週末はベローナの街に手品に向かう。 世界遺産にも登録され …

1225pula
サシャとの会話

 プーラの街の同じ場所で毎日手品をしていると、必ず覗き込んでくる男がいた。  初 …

【写真】潮が満ちている状態。桟橋よりこちらに水が来ている。
潮の満ち引きを見て

滞在している海沿いの街グラードの海は遠浅で、水面が潮の干潮の影響を強く受ける。 …

【写真】ひたすら逆立ちを続けるジェシーさん。
逆立ち男

 カーニバルの後半から気温が上昇し始めて、それに伴い路上で芸人を目にする機会も増 …

【写真】入り口は地味なイタリア銀行。
イタリア銀行

2001年に旅行を始めて以来、ほぼ銀行に縁の無い生活を送っていて、クレジットカー …

【写真】バスカーフェスティバル会場の様子
バスカーフェスティバル

モンファルコーネの街でバングラディシュ人に囲まれながら芸をしていると、イタリア人 …

路上のマジシャン
類は友を呼ぶ

 路上で芸をしていると様々な人との出会いに恵まれる。実に様々な人に話しかけられる …

【写真】クロアチアのルート66はイストラ半島東岸を北上。
ルート66

「ルート66」と聞くとアメリカの西海岸からの大陸横断道路を思い浮かべる。  たま …