けいの無銭旅行記 日記のページ

*

会心の日

   

 以前、芸を続けていると「会心の一芸」が出るという話をしたのだけど、今回は会心の日の話。

 これも全く予想せずにやってくる。

 5月24日の日曜日もやはり突然に訪れた。

 この日の天気予報は雨

「せっかくの日曜日なのにもったいないぁ」

と雨空を見つめていると、次第に雨脚が弱まってきた。インターネットの天気予報は雨が弱まるといっている。思い切って小雨になった時に中心地を目指して出発。

 自転車を走らせているうちに雨雲はどこかに流されてしまい、青空が広がりだした。よしよし。

 中心地に着いたのは夕方5時前。日本でいう日曜日の5時前は、もう月曜日に備えて家でゆっくりする時間なのだが、ここは違う。

「雨が上がった!」

といわんばかりに人が通りに溢れている。

 雨が降っていたせいか、いつもより路上で芸をする人が少ない。

「こりゃよいかも」

と張り切って開始。

 面白いように人が止まる。

 路上の芸で人が止まるとき「人だかり」というのでは「一体どのくらいの人が足をとめているかハッキリしないので」自分の中では人気漫画の進撃の巨人のごとく目測で人を数えて「10人級」とか「20人級」などと表現している。(芸を演じている人は周りまで目がいかないと思うかも知れないけど、慣れて来ると観客人数は大体分かる)

 話は戻って、この日は立て続けに人が止まる。それも30人~40人級。

 7時過ぎたころにはさらに人が増え70人級に。

 「なんだ、なんだ今日はやたらに人が足を止めるな」

と思いながら演じるのはいつもと同じこと。しかし人が多いと大事な場面で失敗できなと少々力がはいる。

 観客が多いときに無事に終了すると見ている人が多いだけにコインの入りももちろんよい。

 それからよい芸をすると話しかけてくる人も多く、特に手品の場合は「誕生会、パーティに来て欲しい」と声がかかる。今日はそういった話もよくもらった。

 一日が終わると「今日はよかったなぁ」と一人ニヤニヤとし疲労感と満足感に浸る。

 本当にこういう「会心の日」は路上芸人冥利につきる。

 足を止めて見てくれる皆様のおかげです。ありがとうございます。

【写真】長らく路上に立っていると会心の日もでてくる。

【写真】長らく路上に立っていると会心の日もでてくる。

 

 - 15 イタリア回遊編 , , ,

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【写真】雪に比べれば雨はスリップもしない。(写真はイメージ、チェコ)
昨日の味方は今日の敵

「ゴーゴーブーラ!」と奇声を上げながら、季節風のブーラに背中を押してもらい時速2 …

【写真】ひとくせあるドバイトラベラーズフェスティバルの参加者達。
ドバイ トラベラーズフェスティバル 最終回

 怪しいメールから始まったドバイトラベラーズフェスティバル、いざ開催されると、ア …

【写真】2リットルのビールが200円前後で買える。
来訪者

 時期外れで旅行者の来ないようなイストラ半島の南端の街で訪問者を出迎えた。  去 …

【写真】ててけて
出稼ぎ

 好奇心を掲げてクロアチアの島を転々と渡り歩いたのだが、その代償は大きかった。 …

【写真】メニューはすべて中国語。
のっとられた街

今日は中国人に「のっとられた街」と言われるプラートを目指した。 街に着いた時はシ …

【写真】私服警官は一般の人と全く区別がつかない。
私服警官

 前の記事でイタリアの警察の話をしましたが、もう一つ、イタリアには私服警官がいま …

【写真】第一の観客を「偉大なる最初の一人」と呼ぶことに。
偉大なる最初の一人

 お父さんに手を繋がれた幼い男の子の視線がジーっとこちらに注がれる。  父親はこ …

street003
路上芸人の夏

 その昔テレビコマーシャルで「金鳥の夏」という香取線香の宣伝がありましたが、今も …

no image
イタリアの佐多岬

旅行をしていると、何故だか「端」というものに魅かれる。 日本で言うと北の端「宗谷 …

【写真】イストラ半島人気の観光地ロビニ。
国の印象

訪れた国の印象は出会った人に大きく左右される。 その国で出会った人が感じのよい人 …