けいの無銭旅行記 日記のページ

*

風が吹くと桶屋が儲かる的な。

      2015/11/24

 「風が吹くと桶屋がもうかる」という落語があるそうですが、

それは

 ・風が吹くと粉塵が舞う。

 ・粉塵が目にはいり目が見えない人が多くなる。

 ・盲目になった人が三味線を弾くために、三味線が売れる

 ・三味線を作るために猫が捕らえられて減る。

 ・猫が少なくなるのでねずみが多くなって、桶をかじり
 
 結果、桶屋が儲かるというらしいです。

 何か因果関係がないようなものが実は影響を及ぼすという例えらしいです。

 で何が言いたかったかというと。

 「午前中に雨がふると路上の芸人が儲かる」というのが思いつきました。

 もう、全くもってひねりも何もなくそのままですが、あえて解説させてください。

 午前中に雨が降るというのがミソです。

 午前中に雨がふると、バカンス中、海大好きイタリア人は「なんだ今日は雨か」と予定変更をする人が多い。

 海に行けないし「街にでも行くか!」と街に行く人が増えます。
lecce001

 するとそうです、街には路上芸人がいるわけです。

 しかし天候というのはそう思い通りにいかない。8月イタリアの南部は本当に滅多に雨が降らないし、午前中だけ雨が降って止むなんてことは早々起こりません。

 ところが、まさに先日(日記を書いている時点8月11日)そんなことが起こったのです。

 朝、目を覚ますと珍しく雷が鳴り響き、激しい雨が!

「うわっ~、これは今日は路上は休みか?」

と思って空を眺めていると午後に入ってから雨足は弱まり2時前後にはあれだけ分厚く空を覆っていた雨雲がなくなり、青空が広がりだした。

「こりゃ、いい」と準備をして路上に向かう。

すると人が多い。平日の昼間は人々は海に行ってしまうのだけど、今日は違う。土曜日、日曜日と同じくらいかそれ以上の人が溢れている。

 早速芸を開始すると簡単に人が足を止める。記録が出そうな勢いでコインが次々と器に放り込まれていく。

とコインが溜まった器を見てウハウハ。

日中これだけの人が歩いているということは、いつも人が多い夜はさらに凄いことになるのではと?

「こっ、これは最高金額の記録がでてしまうのでは」

と興奮気味になりつつ、午後の部を終える。

一旦宿に戻り食事をして休憩し

「いざ、夜の部へ」と街に繰り出すと、何か空が暗い。

「まさか・・」

とポツポツと雨が路面に染みを作り始め、あっという間に本降りになった。

「いやすぐに止むだろう」と軒下で雨が上がるのを待つが、雨は激しさを増すばかり、止む気配はない。

 なんだ、なんだ今日は記録達成かと思ったが、うーん、残念。なかなかうまくはいかないものだ。

lecce002


 

 - 15 イタリア回遊編 , , , ,

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【写真】土日のローマは多くの人でにぎわうローマ。
マウリシオさん

 また前回の更新からずいぶんと時間が経ってしまいましたが、元気にしています。時々 …

no image
日本人チャリダー

自転車旅行者のことを英語では「サイクルツーリスト」と呼んだりするらしいが、日本語 …

【写真】イギリス人自転車旅行者サムとサラ。
サムとサラ

初めてサム達に出会ったのは名もないような小さな街だった。 会った街から彼らは南に …

ベネチア バスキング
古典楽器を奏でる男

 ギターとも違う見慣れない奇妙な楽器を演奏しているのを見たのは2月のカーニバル中 …

【写真】食後のジェラート店はもちろん大繁盛。
ジェラートタイム

夏の海際、路上が賑わうのはイタリアの場合は夜の9時以降になっている。  なのでそ …

no image
真実を教えてくれ

今日も面白いと言ったら失礼かも知れないが珍しい観客がいた。 その人は手品が終って …

no image
トゥルッリの街

アルベロベッロの街が近づくにつれて「トルッリ」と呼ばれる、平らな石を積んで三角錐 …

【写真】水の都ベネチア。
新年早々

 クリスマスが終るとイタリアは学校が休みになったり、休暇が始まったりして人出が増 …

【写真】雨の日の空き家はありがたい。
空き家

昨日の夜は何とか雨が止んでくれたので、テントを張れる所を見つけられた。 やれやれ …

【写真】黄昏の港にブーラが吹き抜ける。
ブーラ

地図を加工して張り付けるのが手間なので、そのままグーグルマップを貼り付けます。最 …