けいの無銭旅行記 日記のページ

*

ドバイ トラベラーズフェスティバル その2

   

朝から贅沢

 朝食の時間が朝の7時から10時と聞いていたので、その時間に起きねばと思っていた。

 メールをチェックするがハッサンから連絡はない。本気で放置か。

 ドバイにやって来たのはよいがドバイトラベラーズフェスティバルが一体どんなイベントか全く不明のまま。

 五つ星ホテルの朝食を食べる機会はそうそうない、これは逃しては大変、といそいそと朝食に向かう。

 さすが五つ星ホテルの朝食。食材がズラリと並んで豊富でよりどりみどり。

【写真】朝から豪勢な朝食。控えめにサラダコーナーだけ写真を撮った。

【写真】朝から豪勢な朝食。控えめにサラダコーナーだけ写真を撮った。

ちょうど昨日空港で知り合ったサンザイさんが食事をしていたので相席。

 サンザイさんもハッサンから連絡はないという。一体どうなっているのだか。

 サンザイさんとこの朝食のレストランには他の参加者がいるかもしれないという話になった。

 キョロキョロと辺りを見渡す。

 よいホテルだけに席に座っているいる人もなんとなく上品。

 しかし参加者かどうかは一見して分からない。旅行者らしい、アウトドアウェアでも着ていてくれれば分かりやすいがそういった人はいない。

 贅沢すぎる朝食を食べて、サンザイさんと

「もし何の連絡もなかったら午後はドバイ観光に行こう」

と話をして部屋に戻る。朝食から食べ過ぎてしまって「食べ過ぎた~」とベットでゴロゴロする。いい身分である。

 いや~最高~

朝食後の眠りに落ちようとしたところで、

「プルルル~、プルルル~」

と部屋の電話が鳴った。

「なんだ!」

飛び起きる。さすが5つ星、部屋に電話があるのか。

慌てて受話器を取ると

「Mr.Iwasaki?」

とやたらに丁寧な口調で女性の声。

「はい、そうです」

と答えると

「11時30分にフロントにいらしてください」

とだけいわれた、

「分かりました、フロントに11時30分ですね」

と念を押して受話器を置く。いよいよハッサンが現れるのか?

フロントに下りていくとそこには・・・

 ついにドバイトラベラーフェスティバルが動き出すのか?

 と少々楽しみに、11時15分にはフロントに下りる。

そこにはいかにもトラベラーという人が何人もいて・・・と想像していたのだけど、全く誰もいない。

「あれ、時間間違えた?」

しかしそんなことはない、最近のスマートフォンはインターネットにつなげば勝手に時間を現地に合わせてくれるのだ。

【写真】時間通りにロビーに向かうが誰もいない。

【写真】時間通りにロビーに向かうが誰もいない。

 早く来すぎたか?

15分も時間前に集合するとは、さすが13年日本を離れていても日本人。世界標準は時間になったらダラダラ集合だった。しばしロビーで待つ。すると少しずつであるが、人が集まってきた。

 彼らが参加者なのか?一体どんな旅行者なのか?期待が高まる。何せ以前ハッサンから送られてきたリストには凄い旅行者ばかりだったのだ。

 インドのサンザイさんも姿を現した。

 約束の11時30分を十分ほど過ぎた40分、アラブの衣装をまとった男性が二人やってきて皆に英語で「ウェルカム、ドバイ」と挨拶をはじめた。

 彼がハッサンか?

何か会場があるらしい

 参加者らしきロビーに集まった人達が、そのアラブ人男性の挨拶に耳を傾ける。

 そして男性は「ようこそ、ドバイに来てくれました」と一人一人の手を取りながら笑顔で挨拶して周る。

参加者の一人が

「あなたがハッサン?」

と訊ねる。男性は

「いいえ、違います」

ハッサンが気になっているのは私だけではないらしい。彼はハッサンではないが確実に主催者側の人である。私も彼と握手しながら挨拶をした。

 男性は一通り挨拶をし終わると、

「今日はドバイ市内観光と、それから会場に案内します」

と続けた。ここで初めてドバイトラベラーフェスティバルに会場があることが分かった。

 次第にドバイトラベラーズフェスティバルの実態が明らかになっていく。

 - 15 イタリア回遊編 ,

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【写真】2リットルのビールが200円前後で買える。
来訪者

 時期外れで旅行者の来ないようなイストラ半島の南端の街で訪問者を出迎えた。  去 …

【写真】内容とは全く関係のないリアルト橋からの風景
イースター

イースターと呼ばれるキリスト教のお祝いがある。クリスマスはキリストが生まれた日の …

【写真】高層ビルが立ち並ぶドバイに到着したが。
ドバイ トラベラーズフェスティバル その1

すべては怪しいメールから  一通の怪しいメールから始まった、ドバイトラベラーズフ …

【写真】もう呆れるくらいの絶景が広がる国道8号線。
お勧め8号線

ストンという半島付け根の街を最後にペリシャツ半島からバルカン本土に入った。 本土 …

no image
地中海

自動車道の脇だったのでさすがに朝方は車の音がうるさい。 目立たない場所なのでせめ …

【写真】スプリト一のショッピングストリート マルモントバ通りMarmontova ulica
人の歴史

ダルコさんとの出会いは路上からだ。 曇天の土曜日、人が減り始めた午後。 路上で芸 …

0109croatia
恐怖の橋

アドリア海沿いの都市リエカで2013年を向かえ、そこから更に南下を始めた。  ク …

【写真】会場の雰囲気により様々なことが起こる。
芸の値段

 最近は路上芸のことばかりしか書いておりませんが、一応旅行記です。といいながらま …

no image
大晦日の手品

 ニース郊外で野宿の出来るところを探したが、なかなか見つからない、そうこうしてい …

イタリア バーリ
SNSの力

2004年頃からSNS(ソーシャルネットワーキング)と呼ばれるものがインターネッ …