けいの無銭旅行記 日記のページ

*

ドバイ トラベラーズフェスティバル その3

   

 またいつも通り更新が滞っていましたが、元気にしております。1月下旬から2月9日までベネチアでカーニバルが開催されていたためにそちらに参上しており、ひたすら路上に出ておりました。現在は再びミラノに戻ってきております。

ドバイ観光

 まず連れて行ってもらったのはショッピングモールかと思ったが違った。ショッピングモールを抜けると、そこには天に突き刺さるようなビルディングが。

【写真】写真に納まりきらないほど、世界一高いビルディングブルジュ・ハリファ。

【写真】写真に納まりきらないほど、世界一高いビルディングブルジュ・ハリファ。


 大きく見上げないとてっぺんが見えないような超高層ビル。ディングブルジュ・ハリファビルといい世界で一番高いビルだそうだ。

 高さ828.0mと聞いてもピンとこないけど160階建と聞くと建物がいかに高いか分かる。サンシャイン60より100階高い、なるどほど高い、見上げてるとクビが疲れるほど高い。
 
 聞くと高層部には居住区もあるという、外から眺める分にはよいが、実際に高層階に住むとどうだろうか、外に出るのにいちいちエレベータで乗り降りして少しめんどくさそうに感じるのだが。

 ビルを背に参加者と一同と写真を撮り、ディングブルジュ・ハリファを後にした。

次第に分かってくる参加者の正体

 
 観光と称してドバイの市内を観光している、専用バンで移動しているのだが席が決まっているわけでなく、毎回隣に座る人が変わる。

 そして隣に座ったのが一体どこの誰だかはわからないけど、ドバイトラベラーズフェスティバルに招待されている以上、何らかの旅行をしているわけである。それも何か特殊な旅行である。すなわち変わり者?変人?である。

そして長期旅行者、特殊旅行者の特徴として皆かなりフレンドリー。

 たまたま隣に座ったアジア人顔の若者、英語があまりに流暢でアメリカ育ちかと思ったらマレーシア出身でイギリス、アメリカ、オーストラリアに留学経験があるという。名前はジェームス。

 一人が話をはじめると周りが聞き耳を立て、話に加わってくる。

 ジェームスはどんな旅行をしたかという話になった、自分の場合は世界最年少で飛行機単独世界一周をしたという。そしてギネスレコードにそれが記録されているよと加えた。
 
 ギネスレコード!?と私が驚いていると

 その隣に座っているインドのサンザイさんも「私も持っているよ、世界で最も長距離を停車しないで走った記録だけど」などと言い出す。

 ギネスレコードというのは自己満足の記録でなく、世界でその人が一番という客観的な記録なのだ、そんな人がこの狭いバンに二人もいるのか。聞くと他にもギネスレコードを持っている人がいるというから、どんだけだよ!開いた口がふさがらない。

 また違う回に隣になったクラウスさんはバイクで16年間旅行を続けたそうである。アマゾン河をバイクを変形して取り付けたスクリューで下ったのだとか、帰国後に書いた本がドイツでベストセラーになったとか、そんな話がはじまる。

 私も13年は日本に帰っていないのでそれを少しでもネタにと思ったが、全くネタにならない。それどころか今回の参加者には26年間旅行をしている人物がいるという話を聞いた。うげっ、13年の倍である26年か。
 
 参加者はもれなく旅行者で、それも一風変わった旅行スタイルの人々、その全貌が次第に明らかになりつつあった。

会場到着、そして驚く

 私達を乗せたワゴン車はドバイのビル群を抜けて郊外の公園に到着した。どうやらここが会場らしい。

 会場の入り口にはステッカーがやたら貼り付けられた車やトラクター、いかにも旅行をしてそうなキャンピングカーが停車していた。これらは実際に使われたものの展示らしい。

 トラクター見てびっくりした。トラクターを輸送するのって相当な費用じゃないだろうか。いやいや、その前になんだよトラクター旅行って!!このトラクターで南極点に到達したと記述がある。おいおい、変人さもいい加減にしろ!

 会場はテニスコート二つ分くらいの広さ。正面にステージがあり、そこから席が並べられている。一応キチンとした会場だ。

 それより何より驚いたのは、会場入ってすぐのところに日割りにされたフェスティバルのプログラムが写真入り英語で掲示されている、ふむふむ、こういう具合に進むのか。と

「おい!!」

 参加者ごとに30分のプレゼンテーション枠があるじゃないか!

【写真】シッカリとプログラムに参加者のスピーチがあった。

【写真】シッカリとプログラムに参加者のスピーチがあった。

 見ると二日目の7時半から私の名前もシッカリ写真入りで記載されている。

 聞いてないよ!

連絡してきたハッサン!一人30分のプレゼンテーションがあるとか事前に教えてくれよ!30分もあのステージの上で話すのか、しかも英語かよ。

 二日目なのが何よりの救い。

 今日ホテルに戻ったら準備するしかない。

 - 15 イタリア回遊編

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Comment

  1. sato より:

    はじめまして。
    satoと申します。
    突然のコメントで失礼いたします。

    先日ネットを見ていて偶然リンクしたサイトが岩崎さんのホームページでした。
    あまりにも破天荒すぎで面白かったので、最初から最後まで一気に読ませて頂きました。

    世の中にはいろいろな人がいて、いろいろな考えの人いますが、
    岩崎さんのような世界観の持ち主でさらに行動に移す事のできる人は、
    とても素晴らしくて素敵だと思います。
    実際に自分の目で見て五感で感じた世界は、何物にも変えられない物だと思います。
    本当の感想はブログに書いてる感想の何倍、何十倍で伝えきれてない感覚なんだろうなーと、思いながらニヤニヤして時間を忘れながら読みふけってしまいました。

    僕も旅や旅行が大好きです。
    海外旅行(旅行会社のパッケージ旅行的な)も大好きで何回か行った事がありますが、昔バイクでテントを張って日本を旅した時の方がなんとなく楽しかった気がします。
    行った場所はもちろんですが、行くまで過程や出会いが濃いと記憶として強く残り思い出となり楽しかったのかな?と今考えると思います。
    個人的な意見ですが…。
    昔からバックパックの旅はとても憧れています。まだ見ぬ世界を考えるだけでワクワクします。いつか実現したいです。…今年35歳ですが(笑)
    いろいろと興味深くツッコミたい事や質問したい事がたくさんありますが、この場では限られてるので割愛したいと思います。

    長くなりましたが、読んでいて気持ちが高ぶってしまい、このような良く分かんないメッセージになってしまいました。
    ブログやツイッターの更新を楽しく拝見させて頂きます。
    健康には気をつけて素敵な旅を続けて頑張ってください。

    • quei80 より:

      こちらこそ、はじめましてsatoさん!
      コメントありがとうございます。
      >岩崎さんのような世界観の持ち主でさらに行動に移す事のできる人は、とても素晴らしくて素敵だと思います。

      ありがとうございます、自分では少しおかしいと思いつつ行動しています、勢いがついていて少し止まれない感もありますが。

      確かにブログや文章で伝えることは中々難しいものですね、自分の見た世界や考えを文章にするというのは本当に大変なことだと感じています。

       バックパックの旅行はいざ始めてしまうとよいのですが、やはり始めるまで、周りの環境やら自分のことだけで収まらない状況があるとかとは思います。

       いつか旅行をされた時に世界のどこかでお会いできるのを楽しみにしております!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ホームパーティ

インターネットの普及のお陰か、近年はインターネットを通じた出会いも多くなっている …

【写真】上が5ユーロリチャージ用のカード。下がSIMチップのカード。
携帯電話

イタリアに入ってから人生初となる携帯電話を購入した。  理由は単純でイタリアでは …

【写真】イタリア名物?初夏の雪??
初夏に降る雪

5月に入ると、信じられないほど日中の気温が上昇し、今まで手放せなかったパーカーや …

【写真】夏から秋にかけては荒れた天候が続く。
季節変わりの雨

晴れの日が続いたバスカーフェスティバルの週が終ると翌週は天候が崩れだして曇り空か …

路上で焼き栗を売るバングラディシュ労働者
フェロスさん

ボローニャでの滞在も10日が過ぎた、本当にあっという間に感じる。 日増しに手品を …

【写真】観光地のローマは冬でも観光客が絶えない。
ローマで三度目の越冬

2015年1月12日 イタリア ローマ  初めてイタリアに越境する前に見送りに来 …

no image
いよいよ冬

このところ気温が一気に下がって、明け方にはマイナスに近くなり、日中でも10度前後 …

【写真】いわゆる警察。イタリアだけに稀にランボルギーニーパトカーが。
イタリアの警察

 現在(2015年9月の時点)滞在しているイタリア南部の街レッチェ。ブーツの形を …

【写真】芸に必ず突込み入れてくる人がいるイタリア。人の距離がだいぶ近い。
バーリーショック

ドブロブニクの白い石畳、白い建物の街からやって来たバーリの街は妙に暗く見えた。 …

no image
クリスマスマーケット

今年の越冬はどうしようかと考えていたら、ローマでは12月から1月にかけてクリスマ …