けいの無銭旅行記 日記のページ

*

ドバイ トラベラーズフェスティバル その5

   

 いよいよ、開始したドバイトラベラーズフェスティバル。

来賓にアラブ首長国連邦の王子がやってくるなど当初は胡散臭いと感じたがシッカリした催しもののようだ。

 フェスティバルが始まると世界各国から呼ばれた参加者のプレゼンテーションが始まる。

 今日の順番の人はどうなのだろうか。ハッサンから30分のプレゼンテーションがあると話は聞いているのだろうか。

私の出番は二日目なので今日の夜に大急ぎで何か30分のプレゼンテーションを準備しなければ。

 手品のほうがよい気もするが、今回は一応旅行者としれ呼ばれているので旅行の話をしなければなるまい。

始まったプレゼンテーション

参加者のトッププレゼンターはオランダのマノンさん。

 マノンさんは何をしたかというと、トラクターで女性一人でオランダを出発しアフリカを縦断し、そのままトラクターを南極大陸に運んで南極点まで到達したという、「えっ、なんなの?」と耳を疑うようなことをした女性である。

 会場の入り口に展示されていたトラクターはマノンさんのだったのだ。

【写真】トラクターで単独アフリカ縦断というマノンさん。

【写真】トラクターで単独アフリカ縦断というマノンさん。

 「Manon Ossevoort」と名前を検索すると「トラクターガール」としてニュースが沢山出てくる。英語の記事が多いが日本語の記事もあった。

 とにかくマノンさんのプレゼンテーションが始まった。マノンさんは本業が女優らしくステージの上でも全くおくびない様子である。オランダ人だけに英語も堪能である。

 写真がスライドショーで流れマノンさんがそれを解説していくという具合でプレゼンテーションが進んだ。

 うーん、すばらしい。

あっというに30分が経過した。マノンさんがホッとした表情でステージを下りてきた。即席なのか知っていたのか、写真だけ持っていてアドリブなのか分からないが素晴らしかった。

次の旅行者がまた凄い

 そして次のプレゼンターがステージに上がる。

 この人こそ、参加者の仲で有名なドイツ人のグンタGunther Holtorfさん、26年間で215の国を車で訪れたというもう、想像を絶する旅行者。

【写真】26年215カ国を訪れたGunther Holtorfさん。

【写真】26年215カ国を訪れたGunther Holtorfさん。

 ちなみにグンタさんは英語版のウィキペディアにも掲載されている人物である。(ウィキペディアには訪問国179と記載されいてる、現在日本の承認国家は195前後)

 しかも一台のジープ型のメルセデスで890,000kmを走行し、キム・ジョンイルに招待されて北朝鮮も走行した唯一の外国人らしい。

 グンタさんのプレゼンテーションもスライドされていく写真に合わせて解説を行うタイプだった。

 26年間の旅行を30分では短すぎる、あっという間に感じたプレゼンテーションだった。

【写真】世界のありとあらゆるところを走破している。

【写真】世界のありとあらゆるところを走破している。

 グンタさんは走行跡を見ても只者ではないのだが、その世界旅行を通じての経験からの見識や洞察が鋭く話が全く飽きず、もっと話を聞いていたいと思わせる人物である。

【写真】会場に展示されていたグンタさんの愛車"Otto"

【写真】会場に展示されていたグンタさんの愛車”Otto”

とにかく準備をしなければ

 という具合でドバイトラベラーズフェスティバルの開会式が終わり無事に1日目が終了し、ホテルに戻ると23時を回っていた。
 
 今から明日のプレゼンテーションに備えて写真を選別し、それに解説を考えねば。今日は眠れるのだろうか。

 - 15 イタリア回遊編

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ホームパーティ

インターネットの普及のお陰か、近年はインターネットを通じた出会いも多くなっている …

【写真】コミカルでアクロバチックな大道芸をするエレーナさん。
女性大道芸人

「大道芸人」というと男性をイメージし勝ちだが、女性の大道芸人も稀にいる。 今まで …

【写真】同じ芸でも国によって反応が異なる。
帰路徒然

歴史を感じさせる重厚な造りのイタリア銀行でコインを紙幣に交換してもらい、ベネチア …

日本人 チャリダー
久々日本人チャリダー

やたらに冷え込んだ土曜日、寒さのせいか人の行き交う足が速い。立ち止まる人もおらず …

レッチェ 祭り
夏の夜長

マサさんと話を始めると、話が途切れることが無かった。 話題があがるとマサさんがう …

【写真】ベジタリアンで思い出すのはフィンランド人のタトゥ
菜食主義者

 日本ではあまり馴染みがないがヨーロッパでは時々ベジタリアンと呼ばれる肉を食さな …

【写真】上が5ユーロリチャージ用のカード。下がSIMチップのカード。
携帯電話

イタリアに入ってから人生初となる携帯電話を購入した。  理由は単純でイタリアでは …

レッチェ バスキング
足を止める習慣

昼間は灼熱の太陽が照りつける南イタリア。昼が暑くて行動に向かない分夜が長い。 日 …

ユーロ2012
ユーロ2012

「ウォー!」  カフェから歓声があがった、何があったかすぐに分かる、イタリアチー …

【写真】時々ある、海沿いのひっそりした町
ウニで空腹を満たせ!

コルチュラ島に引き続き、山岳部が続いたペリェシャツ半島をひぃこらいいながら走って …