けいの無銭旅行記 日記のページ

*

ドバイ トラベラーズフェスティバル その5

   

 いよいよ、開始したドバイトラベラーズフェスティバル。

来賓にアラブ首長国連邦の王子がやってくるなど当初は胡散臭いと感じたがシッカリした催しもののようだ。

 フェスティバルが始まると世界各国から呼ばれた参加者のプレゼンテーションが始まる。

 今日の順番の人はどうなのだろうか。ハッサンから30分のプレゼンテーションがあると話は聞いているのだろうか。

私の出番は二日目なので今日の夜に大急ぎで何か30分のプレゼンテーションを準備しなければ。

 手品のほうがよい気もするが、今回は一応旅行者としれ呼ばれているので旅行の話をしなければなるまい。

始まったプレゼンテーション

参加者のトッププレゼンターはオランダのマノンさん。

 マノンさんは何をしたかというと、トラクターで女性一人でオランダを出発しアフリカを縦断し、そのままトラクターを南極大陸に運んで南極点まで到達したという、「えっ、なんなの?」と耳を疑うようなことをした女性である。

 会場の入り口に展示されていたトラクターはマノンさんのだったのだ。

【写真】トラクターで単独アフリカ縦断というマノンさん。

【写真】トラクターで単独アフリカ縦断というマノンさん。

 「Manon Ossevoort」と名前を検索すると「トラクターガール」としてニュースが沢山出てくる。英語の記事が多いが日本語の記事もあった。

 とにかくマノンさんのプレゼンテーションが始まった。マノンさんは本業が女優らしくステージの上でも全くおくびない様子である。オランダ人だけに英語も堪能である。

 写真がスライドショーで流れマノンさんがそれを解説していくという具合でプレゼンテーションが進んだ。

 うーん、すばらしい。

あっというに30分が経過した。マノンさんがホッとした表情でステージを下りてきた。即席なのか知っていたのか、写真だけ持っていてアドリブなのか分からないが素晴らしかった。

次の旅行者がまた凄い

 そして次のプレゼンターがステージに上がる。

 この人こそ、参加者の仲で有名なドイツ人のグンタGunther Holtorfさん、26年間で215の国を車で訪れたというもう、想像を絶する旅行者。

【写真】26年215カ国を訪れたGunther Holtorfさん。

【写真】26年215カ国を訪れたGunther Holtorfさん。

 ちなみにグンタさんは英語版のウィキペディアにも掲載されている人物である。(ウィキペディアには訪問国179と記載されいてる、現在日本の承認国家は195前後)

 しかも一台のジープ型のメルセデスで890,000kmを走行し、キム・ジョンイルに招待されて北朝鮮も走行した唯一の外国人らしい。

 グンタさんのプレゼンテーションもスライドされていく写真に合わせて解説を行うタイプだった。

 26年間の旅行を30分では短すぎる、あっという間に感じたプレゼンテーションだった。

【写真】世界のありとあらゆるところを走破している。

【写真】世界のありとあらゆるところを走破している。

 グンタさんは走行跡を見ても只者ではないのだが、その世界旅行を通じての経験からの見識や洞察が鋭く話が全く飽きず、もっと話を聞いていたいと思わせる人物である。

【写真】会場に展示されていたグンタさんの愛車"Otto"

【写真】会場に展示されていたグンタさんの愛車”Otto”

とにかく準備をしなければ

 という具合でドバイトラベラーズフェスティバルの開会式が終わり無事に1日目が終了し、ホテルに戻ると23時を回っていた。
 
 今から明日のプレゼンテーションに備えて写真を選別し、それに解説を考えねば。今日は眠れるのだろうか。

 - 15 イタリア回遊編

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
スーパーショック!

タイトルに「スーパーショック!」とあり「凄いショックな話」と思った方ごめんなさい …

【写真】芸に必ず突込み入れてくる人がいるイタリア。人の距離がだいぶ近い。
バーリーショック

ドブロブニクの白い石畳、白い建物の街からやって来たバーリの街は妙に暗く見えた。 …

【写真】サンマルコ広場にて。
思い出せない

昨日の路上は散々だったので、「今日こそはよい天気!」と願っていたが、外に出ると一 …

【写真】ベネチアの路上の芸術家。
バスカー

「バスカー」という言葉は日本では聞き慣れないが、路上で音楽を奏でる人や、芸を演じ …

【写真】クラシックギターを路上で演奏するテデスさん。
渡り鳥たち

 カーニバルの初日は大雨。  翌日路上に出かけるとギターケースを持った男が笑顔で …

【写真】ベネチア名物の手漕ぎのゴンドラ。
車のない街

水の都と呼ばれるベネチアは自動車の乗り入れが禁止されている。 自動車はもちろんだ …

【写真】レッチェは南のフィレンツェと呼ばれるほどバロック風の建築物が多い。
街との出会い

レッチェの街に辿り着いた時の予想は的中し、この街での老後が思い浮かぶほどの勢いで …

【写真】2リットルのビールが200円前後で買える。
来訪者

 時期外れで旅行者の来ないようなイストラ半島の南端の街で訪問者を出迎えた。  去 …

【写真】高層ビルが立ち並ぶドバイに到着したが。
ドバイ トラベラーズフェスティバル その1

すべては怪しいメールから  一通の怪しいメールから始まった、ドバイトラベラーズフ …

【写真】クロアチアとイタリアを結ぶフェリー
奇行紀行

 ドブロブニクを出発することにした。理由はまたもイタリアの魅力に引き寄せられたか …