けいの無銭旅行記 日記のページ

*

「 06海抜0mからエベレスト編 」 一覧

【写真】手のひらをしみじみと眺める。

手のひら

カトマンドゥに到着してあっという間に数日が過ぎた。 雪崩や滑落の恐怖に怯えること …

【写真】雪と氷の世界から下りてくると初夏を感じた。

初夏の風

 エベレストのベースキャンプを出発してから一週間が経つが、相変わらず山の中を歩い …

【写真】疲労感の中下山を開始した。

疲労感

山頂は完全に雪で覆われている。 広さにして3畳くらい、そして「タルチョ」と呼ばれ …

【写真】エベレスト山頂8848mにたなびく旗群。

終着点

もう稜線の先には何も見えない、何も存在しているものはない。 あるのはからっぽの青 …

【写真】サウスコルから見上げたエベレスト山頂。

サウスコル

 岩場を進んで行くとテントが見え始めた、サウスコルにある標高8000mのキャンプ …

【写真】エベレストの難関アイスフォールのルートには渋滞が起こっていた。

ジョセフの決断

5月27日からの好天に合わせ、キャンプ2まで登ことになった。 今年は良い天候に恵 …

【写真】スティーブがエベレストからの下山を決めた。

スティーブ下山

エベレストの春の登山期は4月5月であり6月はない。 なぜなら6月に入ると気温が上 …

【写真】標高7300mにキャンプ3を設置。

一度きりのチャンス

交錯する天気予報を絞り、アタックする日が決まった。 19日から23日まで良い天気 …

【写真】イベントのメインはチェコ女性のバイオリン演奏。

退屈な日々

好天を待つ日々は退屈だ。 ベースキャンプには電気はきていない。発電機を持ち込む隊 …

【写真】エベレストベースキャンプに戻る道。

天候待ち

 高度順応の行程を何とかこなし、一旦、高度の低いペンボチェまで降りて数日を過ごし …