「09砂漠超え編」 一覧

no image

ギラーン州

2006/07/16   -09砂漠超え編
 

テヘランですべきことを終わらせ、私たち3人は自転車でカスピ海沿岸の州にあるギラーン州へ向かう。 テヘランから距離にして250kmであるが、テヘランの気候と、ギラーン州の気候は大きく異なる。 テヘランは ...

no image

路上生活者

2006/07/10   -09砂漠超え編
 

テヘランでの路上生活もだいぶ慣れてきた。 私は以前からこのスタイルだが、一緒にいる二人はどう思っているのだろうか。 しかし、はたから見ると二人とも立派な路上生活者である。 特にタトゥなど、ここ毎日路上 ...

no image

荷物全盗難

2006/06/22   -09砂漠超え編

朝、目が覚めると隣で寝ていた宮君は既に起きていた。 ボッーと隣で座り込んでいて、なんだか視線は遠くを見ているようだ。 「おはよう、宮君、はやいね」 と私が声を掛けると 「荷物が無くなりました。」 とポ ...

no image

引き継がれた自転車

2006/06/10   -09砂漠超え編
 

イラン道路の路面は非常に滑らかで走りやすい、そのせいか車も猛スピードで走っている。 日本で言うなら高速道路の脇を自転車で走っている様な感じだろうか、路肩があるので自転車も走れるが、路肩が無ければ相当に ...

no image

三人目の併走者

2006/05/29   -09砂漠超え編
 

砂漠を越えてケルマーンと言う比較的大きな街に着いた。 「オアシス」という言葉があるけれど、砂漠を走行し辿り着いた街はまさに「オアシス」に感じる。人が生活している所には水があるのだ。 ここケルマーンには ...

no image

ひったくられた帽子

2006/05/24   -09砂漠超え編
 

イランの砂漠の中にポツンとあるバムの町を走行中のこと。 後ろからバイクの音が近づいて来たのは分かっていたが、まさか帽子をひったくるとは思わなかった。 イランの若者が旅行者をからかう為に帽子を持って行っ ...

no image

烈風

昨日から吹いている強い風が明け方になっても止んでいない。 夜中一時止んでいた様子だったけど、朝にはまた吹き始めていた「この風の中を進むの?」と悩むような強さだ。 私達が自発的に出発せずに風の様子を見て ...

no image

病院と孤児院で手品

 2005年の10月8日、パキスタン北部を大きな地震が襲い9万人以上の死者を出した。このニュースはまだ記憶に新しい。  地震から半年経った今でもパキスタンでは多くの人が被災から立ち直れていない。カラコ ...

no image

恐怖の道

「桃源郷」と呼ばれるフンザを目指してカラコルムハイウェイに入った。 ハイゥエイと言っても高速道路でなはく山岳部を走るただの道。しかしこの道が恐怖の道なのだ。恐怖度で言うとチベットよりも格段に怖い。 何 ...

no image

パキスタン入国

昨夜はシーク教徒の総本山であるゴールデンテンプルの無料宿泊所に泊まった。 ここからパキスタンの国境までは30kmもないそうだ。朝7時に宿泊所を出発して国境を目指した。今日は生憎の曇り空で、今にも雨が降 ...

Copyright© けいの無銭旅行記 日記のページ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.