【写真付き解説】イタリア鉄道Trenitalia乗車券自動発券機の使い方

 観光大国イタリア、毎年多くの人がイタリアを訪れています。旅行者の多いイタリアでは国内を移動する方法がいくつかありますが、鉄道はその中でも主要な移動手段となっています。

 ローマやミラノ、フィレンツェ、ベネチアといった名だたる観光地の行き来を最も簡単に行うのが鉄道であるといっても過言でありません。

 今回はその鉄道のチケットを買うための自動販売機の利用方法を解説しました。

 もちろん乗車券はTrenitaliaの窓口でも購入できますが、自動販売機を利用すると窓口が混んでいる場合でも簡単にチケットを買うことができます。

【写真】鉄道駅には乗車券販売機がずらりと並ぶ

鉄道駅には自動販売機がある

 イタリア、Trenitalia鉄道駅には窓口と自動販売機があります。窓口は係員が一人ひとり対応するので時として行列になったりします。
 自動販売機の利用方法を覚えておけば窓口が混んでいても、販売機で素早く乗車券を買えることもあります。
 またイタリアの自動販売機は北のミラノから南のシチリアまで共通なので一度使い方を覚えてしまえば、イタリア国内どこに行っても使うことができます。

【写真】ベネチアの駅の自動販売機

現金か、カード購入か

 自動販売機でチケットを購入するにあたり、一番最初に考えるのは、乗車券を現金で買うか、カードで購入するのかということです。
 なぜなら自動販売機にはカードしか使えない機械があるからです。カードで購入すると決めているのであれば、どの機械で購入しても大丈夫ですが、現金は使えない機械があるので注意が必要です。
 まずは下の写真の青枠の部分を見てください。現金のマークがあるものだけが現金が使用できる機械です。
自動販売機の利用の第一歩は、現金かカードかの確認です。

【写真】現金が使えるかどうかを確認

 現金が使いたい場合は気をつけてください。

購入方法の実際

 自動販売機の初期画面は下の写真のようです。画面はすべてタッチパネル式なので画面に直接触って操作します。
 イタリア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、英語など複数の言語を選べますが日本語はありませんのでわかりやすい英語を選んでください。
 

【写真】初期画面で英語、英国の国旗をクリックします

 英語をクリックすると音声で「スリに気を付けてください」と流れます。切符を買うために操作に夢中になって自分の荷物や貴重品をおろそかにしないように、イタリアは置き引きやスリが非常に多いので注意が必要です。

 

【写真】次の画面ではBuy your ticketを選択クリックしてください

 
 次の画面では出発駅から行先を選ぶ画面になります。通常出発駅は、自動販売機の置かれている駅名が設定されています。
 

【写真】乗車券を買う場合の画面、出発地は自動販売機の置かれている駅名になっている

 この出発駅名を変更したい場合は

【写真】出発駅を変更する場合は、赤枠のMODIFYをクリック

 画面にはいくつか、よく利用される駅や、大都市、近郊の候補がいくつか表示されています。表示されている目的地に向かう場合はそれらの駅名をクリックします。
 また表示されていない場合は、下の画面のようにOther Stationsをクリックします。するとキーボードが表示されるのでそこに目的地の駅名をアルファベット入力します。

【写真】行先が候補にない場合は、Other Stationsをクリックします。

 最初の数文字を入力すると候補が表示されるのでそこから選べます。下の写真。

【写真】目的地の地名を数文字打ち込むと候補が表示される

 出発地、目的地が決定したら次の画面に進みます。
 次の画面では日時を決定します。左側に表示されているのが月日です、また右側が時間帯になっています。8時から、12時からという具合に自分が乗りたいと思った時間帯を選択します。そして画面右下のCONFIRMをクリックします。

【写真】日時を設定します。

 次の画面に進むと、日時で選択した時間帯の電車が表示されます。この表には出発時間、目的地までの所要時間、電車の種類また料金が表示されています。

【写真】電車の発着時刻、所用時間、種類、料金が表示されています

 リスト内に購入したい時間のものがあったら右側の買い物かごマークをクリックしてください。
 さらに遅い時間帯を希望の場合は右下方にあるNEXT SOLUTIONをクリックすると次の時間のものが表示されます。

【写真】リストの時間より遅くする場合はNEXT SOLUTIONをクリック

 次のページで購入したい枚数の設定ができます。ご家族や友人と同一の目的地であったら、ここでまとめて数枚買うことができます。

【写真】購入枚数を決める

 支払いに進む前にもう一度、日時、料金確認画面があります。よければPURCHASEを押して支払い画面にいきます。

【写真】支払いの前に最終確認画面、日時、合計金額など確認、よければPURCHASEをクリック




支払い画面

 発着の駅、日時、枚数などが決定したら支払いのページ進みます。先に述べたように支払いは現金またはカードで行えます。下の画面の状態で現金は左、カードは右をクリックします。
 

【写真】現金かカードを選択します。

 コインや紙幣を入れる場所は下の写真です。

【写真】コインや紙幣を入れる

【写真】コインは上部、紙幣は下部から投入します

また現金を投入していると、現在の投入金額、また必要金額などが表示されます。

【写真】現金の投入金額、必要金額が表示される。

カードの場合はカード挿入口にカードを差し込み、PINコードを打ち込み、数字キー内にあるOKを押します。

【写真】カードを入れてPINを打ち、OKを押す

【写真】PIN暗証番号を入力後右隅のOKを押す

 またタッチレスカードにも対応しています。その場合は写真の部分にカードをさらします。

【写真】タッチレスカード対応

 現金、カードいずれの場合も料金支払いが終了すると下の画面が表示されて、切符が下の取り出し口からでてきます。

【写真】支払いが終了するとこの画面になり、チケットが下の取り出し口からでてきます

要注意

 切符を購入中はつい、機械の方に意識を取られてしまい荷物の管理がおろそかになりがちです、貴重品の管理、そして置き引きに注意してください。
 
 また切符を購入していると「手伝おうか?」と人が近づいてくることがありますが、気をつけてください。手伝ってからチップを請求されます。

 またコインや紙幣のお釣りを狙う人もいますので、切符購入中は不審者の接近を許さないようにしてください。

【写真】紙幣のお釣りはこの様に出てくるので取り忘れないように

乗車前には必ず刻印機を通します

 電車に乗る前に必ず刻印機に切符を通し、刻印しましょう。
 イタリアでは改札口がないので自ら刻印することで切符を有効かします。例え切符を持っていても刻印されていないと無賃乗車扱いになることもあります。
 刻印機はホームの脇などにあります。

【写真】チケットに刻印するのを忘れずに!!

 イタリアの電車を乗りこなしてイタリア国内を快適に移動しましょう。

<関連リンク>
・【写真付き解説】イタリア鉄道駅の時刻表の見方
・【写真付き解説】ローマ、地下鉄の乗り方
<スポンサーリンク>
海外送金に革命!早く、レートが良く、手数料が安い→TransferWise