イタリアの速達郵便SDAと解説SDAのトラッキング追跡方法

 イタリアにも速達郵便があります、Postitaliaが取り扱うSDAと呼ばれるものです。SDAはPostaitaliaのいわゆる郵便局の子会社です。

 SDAはイタリア国内はもちろん、ヨーロッパ圏の配達が素早く行えます。

SDA(イタリア語)

 例えばイタリアでオンラインで買い物をした場合このSDAで配達される可能性もあります。

 以前は評判のよくないイタリアの郵便事情だったのですが、近年は飛躍的に向上し、配達物が消えた、戻ったなどはあまり聞かないようになりました。

SDAはイタリアの宅配便会社

 SDAはイタリアの宅配便の会社です。先述しましたがイタリアの郵便局の子会社であり、国内の宅配便となるどこのSDAが請負荷物を宅配することになります。

 イタリア語と英語ですがSDAのサイトは→http://www.sda.it/

予想に反して正確

 イタリアの郵便事情は日本に比べてよくないと聞きます。

「荷物が消えた」とか「荷物が届けられずに送り主に戻った」などと聞いたことがあったので不安だったのですが、現在までSDAを利用して、消えたということはありませんでした。

 近年は追跡番号によるトラッキング追跡もできますので、さらに安心です。
 

SDAの配達実際

 2019年に入ってからSDAでトリノからローマに配達を頼んだのでその実例を紹介。

 トリノからローマまでかかった日数は2日。

【写真】SDAのトラッキングナンバーは13桁のこの数字

 送信先からトラッキングナンバーを教えてもらいSDA追跡のページに教えてもらったトレッキングナンバーを記入します。

【写真】SDAのページ赤枠の中にコードを記入

 もう一度コードの確認画面があります。

【画面キャプチャ】SDAの追跡方法

 番号を確認して赤い丸の部分をクリック。
 すると、次の画面に荷物が今どこにあるかがわかります。
下の画面は既に荷物が到着しているの到着後の画面です。配達中は到着まで「何パーセント」という表示方法でした。
 

【画面キャプチャ】SDAのトラッキング画面です

 これでSDAの配達荷物を簡単に現在地を確認することができます。

<関連リンク>
・2019年 日本からイタリアにEMSで小包を送る。かかった時間など。
・イタリア 2015年日本からイタリアの地方に荷物を送ってみました。しかも8月。
・2016年 日本からイタリアにEMSを送ってみた、料金、所要日数など。
<スポンサーリンク>
海外送金に革命!早く、レートが良く、手数料が安い→TransferWise