【写真付き解説】イタリア鉄道駅の時刻表の見方

【写真】電車の種類と番号

 イタリアを旅行するのであればとても便利な鉄道。

 鉄道駅には必ず時刻表があります。

 一見すると時刻表なのですが、様々な情報が表示されています。今回はどんな情報が表示されているのかを解説します。

【写真】イタリア鉄道駅にある時刻表の解説

【写真】イタリア鉄道駅にある時刻表の解説

大きな駅、主要駅では電子時刻表

 イタリアに主要都市、ミラノ、ローマ、ナポリ、フィレンツェ、ベネチアでは電子時刻表がメインになっています。

 駅に入ると大きな電子時刻表が目立ちます。

主要駅には電子時刻表

【写真】主要駅には電子時刻表がある

 電子時刻表には二つあります。
一つは出発時刻表、そしてもう一つは到着時刻表です。
これはイタリア語の出発「PARTENZE」と到着「ARRIVI」で見分けます。
時刻表には小さく横に英語で出発「DEPARTURE」と到着「ARRIVALS」と表記されています。

イタリア語で出発はPARTENZE

【写真】イタリア語で出発はPARTENZE

【写真】ARRIVIは到着時刻表

【写真】ARRIVIは到着時刻表

 駅から出発する時はPARTENZEの時刻表を見ます。

電子時刻表に表記されているもの

 出発の電子時刻表に表記されているものは左から順に

【写真】出発時刻表に表記されているもの

【写真】出発時刻表に表記されているもの

・電車の種類と番号(TRENO伊、TRAIN英)
 特急か、イタロか、鈍行かなど電車の種類です。
 イタリアの電車にはすべて番号があります。その番号です。

・目的地(DESTINAZIONE伊、DESTINATION英)
 電車の最終目的地です。

・出発時刻(ORARIO伊、TIME英)
 電車が駅を出発する時間です。

・遅延具合(RITARDO伊、DELAY英)
 電車の遅れ具合が表示されています。

・通過駅(INFORMATIONE伊、INFORMATION英)
 目的地までに停車する駅です。

・出発ホーム(BINARIO伊、PLATFORM英)
 その電車が出発するホームの番号です。

実際に写真に解説を記入してみます。

電車の種類と番号

 

【写真】電車の種類と番号

【写真】電車の種類と番号

 上の写真のこの場所には電車の種類と番号が書かれています。
・電車の種類は
 italo 特急イタロ
 Freccia Rossa 特急 フレッチャ・ロッサ
 Freccia Bianca 特急 フレッチャ・ビアンカ
 Inter city 急行 インターシティ
 Leonardo express 急行 レオナルド・エクスプレス
 Trenitalia 鈍行、急行

・また二文字の記号は
 ”AV” Alta Velocità 特急
 ”RV” Regionale Veloce 急行または早い鈍行
 ”R” Regionale 鈍行

・4~5桁の数字は電車番号です。

以上のことを踏まえてもう一度下の、表示の赤線部を見てみてください。
 

【写真】電気時刻表試し読み

【写真】電気時刻表試し読み

 赤線部は「Freccia Rossa AV 9444」なので「フレッチャ・ロッサ 特急 電車番号9444」となります。

目的地

 ここには電車の最終目的地が表示されています。

【写真】電車の目的地

【写真】電車の目的地

 有名な駅名ですと、わかります、ミラノやベネチア、ローカルの行先は数多くあり、見慣れないものもあります。



出発時刻

時刻表の下の赤枠の部分が出発時刻になります。イタリアには到着時刻表もありますので間違えないようにしてください。

【写真】時刻表の時間の表示されている部分

【写真】時刻表の時間の表示されている部分

 これは出発時刻表の場合、出発時間を表示しています。

遅延状態

 
 この欄には遅延状態が「分」単位で表示されます。

【写真】この欄には遅延状態が表示されています

 写真を見ると10と5が表示されています。それぞれ10分遅れ、5分遅れという意味です。60分は1時間、イタリアでは180分遅れということも時にはあります。

通過駅名と時刻

  インフォメーションと書かれた欄には、通常停車駅と時刻がスクロールで表示されています。

【写真】この欄には通常停車駅が表示されます

【写真】この欄には通常停車駅と時刻が表示されます

 途中下車の場合はこの欄で自分が降りたい駅名が表示されるかを確認します。
 例えば、ローマからフィレンツェに行く場合、ベネチア行きに乗ります。フィレンツェは途中下車になるのでここでフィレンツェ駅があるか確認できます。

出発ホーム

 最後に出発ホームです。電車のチケットがあり、いざ電車に乗るという場合、この出発ホームの表示が重要です。
 自分の乗る電車のホームを見つけて早めに行きたいところです。
 ところがイタリアはホームがなかなか表示されないこともあります。下の写真でもいくつかはまだ出発ホームが表示されていないのがわかります。
 

【写真】出発ホームはここに表示されます。重要です

【写真】出発ホームはここに表示されます。重要です

実は紙の時刻表もあります

 電子時刻表が目立つので見やすいのですが、駅には紙の時刻表もあります。ひっそりとしていて見落としがちですが、紙の時刻表は一日分の時刻表がすべて表示されているので電子表示より先に出発ホームを知る手掛かりになります。

 イタリアの場合、出発ホームはよく変更されるので紙の時刻表はあくまでも目安にするとよいでしょう。

あまり目立たない紙の時刻表

【写真】あまり目立たない紙の時刻表

 紙の時刻表にも「出発時刻表」と「到着時刻表」があります。
 「出発時刻表」は薄い黄色の時刻表です。「到着時刻表」は白い時刻表です。
 下の写真は「出発時刻表」の写真です。
 赤い下線部に電子時刻表同様「PARTENZE」と表記してあります。

【写真】紙の出発時刻表

【写真】紙の出発時刻表

 到着時刻表の方は白です。
【写真】紙の到着時刻表は白い紙

【写真】紙の到着時刻表は白い紙

紙の時刻表の見方

 紙の時刻表も掲載されている情報は電子時刻表の方と同じです。下の写真を参考に見てください。

【写真】紙の時刻表に掲載されている情報

【写真】紙の時刻表に掲載されている情報

 出発ホームも掲載されていますが、イタリアの場合は変更も多いのでくれぐれも電気時刻表で最終確認を行ってください。
 途中停車する駅や時刻は下の赤枠内に記載されています。
【写真】ここに途中停車駅と時刻が記載されている

【写真】ここに途中停車駅と時刻が記載されている

要注意!

 ・イタリアの電車は非常によく遅延しますので電車接続する場合は余裕をもって予定を組みましょう。
 ・イタリアのローカル電車、鈍行は車内で置き引きなども多いので常に荷物には注意を払いましょう。間違えても貴重品を置いて席を離れないように。
 ・乗車5分前にホームが変更ということもありますので、電車に乗り込むまでは気を抜かないようにしてください。

以上です。
<関連リンク>
・【写真付き解説】italoのチケットを買って実際に乗車するまでを解説
・【写真付き解説】イタリア鉄道Trenitalia乗車券自動発券機の使い方