Sleep Outside

2004年4月 インド 「ダバ」編


インド野宿

 インドでの野宿は簡単にできる。観光地では旅行者を騙そうとする人がいるが、自転車で訪れる田舎ではあまりそういう人に会わない。それよりは、「今日はここに寝ていいぞ」と暖かい言葉をかけられることがよくあった。

インド野宿
 幹線沿いには「ダバ」と呼ばれるトラックの運転手の休憩所があり、カレーが
一食30円くらいから食べられる。そしてなんと言ってもここで夜を明かしていくことができる。ダバでは鉄や木枠に縄を張ったインド式ベットが沢山置いてあり、利用は無料である。
インド野宿
このアミベットはなかなか寝心地がいい、しかも一応ダバの敷地内なので安心して眠れる。
インドシャワー
そのうえダバでは、シャワーではないが、水浴びを出来る所もあり、ここで汗を流すことができる。更この横で手洗い洗濯もできる。
インド野宿ダバ
 外国人が寝ていると珍しいのか、朝起きると大勢の人に囲まれていることもある。インドでは幹線、国道沿いはダバを渡り歩いていく。