Sleep Outside

2006年6月イラン エスファハン 世界の半分で野宿

イランエスファハン野宿

 イランの古都エスファハンは標高1575m、イラン高原にあるオアシス的都市である。ここのイマーム
広場と呼ばれる広場は1979年にユネスコの世界遺産文化に登録されている。青を基調とした精密な
アラベスク模様のタイルで覆われた壮厳なモスクや宮殿によって囲まれていることから、かつては
「ここは世界の半分がある」とも言われた。さすがにここは今までの公園とは違うだろうと思っていた
が、理人さんらしき人というか庭師?に尋ねたところ、イマーム広場はテントさえ張らなければ芝生の
上に寝ころんで夜を明かしていいとのこと、よく見ると周りにも寝転んでいる人々が!というわけで
我々もここイマーム広場で野宿させていただいた。トイレも水道も24時間開いているのでかなり快適
な野宿になりました。