*

【野宿関連】バックパッカーにお勧めのテントの条件。

公開日: : 最終更新日:2015/03/12 野宿関連, バックパッカー, 旅行術

 バックパック旅行をしている者にとって旅行費の節約は大きな課題だ。どうしてもかかる費用は食費、移動費、そして宿泊費だ。そんな時テントを持参していれば宿泊費を大幅に節約できる。

ヨーロッパ バックパッカーテント

【写真】テント泊は宿泊費の大幅な節約になる。

 まず、同じくバックパッカーが利用するドミトリールームと比較してテントどんなメリットがあるかあげてみたい。

メリットは

1.一応はプライベート空間。

 外部とは布一枚で隔たれているとはいえ、一応はプライベートな空間になる。ここはドミトリールームと大きく違うところ。

2.ベットバグから回避できる。

 いわゆる南京虫やダニなどベットについている虫から回避できる。常に自分が管理しているマットと寝袋を使用するのでこれらの虫がつきにくい。

3.料金が安いまたは無料。

 キャンプ場でもテントを持参すると最も安い価格になる。

 またよい空きスペースがあれば無料で泊れるかもしれない、しかしこの場合は危険に対して留意しなければならない。

逆にデメリットは

1.場所の確保が困難な場合がある。

 テントを設置するには一定の空間の確保が必要になってくる。これは都会であればあるほど困難で場所を見つけるのが難しい。

 またキャンプ場は郊外にあることが多いのでそこまで移動しなければならない。

2.外部から影響を受ける。

 雨、風などの天候の変化に大きく影響を受ける。夜中にスコールが襲ってきた場合などとても安眠どころではない。

 また冬の寒さから、夏の暑さまで外部の気温も睡眠に影響する。察しのとおり気温が低ければ寒いだろうし、夏の炎天下ではテント内はサウナのように暑くなる。

3.設置、撤収が手間。

 テントには設営し、出発する時には撤収が必要になる。

4.電源が確保できない。

 テントは外なのでコンセントはない。キャンプ場によってはテント内に電気が引ける。

などである。

 以上を踏まえたうえで

ではどういったテントがよいかの?

1.外部の環境に影響されにくい。

 雨が振っては浸水、風が吹いてはテントがゆがむのでは寝ていられたものではない。こういった状況はよくあるので、少しでも防水性に優れ、骨格がシッカリしたテントが望ましい。

 防水の基準は5000m対応とか10000m対応などで表記されているが、この数値が高いほど、水に対して強い防水性を発揮する。逆にこういった表記がないテントは全く防水性がないこともあるので注意。

 通常の旅行であれば防水1500m対応のテントであれば十分だろう。

 またテントをなす骨格も重要な要素だ。

 軽量化を図るために一本ポールというテントもあるが、ペグ(テントを固定するためのピン)がシッカリ打ち込める場所が必要。

 様々な場所でテントを張っていると分かるがペグが打ち込めない硬い地面なども多い。

 その点2本ポールのドーム型は仮にペグが打ち込めなくても中に荷物をおけばシッカリと安定する。

2.地味目の色のテントがよい。

 登山用のテントであればオレンジや、赤などの明るい色を基調としたテントが多いが、バックパッカーが使用するのであれば、地味な色のテントがよいだろう。できれば草木に近いグリーンや、暗い青などがよい。

 それはなぜか?

 単純に色が明るいと目立つからである。

 色が明るければ一瞬で「あそこにテントがある」と分かるからだ。登山用のテントであれば、目立つほうがよいだろうが、バックパッカーが使用するテントは目立たないほうがよい。低い雑木の中や、林の中で地味に目立たない色の方が安全だ。

 夜の闇にまみれるためにもテント生地は暗いものがよいだろう。

緑のテントは木々にまみれて目立たない。

緑色のテントは木々にまみれて目立たない。

3.軽量なものを

 バックパッカーは基本的に荷を背中に背負うので携帯性の優れたテントがよいだろう。重ければその重みが自身の体にかかってくる。逆に軽ければ軽いほどよい。目安として一人用なら1kg前後。
 
 また収納時にコンパクトになるものがよい。

【まとめ】

 以上のことを考慮すると、バックパッカーが持つべきテント像が見えてくる。

 小型、軽量であり、防水性に優れた、色の地味なテントがよい。

 こういったテントを手に入れれば旅行の費用を節約するための大きなアイテムになるだろう。

(しかしバックパッカーであってもテントを全く使わないスタイルで旅行する場合はただの荷物になるので注意)


関連記事

ユーロスピンの100%のジュースは3種類。いずれも1l 0.99ユーロ(130円)

【旅行術】ユーロスピンの100%ジュースパイナップル。

 イタリアのディスカウント系スーパーユーロスピンオリジナルの100%果汁のジュースは4種類ある。

記事を読む

野宿

【野宿関連】野宿の分類・素野宿(日本編)

 野宿の方法を考えて、思考をめぐらせている間に野宿にはキチンとした定義が無いことが分かった。

記事を読む

野宿の様子。

【野宿関連】野宿のルール。

 地上であればどんなところでも一夜を明かせる寝法である野宿。  これまで数回に分けて、道具の有

記事を読む

【写真】野宿を分類するとどうなるか。

【野宿関連】完全野宿マニュアル その6 野宿の分類。

 以前の野宿関連記事でも野宿の分類を試みた。単に「野宿」と言っても、準備があるかないか、外気温は高い

記事を読む

ユーロスピンで売っているOriginario 2kgで1.89ユーロ(約254円)。

【旅行術】イタリア バックパッカーお米を買うならディスカウント系スーパーで。

 イタリアを節約旅行していると切りピザやパニーニといったサンドイッチ、ケバブなどを食べ続けることにな

記事を読む

【旅行術】実際に旅行者がクレジットカードを使わずに海外に送金してみる。

 旅行の必需品であるクレジットカードが紛失したり使用不可になった場合の送金方法を前回の記事にて述べま

記事を読む

イタリア系ディスカウントスーパーディコdico

【旅行術】イタリア ディスカウント系スーパーディコdico。

 イタリア発のディスカウント系スーパーといえばユーロスピンが有名だが、イタリアにはそれ以外にもディス

記事を読む

クロアチアの郵便ポスト

【郵送】クロアチアから絵葉書を送る

 本日、クロアチアから日本に絵葉書を送りました。 [/caption] 2013年3月の時点

記事を読む

野宿の様子

【野宿関連02】野宿の服装

 前回の野宿話で、野宿では服装が大事という話をした。  しかし実際の野宿は予定外、行き当たりば

記事を読む

【旅行術】カーチサーフィンを勧める人はカーチサーフィン向きの人

 現地の人と旅行者を繋ぐサービスとして有名なカウチサーフィン。近年は日本人旅行者の間でも知名度が上が

記事を読む

Comment

  1. […] テントの色に関しては、こちらの記事を参考にしたんでよかったら→バックパッカーにお勧めのテントの条件 […]

  2. […] テントの色に関しては、こちらの記事も参考にしたんでよかったら→バックパッカーにお勧めのテントの条件 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【エベレスト登山】一目瞭然!エベレスト関連記事目次、インデックス。

 2013年からコツコツと書いていたエベレストの関連記事が100を越え

【図+写真、山を登ったことない人でもわかる】エベレスト南西壁の難しさ。

(adsbygoogle = window.adsby

【エベレスト登山】頂上直下の難所ヒラリーステップ崩壊か?

 2017年5月  ネパール側からエベレストの山頂を目指す場合、

【エベレスト登山】2017年登山許可を取らずにエベレスト登山をして逮捕される。

 2017年5月  5月中旬を過ぎると春季エベレストの登頂の

【エベレスト登山】10分で分かる!ネパール側南東稜登山を図解、写真、動画で解説。

 近年有名人のチャレンジや、エベレストを舞台にした映画などの影響でエベ

→もっと見る

PAGE TOP ↑