*

【閲覧注意】標高5300mエベレストベースキャンプにおけるヤクのフンの状態。

公開日: : 最終更新日:2015/03/10 エベレスト登山

 エベレストベースキャンプには荷物を運ぶ担い手として毛長牛、ヤクが用いられる。

【写真】ベースキャンプへ荷を運ぶために用いられる毛長牛のヤク。

【写真】ベースキャンプへ荷を運ぶために用いられる毛長牛のヤク。

 登山のために大量の食料、テント、登山道具をベースキャンプに運び込むために大量のヤクがベースキャンプを訪れる。

 そのヤクのフンの状態の写真である。

【写真】ベースキャンプに残されたヤクのフン。

【写真】ベースキャンプに残されたヤクのフン。

 ベースキャンプは山からの崩れ落ちた積載物の上に設置される。そしてその積載物の下は氷河。

 写真はフンの周りの氷だけが日差しで溶け、フンが乗っている部分が隆起している状態である。

 氷河の上、岩と石しかない場所なので微生物がおらずフンは分解されない。しかしベースキャンプにはこれらを清掃する人がいるので、ある程度キレイに保たれている。

【写真】ベースキャンプのテントは氷河、その上に堆積した石、岩の上に張られる。

【写真】ベースキャンプのテントは氷河、その上に堆積した石、岩の上に張られる。

【関連リンク】
【エベレスト】深刻化するエベレストのゴミ・排泄物問題。


関連記事

【写真】初心者でもエベレストは登れるか?(左がエベレスト)

【エベレスト登山】登山初心者がエベレストに登れますか?

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p

記事を読む

カラパタールからのエベレスト。中央の黒い山がエベレスト。

【エベレスト登山】エベレスト登山に必要なもの4つ。その1、時間。

 世界最高峰であるエベレストの登頂者は年々増加傾向にある。 [/caption]  商業

記事を読む

【写真】1996年エベレスト史上最悪の遭難はどうして起こったのか?

【エベレスト登山】1996年エベレスト大量遭難事故は何故起きたか。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p

記事を読む

【写真】エベレスト登山では高度順応が大事。

【エベレスト登山】ネパール政府が登山初心者のエベレスト登山を禁止。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p

記事を読む

【エベレスト登山】2016年なすび氏がエベレスト4度目の挑戦を表明。

2016年3月6日深夜、なすび氏が本年度エベレストに再びチャレンジする発言。 なすび氏はこれまで3

記事を読む

エベレストの登山は他の山に比べて格段に費用がかかる。

【エベレスト登山】エベレスト登山に必要なもの4つ。その2、資金。

 世界最高峰のエベレスト8848mの登山に挑戦するには少なくとも4つのものが必要である。(この記事は

記事を読む

ベースキャンプからアイスフォールを抜けてキャンプ1へ。

【エベレスト登山】図解+写真でエベレスト南東稜登山。その2 ベースキャンプからキャンプ1。

図解入りでエベレスト南東稜ノーマルルートを解説していく、第2回。  前回はエベレス

記事を読む

ローツェフェイス

【エベレスト登山】南東稜 ローツェフェイス

 標高6400mのキャンプ2を出発、ウェスタンクームの谷上部をローツェ(8,516m)の山にぶつかる

記事を読む

【エベレスト】深刻化するエベレストのゴミ・排泄物問題。

 近年のエベレスト登山者の増加により、エベレストのゴミ、特に人間の排泄物の蓄積が問題になりつつある。

記事を読む

サウスコルから見上げたエベレスト

【エベレスト登山】写真で見る 南東稜登山ダイジェスト

 エベレスト南東稜登山を5300mのベースキャンプから山頂8848mまでを写真で一気に見る。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【エベレスト登山】一目瞭然!エベレスト関連記事目次、インデックス。

 2013年からコツコツと書いていたエベレストの関連記事が100を越え

【小学生用】小学生でも分かるエベレスト登山、かんたんせつめい。

 小学校が冬休みというこで小学生でも分かるようにエベレストの上り方をか

【図+写真、山を登ったことない人でもわかる】エベレスト南西壁の難しさ。

(adsbygoogle = window.adsby

【エベレスト登山】頂上直下の難所ヒラリーステップ崩壊か?

 2017年5月  ネパール側からエベレストの山頂を目指す場合、

【エベレスト登山】2017年登山許可を取らずにエベレスト登山をして逮捕される。

 2017年5月  5月中旬を過ぎると春季エベレストの登頂の

→もっと見る

PAGE TOP ↑