*

【エベレスト登山】頂上直下の難所ヒラリーステップ崩壊か?

 2017年5月

 ネパール側からエベレストの山頂を目指す場合、ノーマルルート呼ばれる南東陵から山頂を目指すのが一般的だ。

 山頂までの道のりにいくつかの難所が構えているが、その中でも有名なのがヒラリーステップと呼ばれる頂上直下標高8790mにある岩場ではないだろうか。

 2017年5月ヒラリーステップが崩壊したとの報告がされた。これは一体どういうことなのだろうか?

そもそもヒラリーステップとは?

 ヒラリーステップとは既述の通りエベレスト山頂直前にある岩場の呼び名である。

 1953年5月29日エベレストに人類史上初めて登頂したエドモンド・ヒラリーがこのステップを切り開いたとされ、そのヒラリーにちなんで名がつけられた。

 

【写真】標高8790mにあるヒラリーステップ。

【写真】標高8790mにあるヒラリーステップ。

どうして難所なのか?

 写真を見てもらうと分かるが、ヒラリーステップは急な岩場と雪の部分が混ざりあい、そこに高さ12mになる岩がそびえ立っている。 

 右手側は3000mほど切れ落ちており、また左手側も2400mの絶壁になっている。一つでも足を滑らせると危険な場所である。

 毎年、最初に登頂するグループがここにはロープを固定するので、通常登山者はこのロープに体を固定して登っていくことになる。

 ロープの助けをかりることができるので登山者は通過しやすくなっている。

【写真】ヒラリーステップのロープ群。

【写真】ヒラリーステップのロープ群。

 1953年ヒラリーが初めてこの岩場を通過する時は雪と岩の亀裂部分をヒラリーは進んで行ったとの報告がある。Hillary Step(Wiki)

 また登山者が増加している近年では、技術的な難所という意味でなく、登山者が一人ずつしか通過できないため、長時間待つことになるという意味での難所にもなっている。

ヒラリーステップ崩壊の報告

2017年5月21日報告されたニュースのタイトルは

Mount Everest’s Hillary Step has collapsed, mountaineer confirms

ヒラリーステップの崩壊が登山者によって確認される

引用元

であった。
 この記事によると、

Tim Mosedale says destruction of rocky outcrop, possibly in 2015 earthquake, may make climbing to summit more dangerous
ティム・モセダーレ氏は岩場が壊れている、恐らく2015年にネパールを襲った大震災の影響で、これにより、山頂への道のりがより危険になるだろう。

と書かれています。以前ヒラリーステップには12mの垂直の岩場があったのに、それが確認できなかったとなっています。

 恐らくは地震でエベレスト山頂付近の岩場が大きく崩壊したということなのでしょう。

 このヒラリーステップの崩壊により、登山者はこの地帯を迂回する必要が出てきます。

ところが、2日後

 実はヒラリーステップは雪に埋もれているだけだったというニュースが発表されました。

Mount Everest’s Hillary Step is still there, say Nepalese climbersヒラリーステップはまだあるとネパールの登山家達

“[It is] intact, except that there’s lots more snow on it so the rock portion is not easily visible,” he told the Associated Press.
「雪がたくさんあり、岩場が見えにくいがヒラリーステップは以前と変わらない場所にある」とネパール登山協会の会長アンチェリン・シェルパは記者に述べたそうです。

 
 またネパール観光局は

“We have not received any formal report or information.”

「私たちは(ヒラリーステップ崩壊に関する)正式な報告や情報を受け取っていない」
と言っています。

 結局、ヒラリーステップは崩壊したのでしょうか、それとも雪に埋もれているだけなのでしょうか。真実は世界の最も高いところだけに確認が難しいようです。

<関連リンク>
【エベレスト登山】ネパール政府がエベレスト難所ヒラリーステップにはしご設置を検討。
【エベレスト登山】南東稜側からの難易度は?
(外部)(英語)Hillary Step Wikipedia
(外部)(英語)Mount Everest’s Hillary Step has collapsed, mountaineer confirms
(外部)(英語)Mount Everest’s Hillary Step is still there, say Nepalese climbers
ツイッターで更新、最新情報をつぶやいています。


<スポンサーサイト>
ヨーロッパを旅行するならBooking.comがお勧め。
海外ホテル検索

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck


関連記事

【写真】1996年エベレスト史上最悪の遭難はどうして起こったのか?

【エベレスト登山】2015年なすび氏エベレスト下山を開始。

 2015年4月25日、ネパールをマグニチュード7.8の巨大地震が襲った。その影響でエベレストベース

記事を読む

【エベレスト登山】2017年登山許可を取らずにエベレスト登山をして逮捕される。

 2017年5月  5月中旬を過ぎると春季エベレストの登頂のニュースが飛び込んでくる今日こ

記事を読む

【【写真】2014年ネパール側からの登山はすべて中止。

【エベレスト登山】2014年なすび氏がエベレストに再チャレンジ。

 大衆化が進むエベレスト、登山経験がそれほどなくてもエベレストにチャレンジできる時代になりつつある。

記事を読む

【写真】ネパール側キャンプ3からのぞむエベレスト。

【エベレスト登山】「エベレストに登りたい」と考えたらどうするか。

 エベレスト初登頂がなされた1953年頃に比べれると今日エベレスト登山はそれほど難しいものでなくなっ

記事を読む

エベレスト街道の途中からいよいよエベレストが見え始じめる。

【エベレスト登山】ゼロからはじめるエベレスト登頂へのアプローチ方法。その3。

 公募隊に参加し、装備をそろえたらいよいよエベレストを有する国ネパールに向かう。(この記事は南東稜ノ

記事を読む

【エベレスト登山】ローツェフェイスとキャンプ3

 キャンプ2(標高6400m)を出発し、ウェスタンクームの上部のなだらかな雪原を進むと、ローツェの正

記事を読む

ローツェフェイスとキャンプ2

【エベレスト登山】南東稜キャンプ2 標高6400m

 ウェスタンクームの雪原を進むと左手奥、エベレスト南西壁の基部にキャンプ2標高6400mが見えてくる

記事を読む

【写真】1996年エベレスト史上最悪の遭難はどうして起こったのか?

【エベレスト登山】1996年エベレスト大量遭難事故は何故起きたか。

 1996年、ネパール側からのエベレストを目指した登山隊8人が命を落とす惨事が起こった。

記事を読む

【エベレスト登山】2016年なすび氏がエベレスト4度目の挑戦を表明。

2016年3月6日深夜、なすび氏が本年度エベレストに再びチャレンジする発言。 なすび氏はこれまで3

記事を読む

【エベレスト登山】エベレスト山頂付近の遺体はなぜ回収できないのか。

 2000年を向かえ、年々登山者が増加傾向にあるエベレスト。  登山シーズンになると山頂まで固

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【エベレスト登山】一目瞭然!エベレスト関連記事目次、インデックス。

 2013年からコツコツと書いていたエベレストの関連記事が100を越え

【エベレスト登山】頂上直下の難所ヒラリーステップ崩壊か?

 2017年5月  ネパール側からエベレストの山頂を目指す場合、

【エベレスト登山】2017年登山許可を取らずにエベレスト登山をして逮捕される。

 2017年5月  5月中旬を過ぎると春季エベレストの登頂の

【エベレスト登山】10分で分かる!ネパール側南東稜登山を図解、写真、動画で解説。

 近年有名人のチャレンジや、エベレストを舞台にした映画などの影響でエベ

【エベレスト登山】ネパール側 エベレストベースキャンプ Googleストリートビューで見れますが少し残念な件。

 世界中の道からの風景をみることのできるグーグルストリートビュー。

→もっと見る

  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
PAGE TOP ↑