Busking!バスキング.info

世界のバスキング、大道芸情報を掲載

*

バスキング ステップ1 場数を踏む

      2015/05/30

 思い切って路上に出てみて演じてみたら思いのほか反応がよかった?

 また全く反応がなかった?

 のどちらかではないでしょうか。

 バスキングの反応は様々な条件や環境で異なりますので1回、2回の路上で結論を出すにはまだまだ早すぎます。

 路上で演じることができるようになったら次のステップです。

【写真】場数を踏むのはバスキング上達の早道。

【写真】場数を踏むのはバスキング上達の早道。

ひたすら場数を踏む

 路上の技、バスキングを上達させるにはこれしかありません。

 第一の壁「路上に出る」を越えられたなら、後はひたすら数をこなすだけです。

 これにより、

・路上に出ることが苦にならなくなる。

・人の反応に左右されなくなる。

 という状態になります。

さらに場数を踏む

路上に出るのが全く苦にならなくなったら、今度は周りを見るようにしてください。

 大道芸人やバスカーは帽子やケースに投げられたコインの数からも受けているかいないかが判別できますが、冷静に観察するとさらに次のことがわかります。

・人が反応しやすい時間帯

・ウケのよい技、曲

などが分かってきます。

 これらが分かるだけでも大きな進歩といえるでしょう。反応のよい時間帯にウケル技を見せれば当然人が足を止めたり、曲を聞いたりしてくれるものです。

場所を変える

 大道芸、バスキングの大きな利点の一つに場所を変えられるというのがあります。ステージやスタジオは移動できません。

 しかし路上で演じる人は世界中の道がステージといっても過言ではありません。

 路上で演奏することに慣れてきたら、その場所を離れて違う場所で演じてみましょう。

・いつもの場所から少しでも離れる。

・思い切って見ず知らずの場所で演じてみる。

 これによりどういったところが自分に向いているかが分かってきます。

自信が人をひきつける

 路上に出て場数を踏んでいないと、なんとなく恥ずかしかったり、自分の芸に自信がなかったりするもるものです、しかし場数を踏み、路上に慣れてくるとそれが自信となり演奏や演技に現れてきます。

 自信なさそうに演じる芸よりも、自信たっぷりで演じる芸の方が人を興味をひきつけます。

 

まとめ

 路上に出られたら後はひたすら場数を踏むのが大切。自分にあった時間、そして移動をしながら自分にあった場所を探そう。

 とにかく路上に出て自分の演奏や芸に自信を持てるようにしよう。

 - バスキング, バスキング-大道芸方法, 大道芸 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

バスキング ステップ12 広い意味での場所の選択。

 バスキングや路上芸、演奏では場所や時間が重要という話をしてきましたが、今回は「 …

バスキング ステップ10 特殊な時期を狙う。

 一日の中の時間帯、一週間の中の曜日、一年の中の季節と路上に立つタイミングの話を …

バスキング ステップ4 自分の技の対象を知る

 バスキングや大道芸で路上に何度も出ていると自分の演じているものがどういった人か …

バスキング ステップ8 曜日選び

 このバスキングの方法、ステップでは再三に渡って場所と時間の重要性について書いて …

バスキング ステップ6 時間選び その1

 場所と時間ーバスキングや大道芸をする者にとって効率をあげるための二大要素といっ …

バスキング ステップ3 場所と時間

 路上に立つことに慣れてきたら次のステップを目指そう。  それは場所選びと時間帯 …

バスキング ステップ11 イベント、フェスティバル効果。

 ステップ10では特殊な時期について書きました。今回は特殊時期に比べてさらに単発 …

【バスキング-大道芸図鑑その6】写真撮影芸

 バスキング-大道芸図鑑その6はスタチューからさらに自由に動き回れるように変化し …

【バスキングー大道芸図鑑その11】クラッシックギター

 路上で最も見かける楽器演奏のひとつがギターである。  楽器がギターといえど、そ …

バスキング ステップ5 場所選び

  「バスキングを効率よく行うにあたって大事なことは何か?」 と路上の芸人に尋ね …