クラブハウスと同じ音声を使ったツイッターのスペースとは

140文字の短い文章を利用してのSNSで知られるツイッター。

ツイッター社はクラブハウス同様に音声で交流ができるスペースという機能を新しく追加することを発表しました。

スペースは、Twitter上で音声を使ってリアルタイムで会話する新しい方法です。(参考:ツイッター公式サイト

この公式ページの発表によると

・スピーカーは最大11人まで

・視聴者は制限なし

・Andorid版でも利用可能

といった特徴です。

スペースの開始画面

現在のところクラブハウスはiPhoneのみ利用が可能ですが、スペースはAndroidでも参加が可能なようです。

3月17日の時点では試作品が一部のユーザーに利用されている限りですが、いずれツイッターのすべてのユーザーが利用できるようと発表されています。

クラブハウス同様、音声でのSNSの登場が楽しみですね。

<関連リンク>
公式ライン・オープンチャットルームができました!

最新情報をチェックしよう!

その他の最新記事8件