トビリシの夜

目の前の野球帽を深くかぶった男は自分はマレーシア人だと言っている。

確かにグルジア人にしては浅黒いし、ヨーロッパ人というよりはどちらかというとアジア人の顔に見える。しかしこんなアジアともヨーロッパとも言えない辺境にマレーシア人がいるとは思えない、どうも胡散臭い。

だが彼と話を続けているとどうやらそれはあながち嘘ではないことが分かった。私の知っている片言のマレーシア語を言ってみるとそれにマレーシア語で答えてくる。

彼がマレーシア人かはともかくとして過去にマレーシアと関係があったのは間違いないだろう。この東欧の果てでマレーシア語を知る人間などいるはずもないのだ。

「泊まるところがないんだろう?」

と彼が切り出した。

その通りなのだ、この「安全ではない」と言われる都市で路頭に迷っていた。

しかも、もう夜中の12時に近い。「どうにかせねば」とは思うのだが、こういう時に限ってよい寝られそうな場所が見つからない。異国の夜を荷物を満載した自転車でふらふらしている行為自体がかなり危険なのだ。

しかし彼について行っていいものか悩むところである。

以前インドでヤクの売人の家に連れて行ってもらった時はやはり後悔したし、アゼルバイジャンでも「ちょっとまずいのではないか」と思う人について行ってやっぱりとんでもなかった。

もちろん逆のケースもある。すごい強面の人が実はすごいやさしい人だったということもあるのだ。しかし経験からするとまずついて行ってはいけないタイプの人間に見える。

理由は向こうから親しげに話しかけてきたこと、流暢な英語を話すこと、目つきがなんとなくやばいこと。完璧にまずいと思うなら、明らかについて行かないのだが、どちらともいえない感じなのだ。

「少し様子を見てみようか」とそういう気持ちでその男に付いて行くことにした。行き先は彼の家。

その男は「マニ」と名乗った。正確には「マニ」ではなかったが聞き取れなかっので私の中で彼はマニになった。

見知らぬ人について行くときは常に観察するようにしている。まず、彼がその地域で顔見知りかどうか、そしてその友達がどういった感じの人か。

もし、彼の家の近くに行っても全く知り合いがいないようであれば要注意である。

自転車を押しながら彼の横を歩く。たわいのない会話をしながら歩いた、マニが「日本に行ったことがある」というので「どこに行った?」とか「兄弟はいるのか?」とかそんなことを話す。

彼が暗い路地の方へ進みだした。

「やばいな・・・」

ここで彼の仲間が待ち伏せていて身包みをはがされるということも想定できる。私には初めて歩く見知らぬ町だが、彼にとっては庭のようなところだろう。

暗い路地を彼は迷うことなくスイスイと進んで行く。街灯もなく、幹線から外れて道は薄暗い、時々家々からもれている明かりで足元が見える程度だ。前方に数人の人影が見えた。

「やばっ」

「彼の仲間か?」

こんな時はさっさと逃げ出すのが得策なのだが、人影に近づくと、その人達は背中を向けている、つまり路地を私達と同じ向かって歩いている、待ち伏せならこちらを向いているはずだ。私達の歩く速度が早くその集団に追いつく、追い抜く時に「チラッ」と見ると、10代後半から20代前半の若者でだいぶ酔っているようだった。

「ほっ。」

と緊張の糸が切れる。万が一襲われた時には何を持って逃げ出すかを考えていた。それから、荷物をすべて投げ出して走る、もしくわ大声を張り上げるそんな作戦だ。幸いまだ人家があるようなので殺されはしないだろう。

そんなことを思いながら暗い路地を進んでいく。

しばらくしてから小さな女の子と母親が別の道からこの路地に入ってきた。彼は「よおっ!」と母親に親しげに挨拶をして小さな女の子を抱き上げた、どうやら顔見知りらしい。顔見知りがいるというのは彼はこの地域の人間の証明になる。

「ほっ。」

しかし、よく見ると母親の顔がなんか険しい。知り合いに会って子供を抱き上げられたらもっとニコヤカな表情をするのではないか。

「むむっ、この状況は??」

彼は顔見知りだが、親しい間柄ではないということだろうか。彼にあまり親しくして欲しくないということだろうか憶測が頭を巡る。

それから親子は後ろの小さな路地を折れてすぐに見えなくなった。

何事もなかったように彼はトビリシの闇の中を進んで行き、少し遅れて私は自転車と一緒に彼について行く。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

11アジアの終わり編の最新記事8件