国境で手品

ベンチで一休みしてパンをかじる。

パンにマーガリンとペーストとそしてマヨネーズをつけて食べた。

時計に目をやるともう3時だ。まだまだ上り坂が続いている。海沿いで平坦な道が続くかと思ったら大違いで、激しいアップとダウンの繰り返しばかりだ。上り坂を昇りきると時々息を呑むような真っ青な海が見えた。

大きな分岐を過ぎてから少し道が平らになった、前方にガソリンスタンド?と思う様な青い屋根が見えた。近づくとその屋根は道路上まで来ている変だ

「もしかしてイミグレーション?」

その通りクロアチアとボスニアの国境だった。

パスポートを見せたらそれだけで「行っていいよ」と係りの人に言われる。スタンプも押してくれないので

「えっ、スタンプは?」

と尋ねると。ノロノロとスタンプを取り出して日付けを合わせている。日付を合わせているところを見ると

「今日初使用なのか?」

「ガチャリ」と無事にスタンプを押してもらう。進むとまた係りの人に呼び止められた

「あっ、カスタムか?」

と戻ると、そこがボスニア側のイミグレだった。プレハブの小さい建物と呼べないような小屋だ「ここがボスニア側か!」と驚きながらパスポートを出すと、ページをペラペラめくっただけでまたスタンプを押してくれない。

「あれスタンプは?」

と聞くとやはりスタンプの日付を合わせ始めている、こっちも初使用か。この国境でスタンプを押す人は皆無らしい。係りの人に

「どこに行くのか?アルバニア、マケドニアも通ったのか?」

とか聞かれた、説明するの面倒だったのでモンテネグロの新聞を見せた。係りの人は

「おおっ、フムフム」

と読み始め、しばらくして顔を上げ「ちょっと手品を見せてくれ!」と言う。新聞を長々読んで「それか!」と突っ込みたくなったが、私も急いでいるわけではないので少しやってみると。何だかやたらに受けて「おーい!」と同僚を呼び始めた。

呼ばれた同僚達は持ち場を離れてこちらに集まる。

「大丈夫なのこの国境は?」

それどころか先ほどの係員はクロアチア側にまで行き、人を集めている、結局クロアチアの職員まで来て手品を見せることになった。

「ここ、県境でなくて国境だよな」

職員がいなくなったゲートを車がバンバン通り抜けて行く、なんていい加減な国境だ。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

12ユーラシア最西端へ編の最新記事8件