芸能人?

アグリジェントの町が見えた。

町は高台にあり、今いる場所から長い橋がかけられている。ちょうど都市の中心に橋が架かっているような不思議な景観。浮遊都市とか未来都市にも見えなくも無い。アグリジェントの街は歴史があるのだけど構造だけは近未来的、構造だけは。

「あの橋を渡って、アグリジェントに入るのか」と道角にある小さなお店で「パニーニ」を注文しながら、訊ねる。愛想の悪いおじさんは

「あの橋はだめだ、自転車では危なすぎる」

と言う。確かに高さがあるので風も強そうだし、幅もそれほどないので安全ではないかもしれない。結局入り口で自転車通行禁止の標識があり、迂回して街の裏から急斜面の坂道を上り町に入った。

街に入ると人通りの多い道があったので早速手品を始める、土曜日だけあり人が足を止めやすい。今日はなかなか好評だった。

日が暮れて手品を終え、歩いていると

「先ほど手品を拝見しました」

とずいぶん丁寧な日本語で声をかけられた。日本人の女性、私より歳が上に見える。

「どうも、ありがとうございます」

と私も恐縮しながら頭を下げる。

「自転車で回られているのですか?」

「はい、そうです、一応」

と私。そのまま私は

「こちらは旅行ですか?」

と女性になるべく丁寧に尋ねた。

「そうです」

と女性、

「日本はどちらですか?」

と聞かれたので

「出身は群馬です」

という話をしたら、

「群馬にはよい美術館があるますよね」

という。「美術館に詳しいのですか?」というと「はい、ちょっと」とニコリとしながら言うのでのでかなり詳しいのかと思う。「もしかして本など書いてらっしゃるのですか?」と尋ねると、「そうですね、テレビなども」と言う。「えっ、テレビにも出てられのですか?」と私は驚いた。

元々芸能人にはかなり疎いのだが、誰だか分からない。「そうですね、最近はまた」と女性は続けた、ということは昔から出ていて再び最近出ているということだ。「一体誰だろうか?」と頭の中で色々な芸能人を思い浮かべるが、思い当たる人がいない。

「名前を教えていただけれますか?」

と私が言うと、女性は

「内緒です」

と言う。

「写真をとってもよいですか?」

と尋ねると

「写真はだめです。」

と言う。これほど秘密にするからには本当に芸能人なのだろ。

この日以来「あれは誰だったのだろうか?」と気になってしょうがない。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

15 イタリア回遊編の最新記事8件