あの場所が思い出せない!という時に撮影した写真から位置を特定iPhone

 あのレストランに行ったことがあるのに場所が思い出せない!ということはありませんか?またあの景色、写真に撮ったのにどこかだったか思い出せない!ということも。

 そんな時に撮影した写真からその場所を特定することができます。今回はその方法について。

スマートフォンで撮影された写真のGPS情報

 近年普及しているスマートフォン、とても便利で手放せない存在です。そしてなんといってもスマートフォンにはカメラが内蔵されていて写真が撮影できます。

 スマートフォンで写真を撮影した場合、撮影された写真にはGPSの情報が記録されています。

 これにより撮影した写真をみる場合、どこで撮影したのかを知る手掛かりになります。

【写真】スマートフォンで撮影された写真にはGPS情報が記録されている



しかしすべての写真に記録されるわけではない

 撮影した写真全てにGPS情報が記録されるとも限りません。iPhoneの場合、設定→位置情報サービス オンで撮影した場合に限ります。

【画面】位置情報がオンのになっている場合の写真は撮影場所が特定できる
 つまり位置情報をオフにして撮影した写真にはGPS記録は残りません。これらの写真から撮影場所を特定することはできません。

撮影場所の特定

 iPhoneの場合、位置情報をオンにして撮影した写真については、写真から撮影場所を特定できます。

 方法は簡単、iPhoneの写真→アルバム→撮影地を開くだけです。

【画面】iPhoneの写真を開く
iPhoneの位置情報がオンで撮影された写真はこの撮影場所で地図と一緒に表示されます。
【画面撮影】アルバムから撮影地を開く

 複数枚同じ場所で撮影した場合、地図を拡大していくとさらに各写真がどこで撮影されたかを知ることができます。

【画面撮影】写真を拡大していくとさらに場所を特定できる

 非常に簡単ですね。
 
<関連リンク>
撮影した写真からGPS情報を知り、地図に表示させる方法。googleフォト利用
友人、知人に連れて行ってもらったレストランの場所を写真から特定する方法
facebookに投稿された動画のURLアドレスを知る方法。
<スポンサーリンク>
海外旅行に便利すぎる、SIMフリーiPhone