新市街タクシム近くのMetroバスのオフィス

アジアの最西端の国となっているトルコ。

トルコからは陸路で様々な国に移動できます。

鉄道もありますが、バスも移動でも様々なところに行けます。

トルコのバス会社Metroの路線は隣国への国際バスもあります。

METRO社のオフィスはいくつかある
【写真】METRO社のオフィスはいくつかある
広告

バス会社Metro社

トルコ最大の都市イスタンブールからブルガリアの首都ソフィアなどをバス路線でつないでいるなどのバス路線を運行しているのがMetro社です。

ソフィアーイスタンブール間を結ぶMETRO社のバス
【写真】ソフィアーイスタンブール間を結ぶMETRO社のバス

その他にも沢山の路線があります。

メトロ社は様々な地への路線がある
【写真】メトロ社は様々な地への路線がある

トルコにはその他多くのバス会社があり、多くの路線がありますが、今回はMetros社の新市街のオフィスについてです。

バス発着所はオトガル

イスタンブールのバスの発着所というとオトガルです。

特にヨーロッパ側のオトガルは大きく、多くのバスが発着しています。

オトガルは地下鉄の1号線M1がありますので簡単にアクセスできます。

オトガルには地下鉄駅がある、その名もOtogarオトガル駅
【写真】オトガルには地下鉄駅がある、その名もOtogarオトガル駅

バスのチケットを購入する場合、オトガルでも購入できますが、Metro社の取扱店が新市街の中心タクシムにあるのでここでもバスチケットを購入できます。

タクシム近くの取り扱い店

Metro社のバスチケットを取り扱っている代理店がタクシム広場の近くにあります。

タクシムは地下鉄2号線の駅「Taksim」です。

タクシムの地下鉄駅に向かう
【写真】地下鉄2号線のTaksim駅

・行き方

メトロ社の代理店は以前このサイトで紹介した中華系の日本食材を取り扱っている「Çİnmarket」のすぐ近くです。

イスタンブール・豆腐、味噌、たくあんなど日本食材が買える店
タクシム広場から下の写真のような建物を見つけます。

高いビルの方向を目指す
【写真】写真の高いビルの方向を目指す

高いビルの方向へ進みます。

更にビルに近づいたところ
【写真】更にビルに近づいたところ

高いビルの方に近づくと「VakifBank」という黄色い看板の銀行があります。その奥の道を曲がります。

VakifBankの横の道へ進む
【写真】VakifBankの横の道へ進む

 しばらく進むと鳥居のようなものがありますが、その前を通りすぎます。

中国の鳥居の看板がある
【写真】中国の鳥居の看板があるがこれは通り過ぎる

 その先を少し進むとバス停があります、その先を右に下る坂がありますが、その先に代理店があります。

 坂の入り口から「Metro」の文字が見えます。

坂の入り口からメトロの文字が見える
【写真】坂の入り口からメトロの文字が見える

 この建物の左から階段を上がりすぐ右手がオフィスです。

階段を上がりすぐ右手がオフィス
【写真】階段を上がりすぐ右手がオフィス

 ここでMetro社のバスチケットを購入することができます。

ちなみに2021年ソフィア行きのバスチケットを購入するのに必要だったものは

・パスポート

・HESコード

・トルコの電話番号

でした。

 料金は250リラおよそ3500円です。

 Metro社の扱っているチケットはこの代理店で購入できるようなので、オトガルに行かなくても事前にチケットが購入できます。

 今回は以上です。

<関連リンク>
イスタンブール・バスステーション・オトガルへの行き方、地下鉄利用
トルコ国外からオトガルに到着した時の市内への行き方、3ステップの流れ
2020年イスタンブール・オトガルでシムSIMを購入

最安イスタンブールのホテルを検索してみる
ツイッターで更新、最新情報をつぶやいています。

広告

トルコの最新記事8件