*

【旅行術】稼ぎながら旅行できる8の方法。

公開日: : 最終更新日:2015/03/12 旅行術, 日々徒然

【序】

 情報伝達手段の発達は旅行者に革命をもたらした。

 情報伝達に時間がかからなくなって現代、旅行者は渡航先にて時差なく日本の情報が手に入り、また家族、知人友人と簡単に連絡できるようになった。

 実はこれは旅行者にとっては大きな変化。

 インターネットが普及する90年代前の旅行では、旅行者は常に日本と隔離された常態で旅行をしなければならず、旅行は孤独感を伴うものだった。

 バックパッカーで1年~2年旅行すると、浦島太郎状態、また去る人は日々に疎しという格言の通り日本社会から忘れられていく存在になってしまってた。

 もちろん電話は存在したが国際電話という扱いで高額であり、郵便物もあったが、どんなに早くても時差が生まれ、手紙のやり取りには住所が必要なので旅行者には受け取りは難かしい。

 しかし近年は違う。これらの情報伝達手段の発達は旅行者の一つの大きな懸念、日本の情報からの遅れや、知人との隔離感を大いに減らす。


 またネット上に溢れる情報は旅行者が渡航先の情報を得るのに大変有効になった。

 これらの効果により旅行者の旅行期間が以前に比べて長くなるという現象が起こっている。

 現在では数年から長期になると5、6年を旅行に費やしている人も散見する。今後この傾向は益々拍車がかかり、今までとは違う意味の「永遠の旅行者」が増えてくるだろうと思われる。

 以前の「永遠の旅行者」は比較的に裕福層が脱税のために居住区を点々とするというのが主たる意味であった。

 しかし近年の「永遠の旅行者」意味は少し異なる。「旅行が好き」が嵩じて、そのまま旅行を続ける人達のことである。

 これらの人々は元来裕福ではなくても旅行中に、旅行から抜けられなくなったり、あえて日本社会に留まらなくてもよく、そのまま旅行を続けるられる人達だ。

 このタイプは貯蓄を切り崩していくよりも、旅行先にて収入が得られるというパターンが多い。

 そこれでこれまで遭遇した「永遠の旅行者」の収入源をいくつか見てみよう。

 収入源は多々あるが大きくまとめると二つになる、円での収入か外貨か。

旅行中にお金を稼げれば、ずっと旅行を続けられる。

旅行中にお金を稼げれば、ずっと旅行を続けられる。

 


1.日本円での収入。

・株など有価証券の取引で利益を挙げたり、為替から収入を得るタイプ。

 長所 納期などがないので自分のペースで稼げる。

 短所 情報収集が重要、ネット環境がないところには滞在しにくい。

・土地を貸していたり、部屋賃貸していたりするタイプの人。

 長所 殆ど時間に縛られないこと。

 短所 土地や建物を所持するまでにある程度の資産が必要。

 
・インターネットを使用し遠隔で仕事をするタイプ。

 長所 自分の能力が生かせる。

 短所 納期や、時間にしばられることがある。ネット環境が必要。

・ 広告収入やアフリエイトを通じて収入があるタイプ。

 長所 時間の融通がきく。

 短所 サイトの更新頻度によってはネット環境が必要。


2.外貨、渡航先での収入。

・ワーキングホリデービザで現地で働く

 長所 一つの国に長く滞在できる。

 短所 国によっては仕事の探すのが困難。

・新薬開発の治験に参加する。

 長所 労働はないが高い謝礼が多い。

 短所 場所が限られている、また連続参加が難しい。

・楽器を演奏したり絵を描いたり、芸をする。

 長所 道行く人が多ければどこでもできる。

 短所 国の貨幣の価値に収入が大きく左右される。ある程度の練習が必要。

路上で楽器を演奏するのも現地でお金を稼げる一つの方法。

路上で楽器を演奏するのも現地でお金を稼げる一つの方法。

 

・アクセサリーを自作販売

 長所 趣味的にできる。

 短所 材料の持ち運びが重い。

・カジノで収入を得るタイプ。

 長所 自分の好きな時間にカジノにいける。

 短所 ギャンブルなので負けることも。


まとめると

 日本円で土地や部屋の賃貸が安定しており、時間にも縛られないので理想である。
しかし若くしてそれらの資産を得るのは難しい。

 資金の無いものはネット通じてアフリエイトや仕事ができればよい。

 お勧めとしてはそれぞれの短所を補うように、複数の収入手段を確保しておくことではないだろうか。

  


関連記事

日本の契約のiPhoneにイタリアのSIM

【旅行術】日本のiPhone 5(Softbank)にイタリアのSIMを入れても動作せず。

 スマートフォンが旅行に欠かせない存在になっている。  今回は日本で契約したスマートフォンiP

記事を読む

Vodafone イタリア

【旅行術】イタリア VodafoneボーダフォンSIMのリチャージ方法。

 近年旅行者はスマートフォンを持ち、SIMカードを変えながら各国を旅行するようになってきている。

記事を読む

ITイメージ像

【日々徒然】インターネットが変えたバックパック旅行。

 この10年間の旅行中で(自分の内面以外で)最も大きな変化は何か?と問われればIT技術の進歩と答えた

記事を読む

【モンテネグロ】バックパッカーにお勧めはファーストフード。

 ユーロ貨幣が流通しているモンテネグロ、物価が安いかと思ったら西欧とそれほど変わらない。  そ

記事を読む

自由そうだが、不自由。

【日々徒然】自由に行動すればするほど不自由さを知る

 2001年から2013年までの12年間自分の思うがままに行動をさせてもらった。  一見何の束

記事を読む

ドブロブニク山道からの眺め

【観光スポット】クロアチア ドブロブニク スルジ山(412m)に自力で登る方法。

 アドリア海の真珠と呼ばれるドブロブニクを見守るようにそびえたっているスルジ山、標高412m。

記事を読む

Telenorのツーリスト用のSIM

【モンテネグロ】旅行者が3G契約SIMを買ってみた。

2006年に独立したばかりの国、モンテネグロ。 カフェにはWifiの表示を見かける。もしSIM

記事を読む

ユーロスピンの100%のジュースは3種類。いずれも1l 0.99ユーロ(130円)

【旅行術】ユーロスピンの100%ジュースパイナップル。

 イタリアのディスカウント系スーパーユーロスピンオリジナルの100%果汁のジュースは4種類ある。

記事を読む

クロアチア コルチュラ島

【日々徒然】12年間旅行を続けて思ったこと(時間編)。

 2001年の4月15日にこの旅行を始めて今年の4月15日で丸12年が経過する。 [/capt

記事を読む

イタリア ベネチア

【日々徒然】英語は本当に必要か? その3

 英語は本当に必要だろうか?という話を前2回でしてきた。  前回の対象は海外志向で海外で働きた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【エベレスト登山】一目瞭然!エベレスト関連記事目次、インデックス。

 2013年からコツコツと書いていたエベレストの関連記事が100を越え

【図+写真、山を登ったことない人でもわかる】エベレスト南西壁の難しさ。

(adsbygoogle = window.adsby

【エベレスト登山】頂上直下の難所ヒラリーステップ崩壊か?

 2017年5月  ネパール側からエベレストの山頂を目指す場合、

【エベレスト登山】2017年登山許可を取らずにエベレスト登山をして逮捕される。

 2017年5月  5月中旬を過ぎると春季エベレストの登頂の

【エベレスト登山】10分で分かる!ネパール側南東稜登山を図解、写真、動画で解説。

 近年有名人のチャレンジや、エベレストを舞台にした映画などの影響でエベ

→もっと見る

PAGE TOP ↑