【日々徒然】英語は本当に必要か? その3

 英語は本当に必要だろうか?という話を前2回でしてきた。

 前回の対象は海外志向で海外で働きたいという人のためのものだ。今回は対象者を旅行者に考えてみたい。

 海外旅行をするならば英語は必要か?これの問いの答えは「あった方が便利、無くてもどうにかなる」だ。

 旅行中の英語の必要性の有無はその旅行スタイルによる。

 日本出発のガイドつきのパッケージツアーならば英語は全くと言っていいほど必要ない。使うとしたらお土産屋での店員とのやり取りくらいだ。それだって商品と値段が分かっていれば、英語を一つも使わなくてもことは足りる。

 英語が必要とされるのは個人旅行の方だろう。空港からホテルへの移動、ホテルのチェックイン、レストンランでの注文などなど。個人で旅行をする人には現地人と意思疎通を図る機会が多い。

 では個人旅行する人は英語が必要か?と問われれば、そうでもない。

 海外に行ったことのある人ならば分かると思うが、英語は別段なくてもどうにか簡単なことは伝わるもの。

 長年旅行をしていて言葉が通じないと不便と感じるシーンは

現地の人と込み入った話をする時。

 旅行中に興味を持ったことを追求したいと思ったとき。言葉が通じず歯がゆい思いをした。

 振り返るとそんなものである、つまりアクシデントが起こらずに、現地の人とそれほど交流する必要がないのならハッキリ言って英語はそれほど必要でもない。 

 今はネットがあればその場で簡単な通訳も出来る。昔よりも英語に頼る機会は減ってきたといってもよい。

 またネット上に情報が溢れている今、殆ど英語が話せなくても世界一周くらいなら問題ないだろう。

 日本発のツアーも多種多様様々な場所に行けるので別段特に英語が話せなくても世界中を旅行できてしまうのだ。

まとめ

 旅行中の英語の必要性はそのスタイルによるところが大きい。自分がどんな旅行をしたいかで英語の必要性が変わってくる。

 パッケージツアー利用者なら英語は必要ないし、個人旅行者であっても英語力はそれほどなくても旅行は出来る。

 現地の人との交流を求める旅行者や様々なことを探求したい旅行者は英語を話せるとよいだろう。

 交流を求める旅行者はそれほどいないのが現状なので特に英語を必要とする人は少ないと言える。

イタリア ベネチア
旅行中に英語が必要かどうかはそのスタイルによる。

 ツイッターで時々つぶやいています。