*

【自転車旅行】ヨーロッパ自転車旅行にお勧めウォームシャワー。

公開日: : 最終更新日:2015/05/22 自転車旅行

 *この記事は自転車旅行者用に書かれています。 

 ウォームシャワー(Warm Showers)と呼ばれる組織がインターネット上に存在するのをご存知だろうか。

 これは自転車旅行者を対象とした相互補助の組織で、メンバーの近くを通過する際にシャワーやまたは一晩の宿をお世話になれるというもの。または自分の家の近くにメンバーが来る時はシャワーを提供したり泊めてあげることも出来る。基本お金のやり取りは発生しない。

 

 ウォームシャワーとは読んで字の如し「暖かいシャワー」のことである。なぜこれが組織のタイトルになったのか自転車旅行をした人なら分かるはず。

 自転車旅行をしていると、その行程において普通の旅行では体験しえない経験をする。その中の嬉しいものの一つに「暖かいシャワー」があるからだ。

 何日も山岳部を走り、泥や埃、汗まみれた後や寒い外気から室内に逃げ込んだ時「暖かいシャワー」はこの上ない幸福感をもたらしてくれる。

 これが組織の名前になっている。

実際に利用してみた感想を述べたい。

■メリット

1. 登録しているメンバーのすべてが自転車旅行経験者および興味がある人なので自転車旅行がどういうものか分かっている人が多い。

 ウォームシャワーを利用するメリットはまさにここにあると言ってよい。他にも旅行者を泊める組織カウチサーフィンなが有名だが、カウチサーフィンは一般の旅行者対象に作られている。
 
 なのでカウチサーフィンの場合、自転車を置く場所がなかったり修理を期待はできない。またバックパッカーと自転車旅行者との温度差もある。

 その点ウォームシャワーは自転車旅行が前提になっているのでそういったことで心配がない。しかもホストは自転車旅行に興味がある人ばかり、話が盛り上がらないわけがない。

 
2. 現地人の家の泊めてもらうので、その土地のことを知るチャンスがある。お勧めのルートや景色のよい道、交通状態を聞くことができる。

 ホストはもちろん在住の人。そして自転車に興味があるということは地元の自転車道に詳しい人たち。「どこがお勧め?」と訊ねると地図を引っ張り出して色々と教えてくれる。

3. 個人自転車旅行者を孤独から救い出してくれる。

 一人で走っている自転車旅行者はともすると孤独になり勝ち。地元の人との接点を探しても移動中の路上では難しいもの。街について宿を取ったとしても、お客様というポジション。しかしメンバーは自転車旅行者という接点から暖かく迎えてくれることが多く、孤独感が薄れる。

4. 自転車の扱いに慣れている人が多い、
 
 自転車好きな人イコール自転車のことに詳しい、または自分で修理の出来る人。中には自転車用のガレージがあり自転車をプロ並みに修理できる人も。そういえば自転車屋さんもメンバーにいる。

5. 野宿よりもずっと安全、宿代の節約。

 もちろん室内、時々敷地内でテントということもあるが、完全な野宿に比べればもちろん安全。それに宿に泊まることを考えると節約にもつながる。

■デメリット

1. 英語力がある程度必要である。

 泊めてもらうためには事前にメールによるやり取りが必要。そのためには簡単な英語でメールをやり取りできる力が最低限必要になる。

 また出会ったメンバーとの会話も英語ベースが多い。簡易な会話が出来る英語力がここでも求めらる。

 しかしビジネスで使うような正確で流暢な英語が求められているわけではない、自転車旅行者特有のガッツで向かえばあまり問題になりえない。

2. メンバー数が少ない地域がある。

 ウォームシャワーは自転車旅行者限定の組織なので知名度もメンバー数もそれほど多くない。メンバー数は2013年3月の時点で2万6千人前後。先述のコーチサーフィンはメンバー数250万と言うから、規模はおよそ100分の一。全世界どこの都市でもメンバーが探せるコーチサーフィンに比べると、メンバー数は少ない。

 これを解消するにはウォームシャワーとコーチサーフィンを組み合わせると言う方法が考えらる。

3. 仕事をしている人がいるので好きな時間に会えるわけではない。

 メンバーはホテルなどの宿泊を生業にしている人ではないので当然メンバーの都合に合わせて会う時間を設定していく。通常は仕事をしているので夕方から夜にかけての時間帯になることが多い。
 
 すぐにチェックインできるホテルやホステルに比べると少々時間の調整が必要。

4. 自分のペースで生活できるとは限らない。
 
 上記のものと似ている、泊めてもらう先は個人のお宅。当然ホテルのように自由気ままに振舞えない。

 ホストと話し合い、夜の外出や朝出発の時間などの話し合いの場をもつことが重要になる。

以上、思いつくまま良い点と悪い点を書き出してみた。悪い点もいくつかはあるものの、総じてメンバーとの出会いは良い印象しかない。

 ウォームシャワーは特にヨーロッパにメンバーが多いのでヨーロッパを自転車旅行する人はぜひ利用してみてはどうか?今までの自転車旅行とはきっと一味違った思い出深い旅行になるのは間違いない。

■■関連リンク■■
ウォームシャワーオーガニゼーション(英語)
http://www.warmshowers.org/

カーチサーフィン(多言語対応)
http://www.couchsurfing.org


 ツイッターで更新、最新情報をつぶやいています。


  


関連記事

Viabilta di servizioの看板

【自転車旅行】イタリア自動車専用道を回避するViabiltia di servizio。

 イタリアを自転車旅行していると何の予告もなしに自動車専用道になってしまうことがある。  自動

記事を読む

野宿の様子

【野宿関連02】野宿の服装

 前回の野宿話で、野宿では服装が大事という話をした。  しかし実際の野宿は予定外、行き当たりば

記事を読む

Jadrolinijaフェリー

【自転車旅行】クロアチア スプリトからコルチュラ島

 アドリア海最大の都市、スプリトからクロアチアで6番目に大きいコルチュラ島に渡るフェリーについて。

記事を読む

コルチュラ Korcula

【自転車旅行】コルチュラ島 Vela Luka から Korcula 走行

 スプリトからフェリーが発着する、Vela Lukaからコルチュラ島の代表的な町Korculaまでの

記事を読む

ダバの看板

【自転車旅行】インドの幹線沿いではダバを探せ

 インドを自転車で旅行する人にお勧めなのが幹線の道沿いにある「ダバ」と呼ばれる宿泊施設。 [/ca

記事を読む

クロアチア アドリア海沿い国道8号線から見える景色

【自転車旅行】クロアチア アドリア海沿いを走るなら国道8号線がお勧め。

 南北に細長いクロアチア。その海岸線はすべてアドリア海に接している。  スロベニアに接するイス

記事を読む

イタリア南部 オリーブ畑

【野宿関連】イタリア南部で野宿するならオリーブ畑で。

 自転車旅行をしている人でイタリア南部を走行中、街に辿り着く前に日が暮れた場合どうするか。 [

記事を読む

クロアチアドブロブニク、イタリアバーリをつなぐフェリー

【自転車旅行】クロアチア ドブロブニクからイタリア バーリへのフェリー。

 クロアチア南端の街ドブロブニクからアドリア海を横断しイタリアのバーリを結ぶフェリーが運航している。

記事を読む

ウォーシャワーとは

【自転車旅行】自転車旅行者にはカウチサーフィンよりもウォームシャワーが断然お勧め。

 以前の記事で何度がカウチサーフィンのことを取り上げた。  カウチサーフィンはインターネットを

記事を読む

オレビッチ近くのビーチ

【自転車旅行】コルチュラ島ドミンチェ(DOMINCE)からペリシャツ半島オレビッチ(Orebic)間のフェリー時刻表。

 クロアチア コルチュラ島からペリシャツ海峡を挟んだ対岸半島のオレビッチへのフェリー時刻表。 1日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【エベレスト登山】一目瞭然!エベレスト関連記事目次、インデックス。

 2013年からコツコツと書いていたエベレストの関連記事が100を越え

【図+写真、山を登ったことない人でもわかる】エベレスト南西壁の難しさ。

(adsbygoogle = window.adsby

【エベレスト登山】頂上直下の難所ヒラリーステップ崩壊か?

 2017年5月  ネパール側からエベレストの山頂を目指す場合、

【エベレスト登山】2017年登山許可を取らずにエベレスト登山をして逮捕される。

 2017年5月  5月中旬を過ぎると春季エベレストの登頂の

【エベレスト登山】10分で分かる!ネパール側南東稜登山を図解、写真、動画で解説。

 近年有名人のチャレンジや、エベレストを舞台にした映画などの影響でエベ

→もっと見る

PAGE TOP ↑