*

【大道芸】宙に浮く芸、種明かし。

公開日: : 最終更新日:2019/01/12 大道芸, 動画

 ヨーロッパでは宙に浮いているかのような芸が流行している。

 芸自体は数十年以上も前から存在していたらしいが、近年は特によく見かける。

 イタリアのローマではバングラディシュ人が演じていることが多い。

浮遊系のスタチュー

【写真】浮遊系のスタチュー、下の人間が棒で上部の人間を支えているように見える。


 


 以前の記事でこの浮遊する芸を取り上げたが、今回はその種明かし動画の紹介。

 この動画を見れば「何故浮いているのか?」と不思議だったの人もそのタネが一目瞭然に分かるだろう。 

 タネの決め手になるのは支えている杖や、棒が鉄製のシッカリしたもの。外観は竹や細い棒に見えるが中心には鉄が入っており、鉄棒はそのまま少し高さのある座席になっている。

 この芸はその地面側から伸びる鉄の棒と椅子をうまくカモフラージュしたり袖や服のすそなどで隠しているところがポイント。

 下の人が支えているバージョンも原理は一緒である。

 以下の浮遊芸も衣装などは違えども原理は上の浮遊芸と一緒である。
 

【写真】浮遊芸その1


【写真】浮遊芸その2


【写真】浮遊芸その3


 今回は以上。
<関連リンク>
【大道芸】不思議なスタチュー、浮く銅像芸。


 ツイッターで更新、最新情報をつぶやいています。




関連記事

ローツェフェイスとキャンプ2

【エベレスト登山】南東稜キャンプ2 標高6400m

 ウェスタンクームの雪原を進むと左手奥、エベレスト南西壁の基部にキャンプ2標高6400mが見えてくる

記事を読む

南東稜キャンプ1

【エベレスト登山】南東稜 キャンプ1

 エベレスト南東稜側からの登山ではキャンプ1を標高5900~6000mに設置する。 [/cap

記事を読む

マドンナーロ 路上に描かれたモナリザ

【大道芸】驚きの大道芸マドンナーロ。

 旅行を通じて様々な大道芸を見てきたが、マドンナーロと呼ばれる芸を目の当たりにした時の衝撃は大きかっ

記事を読む

【大道芸】スタチュー、銅像芸の一つ、透明人間。

 ヨーロッパではスタチューと呼ばれる、銅像のように動かない芸をよく見かける。  最近では浮遊し

記事を読む

一人で二人ダンス芸

【大道芸】一人で二人ダンス。

 路上ではブレイクダンスからテクノ、グループダンスと様々な見かける。  今回は一人で二人分のダ

記事を読む

的確な時間、場所を選んで演じよう

【大道芸】ヨーロッパ大道芸、バスキングのコツ。

 日本では休日の歩行者天国か、公園でしか見かけないような大道芸。ヨーロッパでは様々な国の路上で頻繁に

記事を読む

スプレーアート

【大道芸】スプレーアート

 ヨーロッパの路上でよく見かける芸の中にスプレーアートがある。  これはスプレーペンキを使用し

記事を読む

エコロジー!空き缶を利用した灰皿芸。

【大道芸】エコロジー!リサイクル灰皿芸。

 逆立ちする芸から路上に絵を描く芸など各国の様々な芸を見てきた。  今回はそんな芸の中でもとて

記事を読む

赤ちゃん芸。

【大道芸】赤ちゃん芸、またはベビー芸。

 「スタチュー」と呼ばれる銅像に様に動かない芸はヨーロッパの各地で見られる。  この「スタチュ

記事を読む

特殊ギター演奏

【大道芸】特殊な方法でギター演奏

 イタリア、東端の街トリエステで面白いギター演奏者に出会った。 ギターを演奏しながら打楽器のリ

記事を読む

Comment

  1. M より:

    外観は丈や細い棒に見えるが
       ↓
    外観は竹や細い棒に見えるが

    ではないでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【エベレスト登山】一目瞭然!エベレスト関連記事目次、インデックス。

 2013年からコツコツと書いていたエベレストの関連記事が100を越え

【小学生用】小学生でも分かるエベレスト登山、かんたんせつめい。

 小学校が冬休みというこで小学生でも分かるようにエベレストの上り方をか

【図+写真、山を登ったことない人でもわかる】エベレスト南西壁の難しさ。

(adsbygoogle = window.adsby

【エベレスト登山】頂上直下の難所ヒラリーステップ崩壊か?

 2017年5月  ネパール側からエベレストの山頂を目指す場合、

【エベレスト登山】2017年登山許可を取らずにエベレスト登山をして逮捕される。

 2017年5月  5月中旬を過ぎると春季エベレストの登頂の

→もっと見る

PAGE TOP ↑