【旅行術】旅行者必見!万が一の時クレジットカードを使わない海外送金方法。

ATMが世界中に普及する今日、旅行においてクレジットカードは旅行者の必需品といってもよいでしょう。

クレジットカードがあれば現地のAIMから簡単、安全、素早く現地の通貨を手に入れることができます。

今回はそのクレジットカードを紛失したり、使用できなくなった場合、日本からどのように現金を旅行先に送金するかの方法について書きました。

渡航先なので銀行口座もない、知り合いもいないという状況で、どのように日本から送金するかです。

万が一の時に備えてこの方法知っておいても損はないでしょう。

【写真】日本ではあまり知られていないが実は送金会社は沢山ある。

資金送金会社を利用する

日本ではそれほど馴染みがありませんが、海外には資金送金会社というのが存在します。

文字通り「資金」を「送金」してくれる会社です。

あまり耳慣れないので怪しいと思われる方もいるかもしれませんが、海外では看板などをよく見かけます。

数多くの会社がありますが、とりわけ有名なのが「WESTAN UNION(ウエスタンユニオン)」と「MONEY GRAM(マネーグラム)」です。詳しくは日本語のウィキペディアにも掲載されています。→ウエスタンユニオン  マネーグラム

この両社はアメリカ資本の資金送金業者でウエスタンユニオン、マネーグラムとも世界200カ国に20万店以上の代理店があり、これらの会社を利用することによりクレジットカードがなくても世界中どこにでも現金を送金することができます。

【写真】海外ではよく見かける資金送金業の看板。
【写真】海外で見かける資金送金会社の看板。

どのように送金するのか?

銀行のように口座に振り込めるわけでもなく、ATMからお金が引き出せるわけではありません。

ウエスタンユニオンやマネーグラムが現金送金ができるとわかっても実際にはどのようにして現金が送金できるのでしょうか。

これらの資金送金業者は代理店間で送受金を行います。

例えば

・送金側
日本のウエスタンユニオンの代理店にてお金を送金する。

・受取り側
海外のウエスタンユニオンの代理店でお金を受取る。

という具合です。

具体的には送金者は送金と同時にリファレンスナンバーと呼ばれる8桁から10桁の数字を受け取ります。

送金を受取る人は、送金者からこの番号を電話やメールで教えてももらい、このリファレンスナンバーを持って現地の代理店に訪れます。

送金先の現地の代理店で「受取人の姓名」そして「リファレンスナンバー」が一致すれば、送金されただけの額が手渡されるという仕組みです。


資金送金会社の利点は

この資金送金会社を利用する利点は、

・現地に銀行口座がなくても現金を受取れる。

旅行者や一時的に現地を訪れている人でも送金受け取りが可能という点。

・送金速度が非常に速い

銀行などの海外送金は即日から数日の日数を要します。ところがこの資金送金業者を利用すると送金から受金までわずか10分足らずで完了します。

デメリットがあるとすれば

送金に関して素早く、簡単にできる資金送金業者ですが、デメリットもいくつかあります。

・手数料が割高。

銀行で送金する場合よりも手数料が割高になる場合があります。国により送金手数料が違います。

・換金レートが悪い。

日本円を送金した場合、受取る現地の通貨に換金されますが、その際のレートが銀行のレートより悪いことがあります。

これにより大金を送金する場合は両替によるロスが大きくなります。

まとめると

海外旅行の必需品となったクレジットカード、万が一使用できなくなったり、盗難、紛失した場合は海外の資金送金業者を利用して迅速に日本から送金ができる。

旅行者は銀行口座を現地に持たないので海外送金が難しいと思うかもしれないが、資金送金業者を利用すれば問題はない。

大手の会社は世界200カ国、20万店以上の代理店がある。

迅速、簡易な送金が可能であるが、その分手数料や換金レートが悪い。

旅行中はクレジットカードを利用し、何らかの原因でカードが使えくなった場合の保険的方法として知っておけば役に立つ時が来るかもしれません。

<関連リンク>
UESTAN UNION ウエスタン ユニオン 日本
MONEY GRAM(英語)
【旅行術】旅行者必見!万が一の時クレジットカードを使わない海外送金方法。
【旅行術】旅行者、非居住者が海外から日本に現金を送金する方法。

 
防災、キャンプでも使えるポータブル電源【PowerArQ】

ツイッターで更新、最新情報をつぶやいています。