CATEGORY

01 ホームレス生活編

  • 2001年5月22日

千葉さん

ホームレス生活も一月を過ぎると更に人間関係が広がっていく。 1日の重要作業がゴミあさりだけなのでどうしても暇になり、顔を何度か見た人は自然と話を始めることになった。 「千葉さん」もその中の一人だ。 ゴミは一緒に取ることはなかったが、寝る場所の近くでよく顔を合わせていたのでいつの間にか話すようになっていた。 「千葉さん」というのも名字ではなく、「千葉出身」という情報から私が付けたもので本名は知らない […]

  • 2001年5月10日

孤独か

東京でホームレスを始めてから数週間が過ぎた。 ホームレスの一日が少し分かってきた。基本的にすることはないが、食の確保だけは重要だ、最重要。これを失敗するとすぐに「飢え」という付けが回ってくる。 だから毎日何もしないけど、これだけは必死にする。 社会のはみ出し者は、社会の枠組みの外にいて、その外に放り出されたゴミで何とか日々生きている。 毎日深夜12時なると東口付近の決まったお店の近くをウロつきなが […]

  • 2001年4月17日

ゴミをあさる

2001年4月17日 日本 東京 出発から2日後。 午前1時少し回った頃、ハンバーガー店の前に行った。 既に何人かのホームレスが物陰にチラチラと見える、皆こうやって正面玄関のブラインドが降りるのを待っているのだ。 そうしている間に店からは膨れ上がったゴミ袋が次々と運び出され、店正面の通りに山積みにされていく。 私はホームレスの人達より、更に離れた所から様子を見ていた。 ゴミの山が積まれ、店員の姿が […]

  • 2001年4月15日

いよいよ出発

2001年4月15日 地元群馬県からちょうど東京に向かうという友人の車に便乗させてもらう。行き先は東京、新宿。 夜の高速道路は空いていて、等間隔に並んだ街灯があっという間に流れていく。窓の外をぼーっと見ながら、これからのことを少し考えた 「この旅行は一体どのくらいの期間がかかるのか?」 「お金がないのに世界一周はできるのか?」 「期限」の方は見当もつかないし「できるのか?」の方は考えるほどできない […]