はじめに

2019年参加したイタリアの大道芸フェスティバル

ようこそ、はじめまして!

このページは製作者そして旅行者であるけいが無銭(自己定義)で旅行をし、その経過や様子を綴っているページです。

大道芸中の本人
【写真】大道芸中の本人©たか

無銭旅行とは

国際化が叫ばれる近年、海外旅行が目新しいものではなくなってきました。パッケージ旅行、個人旅行などから始まり、人の数だけ旅行のスタイルがあると言ってもよいでしょう。

数ある旅行スタイルの中でも無銭旅行が他の旅行スタイルと決定的に違うのは旅費の部分です。

通常旅行は蓄えを消費しながら行われるのですが、無銭旅行は蓄えを消費するのではなく、資金が無い中でいかに進んで行けるかというところにあります。

例えば500km先の街に進むのに、旅費があれば、電車やバスに乗ったり飛行機という手段があるでしょう。

反対に旅費がなければ、その距離は自力、またはヒッチハイクで進まなければなりません。

その過程は旅費使ったものより、時間がかかり一筋縄ではいかなくなります。

しかし、そうした行程を辿ることにより予期しなかった出会いや経験をするかもしれません。

これは無銭旅行の困難な部分でもあり、同時に醍醐味でもあります。

この様な金銭のやり取りのない、一風変った過程を経験することで人の本質をかいま見たり、新たな観点を発見できる可能性があるのではないでしょうか。

また重要なのは極力人様に迷惑をかけずどうするかという工夫もあります。

2021年に参加したドイツ・ゴットタレントのワンシーン©StefanGregorowius

無帰国と近況

2002年に日本を出国して以来、無帰国、中断なしで続行中、2024年で丸21年経過

世界一周でさえ早い人で数ヶ月、遅い人で数年ですが、私はまだまだ時間がかかりそうです。

2011年から2023年の近年は路上で行う芸の面白さを知り、移動よりも路上で芸を行うことに力を入れています

英語ですがNationalGeographicや英紙発行部数一位を誇っていたTelegraphに掲載されたことがあります。 googleなどの検索エンジンで「Keiichi Iwasaki」を検索していただくと関連記事が表示されます。

Travel

Ever dream about packing up and leaving it all behind? Ten y…

海外のテレビ、新聞、インターネット記事などで100回以上は掲載されています。

また海外で出演した動画関連はトータルで2億3000万回以上再生されています。

現代の日本では生き方の多様化が見られる様になりました。

この無銭旅行も「旅行」とは冠してしますが、一つの人生の歩み方「生き方」の側面も提示していけたらなと思います。

各種SNSにも登録しています詳しくは→こちら

2019年参加したイタリアのフェスティバルの様子
【写真】2019年参加したイタリアのフェスティバルの様子

2024年現在、移動手段はオランダ製のママチャリ、生活費は大道芸、寝るのは主に屋外での野宿ですが、近年は収入に合わせてキャンプ場や宿泊施設も利用しています。
2021年はコロナ禍のためにほぼ移動していません。

自転車移動の時は野宿をよくします
【写真】自転車移動の時は野宿をよくします

 近年ではいかに世界の多くの人を笑顔にできるかということに力を入れています。できる限り多くの人を笑顔にできたらなと願っています。それが今まで自分がお世話になった人に直接ご恩が返せなくても、次の人に返せるわずかばかりの自分のできることかなと思っています。

なぜ無銭旅行なのか

なぜ無銭旅行なのですか?」とよく聞かれます。

無銭旅行のきっかけとなったのは21歳の時に訪れたオーストラリアでした。

初めての個人旅行での海外で言葉も通じず、文化も違う。

しかし、十分にお金を持っていると物も買えますし、レストランにも行けます、移動も問題ありません。ふと思ったのが

もし、お金がなかったらどうなるのだろうか?

でした。同時に自分は何てお金に頼っているのかと驚きました。

「お金は大事であるが、あまりに依存しすぎている、もしなかったらどうなるんだ」

そんな疑問から始まっています。

またお金も大事かもしれないが、それ以上に大事なものがある「意志のあるところに道がある」ということをこの旅行を通じて伝えていけたらよいなと思います。

ブルガリア・ゴット・タレントでゴールデンブザーの瞬間
【写真】ブルガリア・ゴット・タレントでゴールデンブザーの瞬間

2022年5月30日に発行された日刊スポーツ様でこの20年の素晴らしくまとまった要約記事が公開されていますので興味がある方はご覧ください。→「英「BGT」で日本人初ゴールデンブザーを獲得した岩崎圭一氏が20年以上海外生活を続ける理由

2023年6月21日に自著が発売されました。2001年の日本一周から2022年のゴールデンブザーを獲得するまでのおよそ21年間をまとめた内容になっています。

これまでの主な時系列

簡単にこれまでの行動などです。

2001年~2002年

新宿ホームレス編から47都道府県をヒッチハイクで回る。

ホームレス生活も一月を過ぎると更に人間関係が広がっていく。 1日の重要作業がゴミあさりだけなのでどうしても暇になり、顔を何度か見た人は自然と話を始める […]

2002年~2004年

日本を出国、アジアの国を巡りインドへ。

チベットの人は笑顔が多い

断崖絶壁で目を覚ます「生きている」ということは地滑りは起こらなかったらしい。 「ふぅ、今日も生き延びた」 冗談ながら思う。周りには人っ子一人おらず、車 […]

2004年~2005年

海抜0mから世界最高峰を人力のみで目指す。

標高6000m以下の山道を歩くことをトレッキングと呼ぶ。 この定義で行くとジリ村から標高5300mのエベレストのベースキャンプまでは 「トレッキング」 […]

2005年~2006年

今度はエベレスト山頂からガンジス河下り海抜0mの海まで。

インドの聖なるガンジス河

この地球上で最も高い所であるエベレスト山頂、これが前回の旅の終着点だった。 終着点はいつも新たな旅の出発点だ。 次に考えたのは標高8848mmから海抜 […]

2006年~2007年

イラン横断、世界最大のカスピ海南岸を横断。

突然坊主にしてしまったタトゥ

ホンの数日のつもりで一緒に走り出したフィンランド人のタトゥ、気が付けば既に2ヶ月以上行動を共にし、現在も一緒にカスピ海横断の旅をしている。 酷暑の中、 […]

2008年~2009年

ユーラシア最西端のロカ岬まで。

ヌエボ広場は沢山の人で賑わっていた

31日の11時半頃、ホーキンスさんが「新年のパーティに行こう」と言うので付いて行く。 どこかでカウントダウンパーティでもあるのだろうか。 ホーキンスさ […]

2010年~2014年

ヨーロッパ周遊編

レマン湖の湖畔は平なので簡単に一周できそうである

ジュネーブはレマン湖という三日月の形をした湖のほとりにある。 この湖は琵琶湖を一回り小さくした位の面積なので「なかなか大きいな」と思うのだけど、カスピ […]

2015年~2019年

イタリア回遊編

本日、2月に開催されるベネチアカーニバル中の路上の芸の公式な許可証を取得。 申請時、出遅れたので諦めかけていたのだけど、、芸人の申請よりも「トルッカト […]

2020年~2022年

新型コロナパンデミック編

ゴールデンブザーのシーンもあり

2022年が明けたので、もう去年の話なのですが、ブルガリアのゴット・タレントであるБългария търси талантに出演し、最初の審査でゴー […]

2022~2023年

ついに手漕ぎ船で大西洋に漕ぎだす。大西洋横断編

 手漕ぎ大西洋横断のその4です。前回はブリテイン・ゴット・タレントでまさかのゴールデンブザーを頂き、その流れでスポンサー様がついてくれたというところま […]

2024年~現在

手漕ぎ船で到着したスリナムから自転車走行開始、南米編

 前回の日記では南米大陸自転車移動を開始するという内容でした。今回はあれから10日スリナムの隣の国であるフランス領ギアナに無事到着といった報告です。道 […]

期間が長いのでかなり大まかな流れです。

実際は記載しておりませんが細かく移動していたりします、近況はtwitterの方がマメに更新しています。

電源とインターネット環境とやる気があれば更新しています。どうぞよろしく!