2016年イタリアズゴットタレントItalia’s Got Talent 大ウケ 日本伝統太神楽 Senmaru 仙丸 氏


2016年4月5日

 前回の記事でイタリア在住43年、齢70歳になられるTOMOKOさんの話題について書きましたが、2016年のイタリアズゴットタレントでは日本の伝統芸、江戸太神楽の演者であるSenmaru氏も出演しています。

【写真】太神楽曲芸を演じるSenmaru仙丸氏

【写真】太神楽曲芸を演じるSenmaru仙丸氏

日本の伝統芸太神楽とは

 伝統芸である太神楽を御存知でしょうか。Senmaru氏のサイトに解説がありましたので引用します。

太神楽(だいかぐら)って御存知ですか?いろんなものを投げます、立てます、廻します!獅子舞と曲芸を中心とした純国産エンターテインメントです。何、よくわかんない?ん、まぁ、見りゃわかりますって!

引用元江戸太神楽曲芸師 仙丸ホームページより
と下のyoutubeにリンクしています。

 ボール、マス、リング、置物と様々なものを傘の上でクルクルと回転させているのがお分かりですか。

 太神楽にはその他にも多くの芸があります、詳しく知りたい方は太神楽ウィキペディアへどうぞ。
 また太神楽ウィキペディアでは

江戸開府の際に余興だった曲芸は舞台芸としての太神楽に発展、江戸太神楽や水戸大神楽となった。江戸末期からの寄席では神楽よりも演芸色の強い曲芸(ジャグリング)の方が多く演じられた。

とのことです。江戸開府といえば1603年なので400年以上の歴史のある芸ということになります。

江戸太神楽がイタリアズゴットタレントに!

 日本の伝統曲芸である江戸太神楽が人気の番組got Talentのイタリア版、Italia’s got talentに。

 2016年3月30日、イタリアズゴットタレントの三週目、十三代家元・仙翁氏に師事する、Senmaru氏が登場。

 日本の伝統芸だけに着物をまとい、そして和傘といういでたちでSenmaru氏がステージに現れました。

センマル氏演技動画




 

演技はもちろん、審査員とのやり取りが大うけ!

 登場から観客の目を釘付けにするセンマル氏。審査員とのやり取りからも目が離せません。

 日本で言うところボケをしてみたり、演技後の審査員とのやり取りは言葉が分からなくても面白さが伝わってきます。

 審査員の席に座り、「NO」と審査に向かってブザーを押すところはGot Talent系の番組史上初の出来事ではないでしょうか。

 動画では審査員の一人クラウディオさんと言い合いをしていますが、シッカリと和解のシーンもありますので安心してください。

 放送では曲芸演技、そして審査員いじりが大うけ、会場が笑い声に包まれています。

 2016年5月5日にセミファイナリストに選ばれたことが発表(参照公式リンクイタリア語)されました、センマル氏の活躍から目がはなせません。

<関連リンク>
2016年イタリアズゴットタレントItalia’s got talent ビデオ特集第三週。
2016年イタリアズゴットタレントItalia’s got talent ビデオ特集第二週。
2016年イタリアズゴットタレントItalia’s got talent ビデオ特集第一週。
(外部)江戸太神楽曲芸師 仙丸ホームページ