風の強い日

心配していた雨は降らなかった。

壁際にもかかわらず壁の無い方向から風が吹いていた。夜が明けてもまだ風が強い。朝食は水を入れ過ぎ、芯が残りまくっている微妙なお米を食べた。

今日は風が強いしかも向かい風である。

進行方向正面からの向かい風ではないが、右前方から風が来る。皆も大変そうで、いつもなら簡単に引き離されて見えなくなってしまうのに、今日はまだ皆が視界に入ったままだ、それだけ風が強いのだろう。

外界にむき出しの自転車は自然の影響を思い切り受ける。しかしこれが自然を肌で感じるということなのだ。

12時過ぎバス停で休憩。スロバキアのバス停はしっかりしていて風や雨をしのげる。そこでお昼の準備をしていると、近くのパブからおじさんがコーラーの入ったコップを4つ持ってきて、差し出してくれた。

言葉は通じないけど「これを飲みなさい」と動作で示してくれる。私達が「ありがとう」とそれを受け取るとおじさんはニコニコして行ってしまった。思いがけない親切で嬉しくなってしまった。

そして出発、風が強いとはいえ進まないわけにはいかない。何とか重いペダルを踏みながら進む。風は午後になっても強い。街路樹がクルミの木でクルミが沢山落ちていたので拾いながら進んだ。

また大きい街に着いた今日はこの街の外れ寝ることにしよう。天気予報では気温はマイナス2度になるらしいから気合を入れねば。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

12ユーラシア最西端へ編の最新記事8件