けいの無銭旅行記 日記のページ

*

千葉さん

      2015/08/01

 ホームレス生活も一月を過ぎると更に人間関係が広がっていく。

 1日の重要作業がゴミあさりだけなのでどうしても暇になり、顔を何度か見た人は自然と話を始めることになった。

「千葉さん」もその中の一人だ。

 ゴミは一緒に取ることはなかったが、寝る場所の近くでよく顔を合わせていたのでいつの間にか話すようになっていた。

「千葉さん」というのも名字ではなく、「千葉出身」という情報から私が付けたもので本名は知らない。歳は50~60くらいだろう、細身で昔のテレビ番組「できるかな」に登場していたノッポさんのような帽子をかぶっている。

 千葉さんはやたらに知識が豊富で、色々な物事のうんちくをたれる。今日はどこか私が行ったことのない土地の話をしていた。

 本当に証券の話から世界情勢まで色々な話題をするので「過去に一体何をしていた人なのだろうか?」と疑問が沸くほどだ。

 「ともすればどこか名のある教授じゃないだろうか?」

 なんて考えてみるがそんな人がホームレスをする必要は無い、全く無い。そこと無く聞いてみてもハッキリした過去は話してくれず、私も問い詰めるつもりはなかったので知ることはなかった。

 そう言えばよく話すようになった、赤さん、帽子さん達の本名も知らなければ過去も知らない。そして彼らからしてみれば私の名前はもちろん知らないし、過去はもちろん「どうしてこんな生活をしているのか」というのも聞いてこない。

 彼らは私のことを「兄ちゃん」と共通して呼んでいた、それはホームレス社会では私が若い方だったからだと思う。

 過去や余分な詮索はしてこない彼らだったが、皆よく私に「若いうちはやり直しがきくからな」と何度も言ってくれた、その言葉がいつも心に残っている。
DSC00035

 - 01 ホームレス生活編

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【写真】都会は人が多いがその分孤独を感じる。
孤独か

東京でホームレスを始めてから数週間が過ぎた。 ホームレスの一日が少し分かってきた …

【写真】2001年4月15日新宿駅前から出発。
いよいよ出発

2001年4月15日  地元群馬県からちょうど東京に向かうという友人の車に便乗さ …

【写真】ゴミをあさり食を得る。
ゴミをあさる

2001年4月17日 日本 東京 出発から2日後。  午前1時少し回った頃、ハン …