ウォームシャワー

何日も野宿した後のシャワーの爽快感と幸福感は相当なものだ。

その野宿の期間が長ければ長いほど熱いシャワーを浴びられたときの感激は大きい。

今ふと思い出して一番シャワーを浴びていなかった日数を数えると、チベットでの43日間だった。43間というとひと月半だから長い。

恐らく日本人的感覚だと長い期間だけど、チベット的感覚で行く一般的だと思う。

チベットの人はそれほどマメに体を洗わないからだ、恐らく年単位で体を洗わない。

43日目に浴びたシャワーの感激は今でも覚えている、皮が際限なく落ちた。服を着替えた時の筆舌し難い爽快感、動物から人間に戻った気がした。

ところでヨーロッパには自転車旅行者を専用に泊めてくれる組織がある。その名も「ウォームシャワー(温かいシャワー)」と言う名前だ。

自転車旅行者が何日も野宿をして辿り着いた時の温かいシャワーの感激を組織の名前にしている。

メンバーは自転車旅行の経験者か、又は自転車旅行がしてみたいという人なので、自転車旅行をしている人が訪ねると旅行話が盛り上がる。

ベルリンではこのウォームシャワーのメンバーを訪ねてみようと思う。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

12ユーラシア最西端へ編の最新記事8件

>けいの無銭旅行記とは?

けいの無銭旅行記とは?

2001年から続く無銭旅行記

CTR IMG