SIMフリースマートフォン用、イタリアのSIMを日本で購入する

 近年の旅行においてSIMフリースマートフォンと現地のSIMカードを組あわせたインターネット環境が旅行者をどれだけ快適にするか計り知れません。

 SIMフリースマートフォンに現地で使えるSIMを購入すればどこにいてもインターネットつながる環境になります。

 日本からポケットWIFIをレンタルする方法もありますが、荷物を少しでも少なく、料金も短期でなければSIMを購入した方がお得です。

 しかしやはり現地でSIMを購入するという過程が少々敷居を高くします。

 今回はイタリアのSIMが日本で購入できてしまうというSIMの紹介です。

広告

SIMフリースマートフォンとSIMの組み合わせ

 日本で携帯電話を契約する時はキャリアと契約しそれに付随したSIMを使うことになります。

 ところが日本国外ではSIMフリーと呼ばれる携帯が主流で、まず携帯本体を購入し、それからSIMカードだけを別に購入します。

 つまり、自分の買いたい機種をキャリア契約なし、月々プランもなしに買います。

 それから改めて通信会社、キャリアのSIMを買います。

 日本の様にセットになっている場合もありますが、スマートフォンとSIMは分離しています。

【写真】SIMは現地で購入

SIMフリーであれば

 日本で利用しているスマートフォンはキャリア会社のSIMがすでにセットされており、それ以外のSIMを差し込んでも機能しません。SIMがロックされている状態です。
 
 しかしSIMフリースマートフォンであれば、タイのSIMをいれればタイで利用でき、イタリアのSIMを入れ替えればイタリアで利用できるのです。

 つまり旅行する先々でSIMを入れ替えれば、すぐに現地で使えるというわけです。

【写真】SIMの宣伝

中期、長期では断然お得

 現在、海外でインターネットを利用する方法はレンタルWIFIが主流ですが、海外に頻繁に行く、または10日~ひと月などの旅行をされる方にはSIMフリー携帯の方が断然にお得です。

 レンタルWIFIは基本的に1日1000円~の料金が発生し、容量制限があります。

 SIMフリーであれば一度初期費用を支払ってしまえば通常はひと月契約が基本です。

例えばイタリアに10日間旅行に行くとすると

 レンタルWIFであれば1000円/日 ×10日 =10,000円

 となりますが、SIM契約であれば

 最初のSIM発行手数料を含め20ユーロ~40ユーロです。
 これは日本円に換算すると3750円~5000円です。(2019円1月1ユーロ125円換算)
 
 滞在日数が3~4日であればレンタルWIFIの方が安い場合がありますが、それ以上になると現地でSIMを購入した方がお得になります。



レンタルWIFI vs SIMフリー

 海外でインターネット接続環境を得るにはレンタルWIFIかSIMフリーという二択です。それぞれ特徴がありますので参考にしてください。

・レンタルWIFI
メリット
 契約が日本でできる、日本語で行える。
デメリット
 一日単価がSIMに比べて割高。
 使えるデーター量がSIMよりも少ない。

・SIMフリー
メリット
 期間が長ければ割安
 使えるデータ量が多い
デメリット
 現地で契約しなければならない
 SIMフリーのスマートフォンが必要

といったところです。
まとめると

 短期で気軽に利用できるのはレンタルWIFI、海外旅行によく行き慣れているのであればSIMフリーです。

 海外旅行に頻繁に行くのであればSIMフリーのスマートフォンを購入しても十分に利用できるからです。
 SIMフリー携帯は日本のアマゾン等で取り扱っています。

日本で買えるイタリアのSIMもある

 また先述の現地のSIMは現地で購入するというのがありましたが、近年は海外のSIMを日本でも購入できます。
 つまり日本でSIMフリースマートフォン、現地のSIMを準備できます。こうすれば現地でSIMを購入する手間が省けて簡単です。
下の商品は30日間12GB使用できるものです。

 今回は以上です。
<関連リンク>
超絶便利、10年以上旅行をし続ける著者が勧める唯一の旅行アイテム。
2019年度 イタリア旅行者用SIM4社比較
2017年4月ルーマニアでSIMを購入。メモ。
2016年12月 イタリアで旅行者用インターネットSIMを購入

広告