【エベレスト登山】南東稜キャンプ2 標高6400m

 ウェスタンクームの雪原を進むと左手奥、エベレスト南西壁の基部にキャンプ2標高6400mが見えてくる。

南西壁とキャンプ2
エベレスト南西壁とキャンプ2
 

 ここもベースキャンプと同様に雪崩と共に運ばれた堆積物の岩場を整地しテントを張っている。

 キャンプ1は高度順応用のための要素が強く、最終アタックの計画ではベースキャンプからキャンプ1を飛ばしキャンプ2に直接入る。

 ここでは個人のテントの他にメステントやダイニングテント(大きめなテント)を張り、実質ここが南東稜登山の上部ベースキャンプの役割を果たす。

 キャンプ3やキャンプ4への天候調整もここで待機して行われる。

 背面にエベレスト南西壁の大岸壁2500mがそそり立ち、ローツェフェイス、ヌプツェに囲まれた景観のよい場所だ。

ローツェフェイスとキャンプ2
ローツェフェイスとキャンプ2

 山に囲まれた地形のために風が吹かず日が登るとかなり暑い。しかし日が沈むと標高6000mを超えているので冷え込みは厳しい。
 

ヌプツェとキャンプ2
ヌプツェとキャンプ2
 
 空気はベースキャンプより更に薄く感じるが酸素ボンベはまだ使用しない。体調が優れない人は睡眠時に吸入することもある。