【画面解説付き】Trenitaliaサイト利用、イタリアの電車の時刻や値段もわかる、購入もできる

 イタリアを個人で旅行する場合、電車を利用する機会が非常に多くなります。

 その際にトレインイタリアのサイトを利用すると非常に便利で、お勧めです。

 旅行の場所、日時を入力するとすぐに電車のリストが表示されます。またそれだけでなくクレジットカードを利用してオンラインでチケットを購入することもできます。
trenitalia

それでは使い方を例をあげて解説します。
  Trenitaliaのアドレスは http://www.trenitalia.comです。

まずは発着駅や日時を記入

 Trenitaliaのサイトの初期画面に発着する駅名を記入する欄があります。そこに出発駅、または到着駅を記入します。今回は例えとして2019年1月25日午前10時前後のローマからフィレンツェ行一人片道の電車を探してみましょう。
 Trenitaliaサイトの初期画面は下のようです。

【画面】Trenitaliaサイト初期画面

 ここにそれぞれ出発駅と目的駅を記入します。今回に場合はローマなのでRomaと記入します。いくつか文字を記入すると候補が出てきますのでそれを選びます。Romaにはテルミニ駅とティブルティーナ駅がありますが、どちらでもよい場合はRoma( Tutte Le Stazioni )ローマのどの駅でもというのを選択します。

 今度は目的地ですが、ここはFirenzeと入力します。やはり候補が出てきますが、フィレンツェの場合主要駅はFirenze S. M. Novellaフィレンツェ・サンタ・マリア・ノベッラ駅ですので、これを選択します。

【画面】出発地ローマ、目的地フィレンツェを記入する

 次は日時を決定します。下の画面の矢印の部分で年、月、日、時間をそれぞれ決定します。初期の設定は当日になっています。今回の例では1月25日なので年はそのまま1月25日を選択します。時刻は7時が設定されていますのでこれを10時にします。

【写真】日時を決定する

 さらにその横に人数や子供の数などを決定できる欄があります。今回は一人なので、そのまま1、子供はゼロでそのまま進みます。
 

【画面】人数と、子供の数を決定

 すべて良ければ赤いボタン「Search」をクリックします。
海外送金に革命!早く、レートが良く、手数料が安い→TransferWise

電車のリストが表示される

 
 Searchボタンを押すと、2019年1月25日午前10時以降のローマからフィレンツェ行の電車が表となって表示されます。
 

【画面】電車のリストが表示されます

 この表には電車の発着駅名、時刻、乗車時間、電車の種類、番号、料金が表示されています。

【画面】発着駅、時刻、料金などが表示される

 この表から電車の発着時刻がわかります。



オンラインチケット購入方法

 チケットをオンラインで購入したい場合は次に進みます。

 上記のリストの中から自分が乗りたいと思う電車を選びます。
・発着駅時刻
 これは出発する駅と到着する駅です。
 Romaを選択したので表にはRoma Termini(ローマ・テルミニ駅)とRoma Tiburtina(ローマ・ティブルティーナ駅)があるのがわかります。

・乗車時間および所要時間
 電車に乗っている時間または乗り換えの場合待ち時間を含むトータルでかかる時間です。
 特急ほど乗車時間は短く、鈍行で乗り換えがあればより時間がかかります。

・電車の種類
 電車の種類は
 特急Freccia Rossa いわゆる新幹線
 急行Inter city 
 鈍行Reggionale
 鈍行より少し早い Reggionale Veloce
の四種類です。
 また電車の種類の後の番号は電車番号です。これは各電車につけられている番号です。目的地が同じで時刻が近い場合などはこの番号を覚えておくと混乱しません。

・料金
 その電車の目的地までのトータル料金です。乗り換えがある場合、それも含んだ料金になります。

これらの情報を見て、予算や時間に合わせて電車を選びます。
 今回は表の上から二番目、ローマ・テルミニ駅発10時5分のフレッチャロッサ9318、29.9ユーロを選びたいと思います。
 値段の部分をクリックします。
すると特急の場合は席の種類選択のページが開きます。

【画面】席の種類選択画面になります

 今回は29.9ユーロを選択します。
席を選びたい場合は画面右下、Continueの上の「Choose the seat」をチェックして
そして画面右下のContinueをクリックします。

・席の選択
 先の画面で「Choose the seat」を選択した場合、次の画面でシートを選ぶことができます。下の画面でシートが薄い緑色のシートが選べます。

【画面】シートを選ぶ

 シートをクリックすると選んだシートが赤い色に変わります。そして画面右下のContinuをクリックします。

【画面】席を選択すると選んだ席が赤くなります

支払い、購入画面へ

 次の画面は下の様になります。

【画面】支払い画面へ

 ログインするにはアカウントを作らなければならないので、今回は「Go on without log in」をチェックします。下の画面です。
 

【画面】赤い矢印の場所をクリックします

 空白記入欄は
Authentication(認証)
・First name 
 名前を記入します。
・Last name
苗字を記入します。
・E-Mail
 メールアドレスを記入します。このメールアドレスに電子チケットが送られてきます。
・COMFIRM EMAIL
 メールアドレスの確認です。
・PHONE
 電話番号です。これは必ず記入しなければいけなわけではありません。
Passenger(旅行者)
 認証者と同じ場合は空欄の下にある「Copy the buyer’s data」をクリックすると上の空白欄に記入した情報がコピーされます。
・BORN
 誕生日をイタリア形式 日/月/年で記入します。 例 1999年3月20日の場合 20/03/1999となります。

同じページを下にスクロールしていきます

 すると支払いの方法が並んでいますので自分が利用したい支払い方法を選択します。

【画面】支払い方法を選択します

 それから「 Accept General Transportation Condition and I have read the privacy disclosures」の条件に同意、プライバシーの関してチェックをしてから「Continue」をクリックします。

 カードの場合カード情報を記入するページになり、その後確認の画面が出ますので
「Confirm」を押して購入終了となります。

 購入したチケットは先に登録したメールアドレスに送られてきます。

 メールを確認して、電車に乗車した際にはすぐに提示できるようにしておいてください。
特急の場合は必ず車掌さんが乗車券チェックに来ますので、インターネットの接続がないところでも提示できるようにしておきます。
スマートフォンやタブレットのある人はチケットの画面をスクリーンショットしておくと便利です。
それらがない場合は電子チケットをプリントアウトしておく必要があります。

<関連リンク>
・【写真付き解説】イタリア鉄道Trenitalia乗車券自動販売機の使い方
・イタリア旅行するならFLiXバスを利用すると安く旅行ができる。
・【写真付き解説】ローマ、バスの乗り方
ローマの滞在先はお決まりですか?ホテル検索はbooking.comがお勧め


Booking.com