*

【エベレスト登山】常識では考えられない、遺体が放置される場所。

公開日: : 最終更新日:2016/03/22 エベレスト登山 ,




  地球上に亡くなった人を放置しておく場所があるだろうか。

 エベレストの山頂付近以外にそんなところはないだろう。

【写真】エベレストの山頂付近には遺体が沢山残されている。

【写真】エベレストの山頂付近には遺体が沢山残されている。

 2014年の今なおエベレストの山頂には100以上の遺体が放置されている。

 なぜ遺体を埋葬できないのか?

 今回の記事はそれを考えてみた。

厳しい自然環境

・ヘリコプターは使えない

 エベレスト山頂付近、標高8000mを超えた地帯は空気は地上のおよそ三分の一、常に吹き荒れる強風と、厳しい寒さの中にある。

 人間の高度順応の限界を超えた標高であるために「デスゾーン(死の地帯)」とも呼ばれている。

 自然環境が厳しくてもヘリコプターで遺体を輸送すればよいじゃないか?と思うかもしれない。

 しかし薄い空気の中ではヘリコプターは浮力を失うのである。

 聞いた話では標高6300mのキャンプ2にヘリコプターを飛ばすのは至難の業であるとのこと。

 2013年、エベレストに挑戦した三浦雄一郎氏が下山のためにヘリコプターがキャンプ2まで登ったが、これは稀なケースといえる。

 通常エベレスト登山の緊急運搬はベースキャンプ標高5300mから行われるが、それも簡単ではないようだ。ベースキャンプ付近に落ちたヘリコプターの残骸が二機あるのを見れば明らか。

【写真】ベースキャンプ付近で墜落したヘリコプター

【写真】ベースキャンプ付近で墜落したヘリコプター。

 よってキャンプ2よりはるか上のキャンプ4までヘリコプターを飛ばすのは不可能に近い。

 (ちなみに2005年5月14日ヘリコプターがエベレスト山頂に着陸した記録があるが、これは世界で初めての記録→外部ウィキペディア

 従ってヘリコプターでの遺体回収は考えられない。

・腐敗しない遺体

 エベレスト山頂付近に遺体が放置されている理由の一つに腐敗しないことがあげられる。

 地上であれば、バクテリアや昆虫により死体の腐敗、分解が進行するが、標高8000mを超え、年間を通じて冷気温の世界では腐敗が進みにくい。

 すなわち遺体が分解されずに永久に残る。

・一年中冷温

 標高8000m以上の気温は年間を通じて、マイナス15℃以下なので、ほぼ冷凍庫と同じ気温であるといってよい。(参考外部エベレスト山頂の気温

 これも遺体が腐敗しないで残っている大きな理由の一つでもある。

何故担いで下ろせないのか?

 ヘリコプターが使えないのならば、人力で担いで遺体を降ろせばよいじゃないかと思われるかもしれない。

それができないのがデスゾーン。

 標高8000m以上、地上の三分の一しか空気がないデスゾーン領域では人間は高度順化が進まない。消化器官は機能せず、呼吸は速くなり、滞在しているだけで疲労していく。

 この状態で遺体を運ぶことが何を意味するか。

 人間は女性であっても50kg以上はする、大柄な人になれば80kgはするだろう。加えてエベレスト登山者は重い装備-プラスチックブーツ、分厚い衣類、登山用具など-身に着けている。

 遺体を全裸にすれば少しは軽くなるだろうが、それでも50kg以上、これを自分の負担に加えるということは、自らも死の危険に晒すことになる。

 複数人でソリに乗せて回収という考えもあるが、スキー場の様ななだらかな斜面が続くわけではないのでそれも現実的ない。

 デスゾーン内では自らの命を維持するだけで精一杯。

 よって必要以上に負担をかけると何が起こるか分からない世界なのである。

 エベレストの登山では動けなくなった人の前を、手助けできずに登山者が通過していくだけという、地上では考えられない非情なことが起きる。

 酸素を与えたり、肩を貸したり、その場に留まっているだけで生命が消耗し共倒れになる。

 私達が暮らす社会ではおおよそ考えられない倫理観、道徳観がそこには存在する。 

まとめ

 科学進歩が目覚しい今日であるが、エベレストの山頂付近には多くの遺体が残されている。

 標高8000mを超えた「デスゾーン」には登山の救助に活躍するヘリコプターは近づけない。

 人間がやっと生きていられるエリアでは、他人を救助したり、遺体を運ぶという行為が自らの命を削る。

 今後画期的な回収手段ができない限りエベレストに残された遺体は、、雪と氷の世界に留まり続けるだろう。

<関連リンク>

【エベレスト登山】デスゾーンとは?
【エベレスト登山】図解+写真でエベレスト南東稜登山。その1
【エベレスト登山】簡単説明。山登りしない人でも分かるエベレスト登山。




関連記事

【写真】エベレスト南西壁。

【エベレスト登山】エベレスト南西壁のリアル写真。

2016年3月12日エベレスト南西壁を冬季、単独で目指す男の話邦画「神々の山嶺」が公開

記事を読む

【写真】エベレスト、ベースキャンプ上にはアイスフォールがある。

【エベレスト登山】地震後2015年エベレスト登山は再開。

 前回4月29日の記事で「2015年のエベレスト登山は中止か?続行か?」で2015年度のエベレスト登

記事を読む

【写真】シェルパがいないとどうなのか?

【エベレスト登山】2014年エベレスト登山はなぜ中止になったのか。

 2014年4月18日、ネパール側のエベレストでシェルパ16人が死亡する事故が起こった。  こ

記事を読む

【【写真】2014年ネパール側からの登山はすべて中止。

【エベレスト登山】2014年なすび氏がエベレストに再チャレンジ。

 大衆化が進むエベレスト、登山経験がそれほどなくてもエベレストにチャレンジできる時代になりつつある。

記事を読む

エベレストの登山は他の山に比べて格段に費用がかかる。

【エベレスト登山】エベレスト登山に必要なもの4つ。その2、資金。

 世界最高峰のエベレスト8848mの登山に挑戦するには少なくとも4つのものが必要である。

記事を読む

Ice fall picture

【エベレスト登山】 クレバス通過 ベースキャンプからC1

 ベースキャンプを発つとすぐにクブンーアイスフォールと呼ばれる氷の滝に入る。氷の滝と言っても滝が凍っ

記事を読む

【写真】ネパール側キャンプ3からのぞむエベレスト。

【エベレスト登山】13歳で登頂!エベレスト最年少女性登頂者記録更新。

 世界一の高峰エベレストには様々な記録が存在している。  初登頂はもちろん、オリジナルのルート

記事を読む

【写真】ベースキャンプへ荷を運ぶために用いられる毛長牛のヤク。

【閲覧注意】標高5300mエベレストベースキャンプにおけるヤクのフンの状態。

 エベレストベースキャンプには荷物を運ぶ担い手として毛長牛、ヤクが用いられる。 【写真】ベー

記事を読む

【写真】巨大クレバスにかかっているはしごを渡る。

【エベレスト登山】2014年ネパール側南東稜からの登山は中止か?

 2014年前回の記事にてエベレスト史上最悪と言われる事故が起ったことについて書いた。  この

記事を読む

エベレストキャンプ2から

【エベレスト登山】2014年2月ネパール政府がエベレストの入山料の変更を発表。

 (分かりやすくするためにすべて円表示にします。2014年2月レート1ドル100円で換算)  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【写真】エベレスト関連記事一覧。
【エベレスト登山】一目瞭然!エベレスト関連記事目次、インデックス。

 2013年からコツコツと書いていたエベレストの関連記事が100を越え

【図】エベレストのベースキャンプと周りの山々。
【エベレスト登山】10分で分かる!ネパール側南東稜登山を図解、写真、動画で解説。

 近年有名人のチャレンジや、エベレストを舞台にした映画などの影響でエベ

【写真】エベレストベースキャンプの周りの美しい景観。
【エベレスト登山】ネパール側 エベレストベースキャンプ Googleストリートビューで見れますが少し残念な件。

 世界中の道からの風景をみることのできるグーグルストリートビュー。

【図】南西壁ルート図
【エベレスト登山】図解エベレスト南西壁冬季無酸素単独は可能か。

 夢枕獏氏の著書「神々の山嶺」が2016年3月12日から全国公開となる

【写真】山頂まで高低差100mまで迫ったが。
【エベレスト登山】2016年なすび氏の登山ルートは?

 2016年3月6日なすび氏が4度目のエベレストに挑戦する決意表明をし

→もっと見る

PAGE TOP ↑