正月

日本を出てから6回目の年が明けた。

旅行を続けているせいか、歳を取ったせいか、年末年始の行事に対しての関心が薄れている。

人間社会との関係が希薄になってくると、この暦そのそもにあまり興味がなくなるのかもしれない。なぜなら自然界には年末も年始もないのだから。

アンダンテに宿泊中のお客は皆「新年を広場で迎えるのだ」と11時過ぎから出かけてしまって、宿にはオーナーのヨシさんと私だけがポツンと残っていた。

オーナーが

「日本のソバがあるから食べよっか?」

と秘蔵のソバを出してくれたので

「そりゃいいですね」

とお湯を沸かしてソバをゆでた。こんなところで年越しソバを食べられるとは、ここに残っていてよかった。

ソバをすすっていると、そこら中から花火と爆竹の音が聞こえ来えてきた。それが年が明けた合図だ。オーナーと顔を見合わせて「明けましたね」「おめでとうございます」と2人でやり取りをした。

2008年が始まった。今年はどんな年になるのだろうか。どこまで進めるだろうか。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

12ユーラシア最西端へ編の最新記事8件