CATEGORY

04チベット編

  • 2003年6月3日

石の手紙

橋を渡るとニャラムの町だ。 町に入ると英語の表記もあり、なんとなく観光地っぽい、そして何よりチベットとは違う雰囲気が少しある。 店に並んでいる商品も今までに見たことないクッキーやビスケット。手に取ってみるとチベット語、中国語でもない文字が記載されている。ネパールの商品なのだ。いよいよ国境が近づいた証拠。 旅行会社の人が英語を話せたので道を尋ねる。チベット最期の街「ジャンム」まで30kmだと言う。長 […]

  • 2003年6月3日

どこに町が?

朝7時30頃に目が覚めた、マロさんもちょうどその頃起きた様だ。 テントをたたみ、二人で中国産のカロリーメイトの様なのを食べて朝食にする。昨日の夕方に吹き荒れていた風は嘘のように止んでいた。情報によると77kmの登りでホントの最期の峠に到達するはずだ。 道は砂利道だったが、緩い上り下りだったので自転車で走れた。10km位進むと、水が地面から湧き出し、泉をつくっていたので、そこで水を補給、顔を洗ったり […]

  • 2003年5月20日

行け!ママチャリダーズ!

朝、近江さんの「朝食を買ってきましたよ」という一声で目が覚めた。 時計に目をやるとまだ8時前だ。近江さんは近所でお粥、饅頭とアゲパンを買って来てくれたようだ。起き上がると近江さんがお粥を器に分けてくれ、それをキュウリの塩もみと一緒にご馳走になる。豪勢ではないが、優しい日本の味だった。 食後、私は最期にとシャワーへ向かう。 「今度シャワーに入れるのはいつになるだろう・・・」 と思いながら熱いお湯を浴 […]

  • 2003年5月11日

凍る

テントを出した途端、朝露で濡れたままのテントが一瞬にして「バリハリ」に凍り付いた。 別に凍りついてもよいのだがチャックまでもが凍りつき、うまく動かない。 とにかくそれでもテントを作りいつもの様に荷物を放り込む、やっぱり凍りついたチャックの調子がよくない、ゆっくり力を込めて閉めたら、なんとか閉まった。 ズボン、上着をあるだけ全て着込んでそのまま寝袋に入った。疲れていたのと寒さで日記をつける気にはなら […]

  • 2003年5月9日

信仰心

五体投地の巡礼者。 町を出て、空を見上げると雨雲の合間に青空が見えていた。 「いいぜ!その調子で晴れてくれ!」と願うが、青空が広がるよりも雨雲の勢力の方が強く、結局、曇りになり、続いて雪がぱらついてきた。 前方に足を引きずり、杖を突きながら歩いているの人がいた、目が合い「にやっ」となったので「どこまで行くのですか?」と私が尋ねると「ラサ」と言う、彼は足が悪いらしく進みがものすごく遅い、それでも歩い […]

  • 2003年5月5日

最悪路

道は登っているはずだったが、ここはほとんど平らに感じた。 遠くの平原に建物が密集しているのが見えた。町に近づくと近代的な建物が並ぶ、ここは中国人の町だ。町の建物のつくりで、その町がチベット人の町か漢民族の町かが分かる。情報からすると75kmの登りの途中には村一つさえもないはずだったが、こんな町があるなんて!正直驚いた。 町には「飯店」がいくつもあった、卵チャーハン6元(90円)を食べる。この町には […]

  • 2003年5月1日

下り坂

道は舗装されていないが細かいジャリで走りやすい、どんどん下った。 川と同じ高さを平行して走っている時もあれば、川がずっと下になり、断崖絶壁のすぐ側を走ることもあった。日が暮れ始めた、ラウォの町を過ぎてからは、工事している所は無く、当然工事用のテントも無かった。 川と反対の側面には緩やかな山でどこででもテントが張れそうだった。「どこで寝てもいいや」そう思いながら自転車を走らせていた、どこでもいいけど […]

  • 2003年4月26日

チベットの人々

昨日は薄暗くなる手前で寝られそうな所を探した。 道路から少し入った所に小さいの平地を発見しそこで寝る。ゾゴンの町が標高3,800mで、次に目指す120km先のポムダの町は標高4.060mなのでここは4,000mに近い、そのせいか素相当に寒かった。 またもペットボトルの水はカチンカチン。気がつくとテントの外が明るくなっていた。寒かったのでいつもよりゆっくりめにスタート。ゾゴンの町からずっと舗装道路が […]

  • 2003年4月20日

貴重な水

断崖絶壁で目を覚ます「生きている」ということは地滑りは起こらなかったらしい。 「ふぅ、今日も生き延びた」 冗談ながら思う。周りには人っ子一人おらず、車も全く通らない、静かな夜明けだった。 そして朝食はいつもの蜂蜜クッキーと昨日もらった冷えたバター茶。ちなみに冷えたバター茶は油が個体化していて見た目は悲惨だったが、味は変わらなかった。バターチャを流し込むと体が温まる感じがする。 今日も山沿いの細道の […]

  • 2003年4月13日

非常食

隙間風が容赦無くすり抜けていく小屋。 7時を回ったところで目が覚めた。若者が昨日の残り火に薪をくべて火を大きくしていた。ガスコンロや電気コンロで無く当然の様にたき火だった。 火が大きくなると、それで湯を沸かしてバター茶をもらった。そしてザンパももらう、昨日と違う食べ方で、ザンパをバター茶に混ぜ、それを手でこねるのだ。私もオッちゃんのマネをして、手でこねてみるが、グチャグチャで手にべっとり。 オッち […]