【エベレスト登山】2014年2月ネパール政府がエベレストの入山料の変更を発表。

 (分かりやすくするためにすべて円表示にします。2014年2月レート1ドル100円で換算)

 ネパール政府は世界で最も高いと思われる入山料をエベレスト(ネパール側、南東稜ノーマルルート)の登山者に対して課している。今回はその入山料が大幅に減額されたというニュース。実施は2015年度から。

 入山料とは登頂できるできないにかかわらず、エベレストを登山するものに課せられる料金である。簡単にいうとテーマパークへの入場料みたいなもの。

 ネパール政府はエベレストのベースキャンプ(約標高5300m)より上に行くものはこの入山料を収めなければならず、

 その価格はなんと1人250万円である。

 しかし7人グループで申し込むと780万円になる割引?があり、これを利用すると一人当たりは111万円になる。

 これで確実に8848mの山頂が踏めるというならまだしも、この金額を払って登山に参加できるというだけ。

 登山者は皆山頂を目指すから、登れなくても、登れても払うというある意味賭けである。

エベレストキャンプ2から

 それが今回発表された割引で大幅に変更されることになった。

 今回発表された変更は主に二つ

1.登山料は1人110万円

Tourism ministry official Tilakram Pandey said each climber will be charged $11,000 from next year to end the practice.

引用http://www.abc.net.au/news/2014-02-14/nepal-to-reduce-fees-to-climb-mount-everest/5261118

 これにより今まで1人でエベレストの入山を申請すると250万円だったのが2015年から120万円になる。今までの料金に比べるとその値下げ率は50%以上。また今までのグループで申請割引が無くなり、とにかく1人110万円になる。

 エベレストに単独申請する人は、入山料の割引を得るために他のグループに名前だけ登記したりすることがあったが、今回の値下げが実行されればその必要は無くなる。

 ネパール観光省のパンディ氏によると

 「今回の入山料の変更で、隊の中に隊長が見たことも会ったこともない人の名前が登記されるのを防げるでしょう」
  「これで責任感のある、本気の登山家がやってきてくれるはずです」

 とのこと。



 
2.別ルート、別期入山料の変更。

 ネパール側からの南東稜ノーマルルート登山隊は4月、5月に集中する。今回の変更ではそれ以外のルート、季節であれば入山料は変更するという。

 特に別シーズンの登山であれば27万円。今までの100万円以上していた入山料が僅か三分の一に。これは思い切った値下げである。

 実際問題、エベレスト登山のベストシーズン以外に登頂のチャンスはあるのだろうか。恐らく公募隊では参加は難しいであろう。なぜならオフシーズン中にルートが工作されるとは限らないからである。

 しかし、プロフェッショナルな登山家にとっては今まで高い敷居だった入山料が下がってくれたおかげにより、今までより安価で冬季などオフシーズンのアタックができる。

 またノーマルルート以外でも価格変動があるという。詳細は分からないが、公募隊以外の登山者にとってはこれもよいニュースといえるだろう。

エベレスト単独登山者



 
まとめ

 今回の入山料変更により、1人でもグループ参加でも入山料は120万円になる。これによりよりプロフェッショナルな登山家がエベレストに挑戦しやくすなった。

 同時に、オフシーズン、バリエーションルートの入山料も変更された。

 これらの変更により今まではあまり見られなかったエベレスト単独者のチャレンジが多くなるかもしれない。

<関連リンク>

(外部参考)abcニュースオーストラリア

(外部参考)ナショナルジオグラフィク

【エベレスト登山】南東稜からエベレストに安く登る方法・プロフェショナル編

 

 

ツイッターで時々つぶやいています。