ツイッターTwitterで昔のツイートを見る方法

 2018年7月

 ミニブログであるツイッター頻繁に更新しているとすぐに1000や2000のツィートをしてしまう。

 ふと昔のツイートを見返したいと思ったけど、ツイッターではさかのぼれるツイートに限界がある。

 というわけで今回は昔のツィートをさかのぼってみる方法。

ツイッター2000つぶやきはすぐ。




実は簡単昔のツイートを見る方法

 ひたすらツィートをスクロールしていけば昔のツィートが簡単にみることができる。コンピューターではスペースキーを押し続けると画面がどんどん下にスクロールされていくので便利。

 ところがこの方法ははある時点でそれ以上進まなくなる。

 必要なツィートがさらに古い場合は見ることができない。

 著者も試してみたが2018年からさかのぼり2013年5月でそれ以上さかのぼれなくなった。

これ以上さかのぼれません。

 ネットで調べると800件と書いてあったが、おそらく800件以上はさかのぼれた。3200件という説もあったのであるが、3200件自分のツィートをさかのぼることはできなかった。なぜならこの時点で2300しかツィートしていないので3200件説が本当ならば最初の1ツィートまで見られるはず。

 というわけでどういう数値制限かわからないけど、それ以上はさかのぼれなくなった。

しかしさらに昔のツィートを見る方法はある

 ツイッターの検索窓に

ツイッターの検索窓に下の文字列を記入。

 英語を混ぜた式を打ち込むと、先ほどスクロールで表示されなかった部分のツィートを見ることができた。

 その数式は

 from:bikeandmagic since:2013-04-01 until:2013-05-01
というもの。

 from: の後に見たいユーザーネーム

 それから
 since:の後には見たいツィートの開始期間。

 until:の後には終了期間を記入。

 西暦の記入は上記のようにすべて二桁で記入する。

そして検索ボタンを押すと、スクロールでは見れなかった部分のツィートが表示される。

これはなかなか便利なので知っていて損はない。

近年は自分のツィートもリツイートできる

 近年ツイッターは自分のツィートもリツイートできるようになったのでこれで古いツィートをリツイートすることももちろんいいねすることもできる。

 これを機に古いツィートを発掘してみてはどうだろうか。

<関連リンク>
【ツイッター】1万回以上リツイートされると何が起こるかまとめました。