【エベレスト登山】危険が潜むエベレスト下山。

 登山においては下山には危険がつきまとう。

 エベレストも例外ではない。

 特に最終キャンプから山頂までの間すべてがデスゾーン内にあるエベレストは気を抜けない。

 事実、エベレスト登山では下山中の事故も多い。

 エベレストの大量遭難として有名な1996年の公募隊の事故も、登頂後に起こっている。

 何故下山が危険なのか?を今回考えてみた。

【写真】サウスコル、キャンプ4から望むエベレスト。
【写真】サウスコルより上部はデスゾーン、下山にも危険がつきまとう。

下山が危険な理由

登頂に向けて体力を消費してしまっている

 エベレストの山頂アタックはキャンプ4から夜通しで行われる。

 山頂に着いた時点でかなりの体力を消耗している、下りとはいえ8000m以上での行動は体力を消費する。

 当然、体力的に元気な時よりも、疲れた時に事故は起こりやすい。

精神的な疲労

 また「登頂」した場合は、それまでの「登頂への意欲」がなくなるので脱力感に見舞われる。

 それまで張り詰めていた「緊張感」が登頂に消失。

 こういった時にミスが起こりやすい。

天候の変化

 エベレストの上空は午後から風が出やすい。つまり登頂し、下山の時に天候が荒れことがある。

 いくらルートが工作されているとはいえ、風が吹き荒れたり、吹雪いたりしたら下山が困難になる。

デスゾーン

 高度順化をして、酸素を吸引しているといってもキャンプ4より上は「デスゾーン」と言われる死の地帯。

 人間はここに留まっているだけで急速に消耗していく。

 デスゾーンに長くいればそれだけ死に近づく。


まとめ

 エベレスト登山では下山時の事故も多い。

 登頂が困難なだけに、達成した後の反動も多きい。

 夜通しの行動からくる疲労、登頂後の脱力感、天候など下山時の不安要因も多々ある。

 安全なベースキャンプにつくまでは気を抜かないようにしたい。

<関連リンク>
【エベレスト登山】デスゾーンとは?

【エベレスト登山】図解+写真でエベレスト南東稜登山。その1